セロトニンのことです
 セロトニンのお話しを私風にすごーく簡単にまとめてみました   
セロトニンとは・・・・神経伝達物質。 セロトニンは脳内に必ず存在する物質。 眠って居る時はほとんど出ないけど、起きている間は絶えず一定のリズムで一定の量を脳全体に(指令を)送り続けているんだって。私たちの心と体を整える大切な働きの 一つらしい。
神経伝達物質って言うとドーパミン・ノルアドレナリンなどが有名だけどセロトニンも同じ仲間だったんだね。
セロトニン神経の役割・・・ 神経細胞は脳全体で約150億個ある中、セロトニン神経は数万個なんだって。 セロトニン神経は数自体少ないけど脳全体に指令を送っているという事になる。
神経伝達物質であるドーパミン(喜び・快楽)やノルアドレナリン(恐れ・驚き)等の情報をコントロールして精神を安定させる作用がある。 セロトニン神経が正常に働かなかったとしたら心と体のバランスが崩れてしまうことになる。 セロトニンは私たちのからだにとってとても大切なものです。
セロトニンが不足すると・・・ 気分が不安定だったり、寝つき・寝起きが悪くなったり、何かが気になりそればっかりになったり。 脳内物質のバランスを保ち気分を落ち着かせながらも活動的にするのがセロトニンなんだからそのバランスが崩れたときは大きな影響が出る。
逆にセロトニンがいっぱいだと・・・ セロトニンによって脳が活性化してスッキリの状態が持続するため、前向きな気分になれて気持ちも落ち着いて過ごせる。
セロトニンは寝ている間はほとんど作られないと上で書きましたがじゃ、いつ作られるのか? それは朝の太陽の光に刺激され目覚めと共に分泌が始まりるんだって。 だから早寝・早起きは大切だぁーって言うんだね(納得です。)
セロトニンの原料であるトリプトファン(必須アミノ酸の一つ)の多く含まれる食品・その前にまずトリプトファンについてちこっと説明します。 食物として体内に取り込まれたらトリプトファンはまず脳内に運ばれてビタミンB6・ナイアシン・マグネシウムとともにセロトニンを合成するんだって!
トリプトファンを多く含むものは・・・ 大豆・納豆・豆腐・みそ・しょうゆなどの大豆加工食品。あと、ゴマ・鰹節・ピーナッツ・しらす・わかめ・牛乳・ヨーグルト・チーズ・アボガド・バナナ。でもこれならほとんどの人が毎日口にしている食べ物だよね。
そこで、今度はセロトニンの合成を助けるビタミンB6を含む食品・・・ 秋刀魚・イワシ・カツオ・サバ・タイ・ニシン・マグロなどの魚。ブタのモモ肉、牛レバー・大豆・小麦発芽・玄米・ニンニク・唐辛子・しょうが・バナナ。
そして、脳のエネルギー源であるブドウ糖はかかせませんよね。 ブドウ糖・・・果糖・砂糖・ハチミツ・デンプンなどが代表的な糖分です。 ここで気がつきましたか???共通しているものがありましたよね? そうです。。。。。。。バナナがとても効率が良いのです(^O^)
だから、結果。 セロトニンは朝分泌が始まる、いっぱい分泌すると目覚めはスッキリやる気マンマンになる。
だからバナナは毎朝食べさせたい食べ物ですよね。 うちはほとんど毎日バナナヨーグルトを食べさせていますよぉ〜♪
でも決してトリプトファンを多く含むものばかり食べさせてはいけません!! 朝はしっかり太陽の光をあびて、そしてやっぱり食事はバランス良く食べるから体にいいわけで。。。って解っているよね。 何事もやり過ぎはいけません!!(笑)
セロトニンを増やすという事は・・・ セロトニンを合成して情報伝達に利用するセロトニン神経を鍛えるという事になります。 それには、リズム運動がもっとも効果的なんだって。 歩行・咀嚼・呼吸などみなさんが無意識に行なっているものでもかなり鍛えられるみたいです。 歩行は、テンポ良く早足、階段などはトントンってテンポ良く。 咀嚼は、ガム噛みなら最低5分。するとセロトニンの量に変化が出て来るようです。
まぁ理想としては・・・・ 早起きして散歩してから食事にする!(そんな余裕ないか。。。) でもこれなら家族で出来るよね。毎日じゃなくてもいいじゃ〜ん。 朝ごはんを美味しく食べれるよっきっと!!健康にもいいし続ける価値ありあり(=^_^=)
以上簡単ではありますが、私なりのセロトニンのお話しでした。最後まで読んでくれてありがとう♪

しったかぶりの へやへ もどります。
宮さんのHPトップページへもどります。

\
Ads by TOK2