今回は、  ラビット トムのことです。   皆さんはうさぎを飼ったことがありますか。縫いぐるみの様に可愛いですよね。 とくに 子うさぎはたまりませんね。でも抱き方をしっかり覚えないと油断すると鋭い爪でひっかかれますよ。間違えても、あの長い耳だけを持って引き上げるのだけはやめてね。 それで 今日は兎の事を書きます。
  三年前の事ですがお客さんが、兎を手に余しているから飼ってくれないかと 頼まれ、飼うことにしました。   私は田舎生まれなので街に出てきても子供の時の延長で、家の周りに木を 植えたり、鉢にメダカや金魚を飼ったりしていたので人からいらなくなったと言って良く色々戴きます。たとえば蜜柑の木、金魚、メダカ、柴犬、インコ、色々な植木鉢などですが、その時は兎です。
  兎は家畜としか見ていないのでしたがペットの兎なんです。 私も以前からピーターラビットとかパンダ兎とかアンゴラ、ヒマラヤンなど 知っていましたが もらった兎は耳のトテモ大きく体は余り大きくなくアメリカ何とか言っていました。 子兎で買ったときは二万円以上したそうです。でもマンションの部屋で室内けんの ように飼っていたがやっぱり持て余してしまったそうです。
 私の家は 一階の一部が車庫として在り、そこが日当たり良く今は車を持って いないし、以前は犬を飼っていたので、周りは囲まれているので直ぐに飼えます、 それに、ゲージ二つと暖房機と餌付でしたので、直ぐに我が家の一員と成り、 トムと名ずけ、可愛がりましたが、子供の時に飼っていたのとは大違いでした。 人にも慣れるし、餌はラビットフードと水ですから、まるで吠えない犬みたいですね。足に巻きついてきたり、撫でられるのがとても好きでしたね。
でも育て方なのか、おいしそうな草は食べず 兎なら喜ぶと 想って色々やったが結局ラビットフードと水とリンゴくらいしか食べませんでした。 そのトムは 歯が変なふうに伸びちゃって餌も食べにくかったかも知れません。  うさぎの歯は 鼠などと同じようにいつも硬い木でもかじっていないと  伸び過ぎてしまうそうです。、   インターネットでペット兎を調べて見たら、改良されたペットが沢山 出て来まして驚きましたね。ヨーロッパやアメリカの人々が沢山飼って いるのですね。そう言えば 物語も多く イースターラビットとか良く出てきますね。日本のはジャパニーズホワイトとしてペット化されてますね。 色も大きさも 毛並みも色々在りました。
 たれ耳 丸顔 内のトムみも在りましたが、たてがみが在るもの 耳の大小、 色も チョコレート色みたいな物まで在りますね。   でもこの兎のトムは一年 半くらいで急に死んでしまいました。
  日本人も兎は好きですね。私も子供のころはずっと飼っていましたが、 大きくして、農協に出荷して、子供にしてはまとまったお金が稼げるので、 ずっと飼っていました。   うさぎの肉は ハムソーセージのつなぎの役割をすると聞いていました。 毛皮はリーズナブルな毛皮コートになってますよね。
だから子供を産ませたり大きくしたり、兄弟がそれぞれに飼っていましたね。 もちろん子兎のころは、抱いたり ペットのように飼いましたが、早く大きく したくて餌を取ってきて、与えていました。 半年から一年くらいで大きくなります。子供も産ませました。   野ウサギも周りに居ました。 いつも同じところに丸いふんをするので その通り道にわなをかけた人も居ましたが 歌の待ちぼうけみたいにうまく捕まえたと 聞いたことは在りません。   でも 時々 畑にある こえだめの 穴に落ちて死んでるのは見ましたね。  そういえば兎 追いしあの山って歌が在り、おいしを おいしいって 若い人は 思っている人が居るって聞いた事があるが、 あながち間違いじぁあ 無いかも知れませんね。  聞いた話だと野ウサギを穴から追い出し、皆で追っかけ兎は足の関係で坂を 登るのは得意だが下るのはとても苦手でひっくり返ってしまいそれを捕まえて  おいしいって言って食べたそうですから。
   以上です。 有難うございました 宮司 みやじ。

好評連載中の部屋に戻ります。


Ads by TOK2