不思議猫の別荘

エスペランサ・ティント(赤) スペイン


 某ドラッグストアで見かけました。スペインワイン入門用ワインというような触れ込みで並んでいました。ということで、初心者なので丁度良いかと言うことで買いました。750ml税込498円。お手頃価格ですね。
 売り場の説明書きには「深いルビー色に赤いベリー系果実の香りが華やかに広がる、日本人の味覚に合うように開発されたワイン。」と書いてありました。
 わざわざ日本向けに開発したというのでしょうか。日本ってスペインワインのお得意様だったのですね。

 ちなみに合う料理というのが書いてあって、ハンバーグ、ミートソースパスタ、だそうです。

エスペランサ・ティント 表ラベル 表ラベル下部
正面全体 表ラベル 表ラベル下部拡大
全体はこんな感じです。ごく普通の赤ワインといった感じです。 丸の中にティント。
下にエスペランサ。
読み方は、裏のラベルに教えてもらいました。
下の方に細かい字で何か書いてあります。embotellado por:と書いてありますが、スペイン語だけれど英語との類推でどこで瓶詰されたかと書いてあるような気が。つまり製造会社、いわゆるワイナリーの表示でしょうか。

裏面のラベル

 これが裏面のラベルです。
 エスペランサ★ティント これが銘柄かな。えっと TINTO はスペイン語で「赤」ですね。ESPERANZAを自動翻訳に掛けたら「希望」と出ました。日本語訳にすると「希望 赤」ワインのようです。
 スペインのカスティーリャ・ラ・マンチャ州産
 原料の葡萄の種類がテンプラニーリョ種。天ぷら……?
 赤ワインなので室温で飲んでOK。ただし日本の夏では温すぎる。
 スペイン名門の「SCVV」 これがワイナリーの名前ですかね−。
(1)「すっきりとキレのある辛口感」 と
(2)「<闘牛>のように情熱的なボディ感」 の協奏だそうです。スペインだからといって無理やり<闘牛>に振らなくてもいいと思います。

飲んでみました。


香りは普通。あ、赤ワインだなという感じ(爆)

味は……酸味があります。若干の渋み。赤ワイン独特のちょっとざらっとした感じも。普通の赤ワインという感じ(爆)
あまり自己主調は強くなく、つまり脇役に丁度よいワインですね。

入門編ということで、甘ったるいかあるいは軽いワインがでてくるかと思ったら、そうじゃなくて、オーソドックスな赤ワインでした。甘口←→辛口、軽口←→重口 表示でも両方とも中央ですね。

脇役ということで、ちょっと何か食べてみましょう。今日準備したのは、KRAFTのモッツァレラチーズ。
うん、何か食べてる合間には丁度よいですね。
ただワインをメインとしてオイシい美味しいと思うほどではありません。ただ、存在感はしっかりとあります。うん、赤ワインです。

ということで、「オーソドックスな脇役赤ワイン」とまとめておきます。



飲んでみました その2!


 合う料理にハンバーグと書いてあったので、ハンバーグを買ってきました。ファミマデミグラスハンバーグ やわらか〜 税込\135。
 これはさぞかしパン成分がたくさん入っているだろうな〜という感じの柔らかさガウリのハンバーグです。やわらかなのは美味しいですが、デミグラスソースがちょっと甘めかな?
 で、合い間にワイン。おお。デミグラスソースの甘さから、もとに引き戻してくれますね。たしかにこれは合うかも。


ではまた(^o^)/~~~
Ads by TOK2