漫画 襖の話 1. 今回は襖の面白い漫画チックな お話を 三回に分けて書きます。
  じゃぁ いきますよ。  この間テレビで 礼法 つまり 礼儀作法の事をやって いました。、 玄関の あがり方は 靴をそのままにしてあがり、主人にお尻を向けずに座り、靴を 直し 隅に置き 立って 奥に行く。
  そして 襖の開け方は、襖の前に行き座り、取っ手を右手で ちょっと 開け、  手を下に滑らせ 又 ちょっと 左に開け、声をかけ 中にいる人に分からせ、 左手で 自分のはいれる程度に 襖を左側に開け 入るのだそうです。   そんな訳で、ここでは 聞きかじった襖の事を三つほど書きます。 その 1.
  ある町内でお葬式が出来ました。 近所こぞっておくやみに行く事になりました。 その中で自然と、見識の高い、確り者の奥様が先に出されて、 皆はその後ろを付いて行く事に成りました。
仏様のお宅に上がりました。皆譲り合って奥様の後ろをただついていくだけです。 その奥様が落ち着いて 襖の前にぴたりと座りました。 静々と襖に手をかけて開けました。
後ろに控えた皆は頭をたれて透かし見たら、そこは布団がぎっしり詰まっていた。 さすがに見識高き奥様は、少しも慌てず、又、襖を閉め、立ち上がって隣の襖の前に ピタリと座って、又、静々と襖を開けたが、後ろに控えた皆は、お通夜なのに、 笑いをこらえるのに苦労したそうです。 じゃぁ、襖のお話 2.へ どうぞ。

コミックの部屋へもどります。

Ads by TOK2