能登,輪島、高州園ホテルの二日目の朝がすこやかにあけました。 カラオケ雪見ツワーのみんなは元気です。 お料理も朝からいっぱいです。又、朝から一人なべもありました。朝からビールを 飲む人もいます。 私も家ではご飯粒はダイエットで食べないのですが、お変わりをして食べました。
9時に出発です。少し走ればおなじみの輪島、朝市です。 魚貝類を中心に、商店街から一時的のテントとシートのお店が両脇にずらっと並びます。 往復で3キロくらいはありましたね。 こちらは冷やかし程度に賑わいを聞きながら散歩ですが、試食したりお箸をもらったり バスにもどってみれば袋いっぱいのお土産でした。
又、バスは海岸に沿って走ります。バスの客はほとんどが顔なじみですから バスの前後の景色や車に対して激烈熾烈な言葉をかけてみんなで大笑いしていました。 又、バスガイドに対しても遠慮のない言葉をかけてみんなで大笑いしていますが、 バスガイドも負けていない42歳の太目のなまりの多い面白い女性でした。
海岸線は巌門と言って、奇岩「きがん」があり、それをガイドするのですが、客はみんな勝手なおしゃべりをしたりでにぎやかです。 近くに原発もあるみたいですね。 私は興味深いから聞いていましたがガイドも、ねぇ!みんな聞いてる?とか、客と世間話でもするようにあわせてましたね。
今度は曹洞宗の總持寺「そうじじ」によりました。 曹洞宗は大きな寺がみっつあるみたいですね。能登半島のと 福井県にある、本山は永平寺 横浜にある座禅の總持寺とらしいです。 そこもにぎやかな一段となって一回りしました。
それで能登半島ともお別れして、又、こりもせずにカラオケを始めましたが、さすがに勢いはなくだんだん歌う人が亡くなりましたら、 今度はバスガイドをからかいだしました。
昨日はカラオケの盤だけだったから今日は面白い話をしてとか、歌ってとか、年はいくつで独身か。 体重はどうだとか。 それにたいして負けていないバスガイド。 年は42歳でバツ1の独り者で、生まれは九州の宮崎県でバスガイドにあこがれて本州にやってきたみたいですね。 このバスは隣の愛知県豊橋から来ていますから、言葉のなまりがずいぶん違いましたね。
みんなはおかまの松子デラックスって言うけど、スタイルはしかたないけど、 顔は、タレントでフリーアナウンサーの滝川クリステルに似ているって客のみんなが言うから名前もその女優のクリステルで呼んでとか。 まったく客との掛け合いで漫才ですね。
そんなとっても面白い様子をちょっと録音しました。話と、 ガイドの歌ですが坂本ふゆみの「能登はいらんかいね」の二つですので聞いてくださいね。

ガイドが私はクリステルだって言い張っています。


ガイドが能登はいらんかいね、を歌っています。


カラオケはそれっきりで社内はずっと大笑いです。 そしてバスが止まればトイレタイムと飲み物を買ってくる。 それの繰り返しです。
ゲームらしいものはビンゴをやりました。 それはみんなに都道府県名を5つ、書かせて、ガイドがひとつずつ県名を上げていき 4つ消えればりーちですねそれで5つ目も消えればビンゴですか。 ガイドがいくつあげたか忘れましたがそれでも二人同時にビンゴとなりなにか賞をもらいましたね。
そして無事に浜松に9時ころに帰り着きました。 疲れもしなくて面白かったですね。
みんな車からおりて、バスの底面のトランクを開けましたら、みんなのお土産の袋がいっぱいでした。ガイドも言ってましたが浜松の人は お土産を大量に買う人が多いそうです。
最後に旅費のことですが、 一人二万八千円で客は34人でした。 ざっと計算すれば百万円ですね。 三人の乗務員のバスでホテル代を支払い。 中身は知りませんがひとつのお仕事が終わった感じですね。では、ありがとうございました。
Ads by TOK2