ようこそ 私の 日曜大工の部屋へ! 日曜大工と言っても 視覚障害者がやる事は しれていますが、最近は買ってきて 付属の工具で 簡単に組み立てられる物が多いですけど、それも 出来上がると嬉しいですね。もし 私が見えましたら、自分で家を立てたいですね。仕上がりが良ければ言う事は ありませんが、悪くてもそれなりに使えれば面白いですね。
  工具も色々買いました。ドリルも三種類在ります。小型 大型 コンクリートもあけれるように振動する物と、あります。木や鉄は割りと簡単な工具で切ったり 穴をあけれますが、コンクリートの方が 大変ですね。
良く 道路を 大型の丸のこで切っていますが、あれは1メートル切るのに数万円掛かると聞きます私も小型のコンクリートカッターを買いましたが、CDぐらいの大きなもので 歯にダイヤモンドが付いているので 一万円以上はしましたね。それで コンクリートを切る時は水をかけて温度を下げて 使います。それで 車庫の入り口を切って 頃の戸をつけたので レールを埋め込んだのです。
私は 27歳で家を建てまして、そこで20年住みまして、15年前 バブル崩壊で今 住んでいる所を買い換えて 治療室兼 自宅にしているのですが、ここは 以前は  チェーン店のラーメン屋だったところです。だから だだっ広くて、普通の人では換えないところですからいつまでも売れずにあったので、私が値切って買ったのです。
建物は幅が 3げんをちょっと欠けるくらいで長さ十間「じゅっけん」のお店で奥に二階建ての家がくっついていると言う恰好のラーメン屋さんだったのですが、外回りはそのままで 中を治療室と住居に変えたのですが ただ だだっ広いだけなのです。
治療室は その幅で 長さ4けんでエントランスホールといいましょうか、玄関が 畳み二枚ぶん 出ている恰好です。だから 20畳以上はあるでしょうね。そしてその 後ろの部屋が3けん 十五畳の部屋です。ここが治療室と住居を遠ざけている感じの場所ですから、奥の住居の音は治療室には聞こえません。
そして 奥の住居部分も思い切り取れます。 二階もありますが 物置に使っているだけです。
そして お客様用のトイレは新しくつけましたが、奥にあった ラーメン屋の時のお客様用は 和式でしたから、それを私が 後で作り変えたのです。その時 壊すのは私がやりました。大ハンマーを五千円で買ってきて、コンクリート用ののみなど使い 壊しました。壊すのは力だけですから、楽ですね。
だから 日曜大工の仕事には事欠きません。駐車場だった所も、コンクリートを割って、土を入れ替えて、花畑も作りました。
まだ 私の大工仕事の好奇心を揺さぶる物は幾つか在りますね。 では 今回はここまでです。

日曜大工の部屋へもどります。
Ads by TOK2