カラオケ 短歌です。



いい 女 男が作る えんか歌 そんな女は 歌の中だけ
水割りの 氷の解ける 音聞いて それより好きなからおけの音
又一つ カラオケの店 店じまい なじんだ物を えん歌じゃぁ 無いぜ
行きつけの 路地のからおけ店じまい ママ どこ行った えんかじゃ 無いぜ
酒よりも ママは ぶすでも 歌がある 黙って クローズ えんかじゃ無いぜ
フレンチの シェフの 居酒屋 飲む酒はビール 枝豆 するめに 焼酎
酒場出て 杖躍らせて 家に着く 興奮残り 眠りにもつけず
からおけも 般若心経も 我にすりゃぁ 功徳はともかく 無 に いるなり
わかぶって つなみ 歌って ほっとして まだ 大丈夫かと 一人ごちして
さくらもり 夜桜謡 桜坂 吉野に風が 我の 花見 歌
飲み会を おえて 布団で ひと反省 人の思いと 財布の中身
孫の歌 歌いたいのを 我慢して ほれたはれたと ビートなリズムで
からおけの レッスン md リピートで リズムに会わせ フィットネスバイク こぎ
約束も 酒場の愛も結ばれない 恋も冷めるし ほろ酔いもさめ
明日行くと 酒場の客の 約束は 待てど暮らせど お人よしの我
マイク持ち お抱きあそばせと 品つくり スナックの夜に 君は遊びめ
恋人に 出会うごとくの 新曲に 出会えば うれし 夢中になりて
かこちょうを 一枚一枚 めくるよに 昔歌いし からおけの本
マイク 手に 際どきセリフ 歌い上げ おおなは てれて 若きを 語る 
ナツメロも初めて聞けば 新曲で 歌い覚えりゃ 又 ナツメロに
秋めいて 良き事ありそに 鼻歌を又同じ歌 口ずさむなり

短歌に もどります。

文芸の部屋へ戻ります。
宮さんのHP トップページへもどります。

Ads by TOK2