阪急甲陽線
桜で知られる夙川に架かる夙川(しゅくがわ)。甲陽線ホームは神戸線の上りホームに対し直角に配置されています。(2007年9月)



西側に甲陽線車両を出入庫させるための引き込み線があり、2列車運行の時間帯の前後には回送列車が使用します。
神戸線列車の合間を縫って上り線に転線する回送列車。(2009年6月)



引き込み線に入線し、しばらく発車時刻になるのを待ちます。(2009年6月)



連絡線を通って甲陽園へ向かう。(2009年6月)



後方に見えるのは甲陽園や甲東園などの地名の由来となった甲山(かぶとやま)。甲陽線はこの麓にひろがる高級住宅街をめざし北上します。(夙川〜苦楽園口)(2007年9月)



甲陽線のすぐ横を流れる夙川は、河口から苦楽園口まで夙川公園として整備されていて桜や松の並木が美しい。夙川に流れ込む水路では川ざらいの最中でした。(夙川〜苦楽園口)(2007年9月)



開通当初は信号所だった苦楽園口はほぼ終日行き違いが行われます。苦楽園は駅から少し離れた西側にひろがる高級住宅街。(2007年9月)



夙川沿いに走る甲陽線ですが、車窓に見られるのはこの鉄橋だけです。(苦楽園口〜甲陽園)(2007年9月)



春になると大勢の行楽客や写真家が集まる桜の名所。(苦楽園口〜甲陽園)(2007年9月)




道路整備に伴う地下化が計画されているのがこの勾配区間。(苦楽園口〜甲陽園)(2007年9月)



(苦楽園口〜甲陽園)(2007年9月)



針路を北から西に向け山に突き当たった所が終点の甲陽園。窮屈ですが阪急沿線らしい落ち着いた街です。(2007年9月)

ふりだし まえ:阪神西大阪線 つぎ:阪急嵐山線

Ads by TOK2