嵐電嵐山本線
起点の四条大宮はビルの1階に入居しています。(2007年12月)



          (四条大宮〜西院)(2007年12月)



曲線の途中にある西院(さい)。起点の四条大宮と同様、ここも阪急京都線の乗換え駅です。(2007年12月)



西院に隣接する車庫。(2005年4月)



広い三条通の併用軌道。(西大路三条〜山ノ内)(2007年12月)



(西大路三条〜山ノ内)(2007年12月)



か細いホームの山ノ内。(2007年12月)



          (山ノ内〜蚕ノ社)(2007年12月)



(山ノ内〜蚕ノ社)(2007年12月)



山ノ内〜蚕ノ社(かいこのやしろ)間の併用軌道を往く。
2008年、この付近まで地下鉄東西線が延伸(右側の工事現場、太秦天神川(うずまさてんじんがわ))し、嵐電も駅前に嵐電天神川(らんでんてんじんがわ)を設けて利便性を向上しました。(2007年12月)



前後を併用軌道にはさまれたS字曲線。(太秦広隆寺(うずまさこうりゅうじ))(2008年2月)



嵐電沿線は大部分が観光名所。年間を通して観光客でにぎわっています。(太秦広隆寺)(2008年2月)



北野線が分岐する帷子ノ辻(かたびらのつじ)。右から下りの1番線、上りの2番線、北野線が発着する4番線、その奥に2番線を切り欠いた3番線があります。駅上が商業施設で駅舎が地下にあります。(2005年4月)



(帷子ノ辻〜有栖川(ありすがわ))(2007年12月)



          (有栖川〜車折神社)(2007年12月)



駅前の神社に因んで、柵が朱塗りの車折神社(くるまざきじんじゃ)。(2007年12月)



頭端式ホームに足湯がある終点の嵐山。駅舎はかつてはレディースホテル、現在は商業施設になっています。(2007年12月)

ふりだし まえ:叡電鞍馬線 つぎ:嵐電北野線

Ads by TOK2