アインシュタインって すごいね!ノーベル賞もゲットしているんだね。

 【アインシュタインの相対性理論は難しすぎて?】
 アインシュタインは1921年にノーベル物理学賞を受賞している。  とうぜん誰でも「相対性理論に与えられたもの」と考えたくなる。
 ところが、受賞の対象は違っていた。 光は粒子の性質を持っていて、 「光電効果」がある。その発見によってノーベル賞をとった。
 アインシュタインの大看板である、相対性理論がなぜ差し置かれたかという と、どうやら内容が難しすぎたためらしい。あまりにも革命的だったため、 当時はトップクラスの学者でさえ、いまひとつ評価しきれなかった。
 そこでとりあえず、やはり画期的な、もうひとつの業績を讃えたということ らしい。
 ちなみに、光電効果というとあまり一般にはなじみがないが、要は太陽電池 の原理といえばお分かりいただけるだろうか。
 アインシュタインの理論によれば、光は粒の性質を持っている。  半導体に光を当てる、つまり半導体の原子に光の粒が当たると、 原子は原子核と電子に分かれ、 電子が外にはじき出される。これを光電効果といい、 その出てきた電子を集めれば、いわゆる電気になる。やはりすごい発見だ。
 ちなみに相対性理論には、特殊相対性理論と一般相対性理論の2つがある。  まず1905年に特殊相対性理論を書いたとき、アインシュタインは特許局 の役人だった。
 余談だが、有名な喜劇役者チャップリンは、すでに物理学のスーパースター としてアイドル扱いされていたアインシュタインに向かってこういった。
 「私に人気があるのは、誰でも理解しやすいからです。あなたに人気がある のは(理論が)誰にも理解できないからです」
では最後に宮さんが相対理論を述べておく。 貴方が高速道路で走っていて その車から出している光と 高速道路の街灯から出ている光はどちらが早いか。 車のスピードは ええと!それから ううん。今日は紙面の都合上ここまでです。

しったかぶりの へやへ もどります。
宮さんのHPトップページへもどります。

Ads by TOK2