ようこそ!烏です。   朝 目が覚めると、小鳥や烏が鳴いているのが聞こえると、もう朝だって 想うだけでなく 太陽も地球も 生きるものすべて仲間が動き出すぞ 私も起きて  仲間に入れてもらおうってな事考えながら 今日も元気だと一日が始められますね。
朝日を浴びないと眠りのホルモンメラトニンが治まらず 脳が覚醒しないと言われるが  視覚障害者はきっと この朝の風景の一つの鳥の鳴き声が 脳に良いのでは ないでしょうか。
 そんな烏も 漫画ティックに柿木に止まって居る姿、夕焼け空の山にむかって  烏が飛んで行く 絵を 覚えています。
  そんな身近な烏も 可愛いという人もありますが ほとんどの人は嫌いですね。   どうしてあんなに嫌われるのでしょうね。やはり 真っ黒だし 泣き声も 良くないし ごみをアサリ 散らかし頭が良いのをずる賢いと想われるし、小動物も 取って食べるし。 
確かに 私も以前 庭の隅に スコップで穴を掘り 生ごみを 入れていたら、烏があさっていたのを知らずに、なまごみバケツを持って行ったが  私は烏に 気がつかず ちかずいて行ったら 烏は金網ヘンスと私に阻まれ私の 頭上すれすれに飛び立ちました、その時一瞬 恐怖と 羽ばたきの音と烏の臭いを 感じ やっぱりいやな感じがしましたね。 それからどうも烏が高い所で私を見て 居るような気がし 私も負けずに にらめつけてやったり、隣の銀行の高いところに 止まって泣いている烏に鍬の柄で 鉄砲を撃つまねをしてからかってやると  泣きかたが変わり面白いですよ。
  又 夜に私が白い杖を突いて歩いていると 学校や公園の大木の高いところで 杖の音に驚いてがさがさ変な声出して烏が動いているのと良く遭遇します。  ちゃめっけを出して 杖を鉄砲でも打つ真似をすると枝を飛んで動きます。 大人気ないことをしまして どうもすみません。
でも 良く 東京からの中継を聞いていると、いつもからすの 鳴き声が聞こえますけど 東京は本当にからすが沢山居るんですね。石原都知事の 一声で、カラス駆除に力を入れているみたいですけど。
  はしぶと烏は 元々山に住んでいたが人の住むところも 街頭や電信柱が山の 高い木に似ているから、高い所から餌を探す 習性にもがっちするし、巣を作るにも ワイヤーのハンガーを使ったり住みやすいんですね。  ゴミ袋に餌在るし、 テレビで行ってたけど、毎日幼稚園の石鹸を盗んで行き  食べるそうです 脂身だと想って居るみたいですね。
そして 胡桃を 自動車教習所の車にひかせて、実を食べるそうです、 頭の良さはびっくりするそうですよ。
  でもこの烏 様は所によっては尊敬されたり 神の使いだったり 三ぼん足の やたがらすはサッカーのシンボルだし なかなかたいした物ですよね。  烏の仲間の九官鳥を隣のお婆さんが飼っていて 水浴びさせたり 餌を団子にして 食べさせ喉を太くさせたり 遊びに行くといつも「きゅうちゃん」って言ってます。  それが いつも耳についてしまいましたね。
  烏被害の一番は ごみ集積所のゴミ袋を破り 散らかす事でしょうね。こちら 浜松では 網を掛けますが、テレビを見ていると、カプサイシン入りの袋とか、黄色 は烏には見えないから 、黄色の袋を使うとか 考えられてますね 烏合の衆の 考えより 烏の方が利口そうですね。
  私の育った田舎では、やっぱり農作物を荒らす害鳥と見てましたね。 ゴンベガ  種まきゃ烏がほじると人を滑稽にからかっているように見えるが、悪さを しますね。
  田舎には同じように 白鷺や五位鷺が居ますが、彼らは白くて奇麗で 農作物は 余り被害を与えないのか嫌われていません。   余談ですが 五位鷺の 五位は 昔天皇が「あの白い鷺は、麿を楽しませて くれるから 五位の 位を 与えよう 」とか 言ったので五位鷺に成ったと 言われます。
   烏は良く西瓜もつつき 食べます、烏の勝手でしょうと言う訳には行きません ので 西瓜畑には、烏を殺して棒の先に 良く括られていましたね、これが 一番  烏被害防止に成りますよ。 
毎朝 近くの公園にラジオ体操に行く時 いつも静かな街に小鳥と混じって  グロティスクな烏が何か話しているように泣いていますね。皆 私達の仲間ですね。では これで。

好評連載にもどる。
薀蓄の部屋へ ジャンプ。
宮さんのHPにもどる。

Ads by TOK2