キヤノンって 観音さまだったんだね。

『キヤノンの語源は観音さま』
CANONは知らない人がいないくらい有名ですよね。 CANONってキャノンって読めるけど 正しくは「ヤ」は大文字だそうです。
日本を代表する会社としてキヤノンというのは ほとんどの方が今ご存知だと思いますが
そのキヤノンの名前の由来をご存知の方はほとんどいないと 思われます。
1933年に精機光学研究所が設立され、 カメラの最初の試作機は
「KWANON(カンノン)」と名づけられました。
「観音さまの御慈悲にあやかり世界で最高のカメラを創る夢を実現したい」という 願いを込めたものだったそうです。
当時のマークには千手観音「せんじゅかんのん」が描かれ、KWANONの文字がデザイン されていました。
やがて世界で通用するブランド名としてCANONという言葉を商標として 登録しましたが、
それは英語で「規範」「標準」という意味があり世界の標準を目指すという所から つけられ
、CANON(キヤノン)の発音が観音(かんのん)と似ていた為、 KWANON→CANONと違和感なく受け入れられて現在に至っているとのことです。
又 英語辞書でcanonを見ると。 canonは 名刺です。カノン、規準、規範、規範集、規律、法規、書物の包括的リスト などで 又 ひき肉のチリシチュー◆メキシコ料理もありました。 人名でも キャノンさんっているんです。

しったかぶりの へやへ もどります。
宮さんのHPトップページへもどります。

Ads by TOK2