神鉄粟生線 その@
山あいの住宅地にある鈴蘭台。左から有馬線上りの1番線、粟生線上りの2番線、有馬線下り、粟生線下りと使い分けています。(2009年7月)



有馬線の急勾配で知られる神戸電鉄。粟生線も鈴蘭台を出るとすぐに50‰が待ち構えています。(2009年7月)



50‰を上りきった所が鈴蘭台西口。険しい地形な上に周囲が建て込んでいる事が、この区間が単線で残っている要因のようです。(2009年7月)



鈴蘭台西口を頂点に今度は50‰の下りに転じます。(鈴蘭台西口〜西鈴蘭台)(2009年7月)



          (鈴蘭台西口〜西鈴蘭台)(2009年7月)



通勤時に区間列車が折り返す西鈴蘭台。以前は折り返し専用ホーム(左側、1・2番線)がありましたが、現在は駐車場になってしまいました。現在の区間列車は4番線(右)に発着します。(2009年7月)



紅葉の山あいを往く。(西鈴蘭台〜藍那)(2007年11月)



          (西鈴蘭台〜藍那)(2007年11月)



快速が通過するのはわずか2駅。その数少ない通過駅のひとつ藍那(あいな)。(2009年7月)



藍那を出た下り列車。複線化区間のうち、ここから2kmほど単線のまま残っています。(2009年7月)



開発の手がのびていない藍那のちいさな集落。(藍那〜木津)(2009年7月)



(藍那〜木津)(2009年7月)



複線区間の終点押部谷(おしべだに)での行き違い。通勤時には真ん中の2番線から当駅折り返し列車が発着します。(2009年7月)



押部谷に進入する上り列車。右後方には裏六甲に広がる新興住宅地が見えます。(2009年7月)

ふりだし まえ:山電網干線 つぎ:神鉄粟生線 そのA

Ads by TOK2