体重って 計る場所で違うんだってね!

皆さんは 体重が南極や北極よりも赤道上で計った方が1パーセントくらい軽くなるのを知っていましたか。
また 真珠や宝石をバネ計りで計らず 天秤ばかりで量ることも ご存知っすか。
ロケットも種子島など 出来るだけ赤道の近くで打ち上げをする事をごぞんじですか。
体重は地球の中心に引っ張られる力 重力 すなわち万有引力ですよね。 それに 反する力 地球の回転による遠心力が合わさった物ですよね。
あと 地質などでも左右されるそうでまだ未解決の事がおおいそうです。
又 物理学でいう 質量と重さは違いますね。質量は何処で測っても同じです。
では 引力とは、地球の中心に向かう力のことです。 で、その引力は中心からの距離が近い方が強くなります。
地球は、完全な球体ではなく、楕円形で洋なし型ともいわれてますため、赤道の方が、 南極や北極よりも地球の中心から遠い(半径が長い)わけです。
そのため、引力は赤道が一番弱く、極が一番強くなります。 といっても、その違いは微々たるものですが…
次に、地球が猛スピードで回転しているためにおこる 遠心力です。 遠心力は赤道付近が最大となり、両極地方では最小となります。
従って、重力は遠心力によって万有引力が相殺される赤道付近で最小となり、両極地方では最大となります。
重力は地球上どこでも同じ大きさというわけではない 地球上どこに居ても私たちは重力を感じるわけですが、場所によってはわずかに重力の大きさが強い/弱い場所が地球上にはあるそうです。
低重力スポットがインド沿岸、反対に高重力スポットは南太平洋とのこと。
なぜこのように重力の大きさが不規則なのかはよく分かっていないそうです。 ここまでです。

しったかぶりの へやへ もどります。
宮さんのHPトップページへもどります。

Ads by TOK2