まんが 襖の話 その 2です。 結婚式まで 二人は手を繋いだ事もありませんでした。以前は皆そうでしたよね。 今では皆出来ちゃった結婚ですから 初々しさなんかありませんが、昔は結婚式の最中も新郎新婦は 初々しくて うれしはずかしさで緊張しっぱなしです。
結婚式がおわり 新婚さんが新居に入った初夜の晩に、 夫が、「さぁ 寝ようか。」と言ったので新妻は 真っ赤になって 小さく「はい。」と返事をして うれしはずかしさで 舞上がってしまい、寝室の襖と思って おし入れの戸を開けて入って、襖を閉めてしまったそうです。
その晩、夫は思い出し笑いをして、事をしくじらなかったか ちょっと心配ですね。でも 其のぐらいの方が、後で「貴方は あの時早漏だったわね。」って言われなくて良いかもね。じゃぁ 襖の話 3へ どうぞ。

コミックの部屋へもどります。

Ads by TOK2