アンチエイジングといえば 慶応医学部の坪井和夫!
アンチエイジングと言えば! 慶応大学医学部眼科の 坪井和夫さんがよく マスコミに出ますね。
レイシック イントラレイシック 近眼の手術 http://lasik.tamuo.com/cost/cost11.html
レーシック (LASIK: Laser in Situ Keratomileusis ) とは、角膜屈折矯正手術 のことで、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜屈折を変えること (角膜を薄くする)により視力を矯正する手術のことです。
これは 問題を起こす医師も在るそうですがそれはおいといて!
坪井医師は 近眼などの手術後、患者さんの目がパッチリして見かけも若返るそうです。 それを見てから アンチエイジングに興味を持ち始めたみたいですね。
今までにはっきりしている長寿は フランス人で 123歳だそうです。それで 坪井氏は125歳までの長寿をめざしているそうです。
彼の言うには、体をさびさせない 食べ過ぎない というのです。 さびさせないは 体を酸化させない事ですね 呼吸法や 日焼け 運動などの仕方で体がさびます。 食物も酸化した物を余り食べないという事です。 それから言うと 干物 漬物 燻製みたいな物も皆だめになります。
食べ過ぎないことは 日本人は腹八分という良い習慣があるので長寿国になって いるのではないかというのです。 彼は腹七部を進めていました。
野菜果物からビタミンを取ったり 小魚などから良い蛋白質やミネラルをとることも 体をさびさせないことになるそうです。
なにをどれだけ食べるかをおのおのが考える時代ですね。 運動も食べすぎとリンクしない事です。
長寿遺伝子があることはわかっていますね。 それを鍛える事なのです。 それは 毎日を良き食事と運動で 明るく向上心をもって暮す事みたいですね。

しったかぶりの へやへ もどります。
宮さんのHPトップページへもどります。

Ads by TOK2