ようこそ!いつもくだらない事ばかり書いていてすみません。   でも今日のは面白いですよ 書いてる 私が笑っちゃうんですから ちょっと  サスペンスタッチですけど 本当に面白いですよ 前置きはこれくらいにして  では 早速 始まりますよ。
   坂道の途中に時代をへたと思われる由緒ありげなお寺の裏道理 右に曲がった 突き当たりにその家はあった。  御影石を積み上げた門には小さく「至難」と黒黒の 墨文字が書かれた板がかかっていた。
格子戸を開け、くぐりいると 一面に白い子砂利が敷かれていた。 渡り石を五つ渡ると 傘たてと 棕櫚ちくの植木鉢がある。 玄関につくと その傍らにスピッツが繋がれていた。 昔のすぴっつは良く吠えたが今のスピッツは改良され余り吠えなくなった。
因みにテレビ番組 「伊藤家の人々」で 五月蝿く吠える犬には 犬の方にお尻を むけてお尻の臭いをかがせると吠えないそうです。
ここからはこのスピッツ君のおしゃべりです。 「 この内のご主人様は何をされてるのかなぁ。とても女らしく とても良い 香りがするんだ。 やさしいしブラシもかけてくれるんだ。
だけどこの家にはいろんな人が来るよな 着物姿の若妻ふうのきれいな人は来るし、 子ずれのお母さんも来るけど、子供は苦手だな。そばに来てやたらめたら触るんだから。おいらは絶対に噛まない様に ご主人様に教えられてるからね。
着流しの男の人も来るし。 でもおいらの好きなのは高校生だな。セーラー服のスカートの中に鼻を 入れると”きゃ きゃ きっ”て笑うんだ。 すっぱい臭いの女の人もいるよ 
だけどおいらの嫌いなのはポマード臭くて煙草の臭いの人だな。 あぁ、だけど皆は可愛い可愛いって言って頭 撫でてくれるんだ。
白い毛並みがとても奇麗って言うんだ。 そうだよ おいらは頭も お腹も 背中も 尾も白いんだ。 おもしろいだろう。」おもしろい話,、、。  by宮司   面白かったでしょう。 えぇ 面白く無かったですか 所詮 こんなものですよ。でも ありがとうございました。

コミックの部屋へもどります。

Ads by TOK2