近鉄田原本線
橿原線田原本から少し離れた所に位置し、独立した駅として存在する起点の西田原本(にしたわらもと)。通勤時には左の2番線も使われます。(2008年9月)



前身の大和鉄道時代は、桜井まで延びていました。当時のホームが残っていて、相対式ホームの途中駅だった事が偲ばれます。(2008年9月)



駅前再開発が行われますが、両駅は統合されず、駅前広場を挟んで駅舎が向い合う形になるようです。(2008年9月)



起終点が独立している田原本線ですが、西田原本のはずれに橿原線と繋ぐ連絡線があって、通勤時の前後に回送列車が通ります。(2008年12月)



(西田原本〜黒田)(2008年12月)



交換設備の跡が残る黒田。(2008年12月)



田原本線の東半分は奈良盆地の平坦部で、のどかな田園風景がひろがります。(但馬(たじま))(2008年9月)



(但馬〜箸尾)(2008年12月)



全列車の行き違いが行われる箸尾。(2008年12月)



田原本線の西半分は丘陵地帯。池辺あたりから景色が変わります。(池辺〜佐味田川(さみたがわ))(2008年9月)



大阪の通勤圏内で周辺に住宅地がひろがる大輪田。(2007年8月)



D51に見送られて新王寺を出発する。S字カーブの築堤を最徐行でJR大和路線を跨ぎます。(大輪田〜新王寺)(2008年12月)



JR王寺と商業施設の間にひっそりと佇む1線だけの終点新王寺。生駒線の王寺とは駅前広場を挟んで向い合っています。(2008年9月)



駅前再開発されましたが、西田原本と同様こちらも統合されず。JRは橋上駅舎化、生駒線も新駅舎になりましたが、ここは手を加えられていないようです。(2008年9月)

ふりだし まえ:阪急箕面線 つぎ:近鉄御所線

Ads by TOK2