シャープって あのシャープなんだね。

『シャープペンシルを作ったのはあの シャープ』 シャープ電気です。私が若い頃は早川電気と言ってましたね。
昔のシャープ電気は新製品を作り 特許をとる後発のメーカーでしたね。 でも なんだかちょっと 不安もあり ナショナルなどのメーカーを 選んでいましたね。 それが今では あの シャープですからね。
ナショナルもパラソニックと名を換え 松下幸之助の奥さんの弟が作り上げた 三洋電機を買収したり 目まぐるしいですね。
シャープペンシルといったらシャーペンの通称名で今や鉛筆の代わりと なっています。
そのシャープペンシルを作ったのは名前の通り、あの有名な電気メーカー 「シャープ」なんです。
シャープは創業当時、早川金属工業という名前でしたが、その創業者である 早川徳次さんは金属製繰出鉛筆を発明し 特許を取得しました。
そして1916年に芯を より細いものに改良して 「エバー・レディ・シャープ・ペンシル」と改名し、そのシャープという名前から 現在のシャープの社名がつけられました。
私も子供の頃使ってましたが それを使って書くよりも ほとんどおもちゃにしていて 壊してばかりいましたね。 シャープペンシルでもっと勉強しておけば こんなオバカじゃなかったのにね。 じゃぁここまでです。

しったかぶりの へやへ もどります。
宮さんのHPトップページへもどります。

Ads by TOK2