岩手宮城内陸地震を 畑で 草を引きながら 聞きました。
6月14日 土曜日の朝のことでした。 畑に行ってのんびりと   NHKラジオを聞きながらさつま芋の畝の草取りをして いました。
私の好きな番組浅間江里子「ざんまえりこ」と女子アナ大沼ひろみのおしゃべりで 進められる 土曜楽市を聞いていました。
その時 9時前ですがラジオから地震警報が出ました。 私は おやっとは思いましたが 切迫感はなく たんなる訓練かと思いました。 何故 これは訓練ではありませんと一言入れないのでしょうね。 あれでは多くの人が又 訓練かと思うでしょうね。
その直後に地震発生をニュースアナが知らせてくれ それから後はずっと 地震ニュースでした。
現地の人達は 地震速報は間に合わなかったみたいですね。
この前 中国で大地震が起こったばかりですが 日本は大丈夫だろうと楽観視して いましたがだんだんニュースが入ってくるに従って  震度は中国の四川地震にも負けないくらいでした。
神戸の地震の時も朝の5時前でしたがたまたま  目をあいて ラジオを聞いてました。 その時も 臨時ニュースが入りましたが 最初は軽く聞いてました。 なぜか 楽観視して聞いてしまうのですね。
対岸の火事と言いますが あれですね。 自分が被害にあわないと所詮 人ごとと聞いてしまうのですね。
神戸は7.3 14日の岩手宮城 内陸地震は7.2だそうです。
我が地方も東海地震が来ると もう50年も前から私は聞いてますが その間に彼方此方と 大地震が起こってます。
私は今から三十数年前に二十七歳で家を建てましたが その時に 地震が来ると盛んに 言われていました。 だが その家はもう売って今のところに移りましたがいまだに 地震は起こりません。
東海地震は東海道筋で起こるといわれますが日本の主要地帯なので地震予知が出来る ように莫大なお金をかけていますが 予知が出来るかどうかは 来てからでないと わかりません。
中国も防災や耐震に金がかけれないので もっぱら 予知に頼るそうです。 一度だけはあたりましたが 他のはハズレだそうです。 なにしろ 皆で 自然界の動物などの変化を監視しているそうです。
四川地震の時 中国軍が素早い行動で 大群を持って救助に向かったとニュースが ありましたが。、実際は核兵器施設の保全と 数百期あるダムの保全に大半が向かった だけだと やゆする新聞もありましたが 中国の人々の力も知りましたね。
世界中で色々な被害にあわれている方がいっぱいですね。まだ 日本は恵まれていますが どうか 一日もはやく立ち直れますようにお祈りします。
なお 地震が起きた時に畑でさつま芋の草をむしっていましたが  それを ガーデニングルームで書きました よかったら 読んでください。

6月のガーデニングです。
08 6 15


連載中に 戻る。
トップページへ もどる

Ads by TOK2