ボクシングのあのサンドバッグの中身は砂じゃないって!
サンドバッグの中身は砂じゃない?知ってましたか!
 ボクシングの練習に使うサンドバッグ。 サンドバッグとよぶからには、中身は砂と思っている人が多いだろうが、じつは フェルトやメリヤスを細かく刻んだものが入っている。
 ボクシング漫画の名作『あしたのジョー』では、主人公の矢吹 丈「じょうが 全身の力を込めてサンドバッグを叩くと、そのパンチ力でバッグが裂け、なかから砂が サラサラ落ちてくるシーンがあるが、あのシーンは作者の間違いなのか?
 じつは、昔は砂を詰めていた。だから こそのサンドバッグだ。
 しかし、砂を入れたものは湿気ですぐに中身がカチンカチンに固まって しまい、それを拳で叩いていたら、たとえボクサーとはいえ、手がボロボロになって しまう。
 そこで改良していくうちに、現在のサンドバッグが生まれた。最近では水を 入れたウォーターバッグもある。
 だが、漫画では、砂の方が合うだろう。フェルトがサラサラ落ちてきても 絵にならないだろうから・・・
私も中学生の頃強くなりたくて サウンドバッグ見たいのを作って真似事をしたが すぐ飽きてしまった。根性なしです
そう言えば 観光地にパンチ力を測定する遊具がありましたね。ゴムのサンドバッグを引き下げ 思いっきり殴るとぶつかってパワーを計ってくれる。ちょうど男盛りの頃やるから負けたくなくて むきになったよね。

しったかぶりの へやへ もどります。
宮さんのHPトップページへもどります。

Ads by TOK2