近鉄吉野線 その@
後方に神宮の森を望む橿原神宮前での特急同士の行き違い。
吉野線の起点であるとともに南大阪線の終点でもあるため、2面4線の中間駅型の配線です。(2009年7月)



発車した吉野特急(左)と京橿特急の留置車が顔を合わせる。地図を見ると南下してきた橿原線がそのまま直進しているようにも見えますが、東を向いていた吉野線が割り込むようにして南下してゆきます。(2009年7月)



毎時2本の急行(線内は各駅停車)の内、1本がここ岡寺で行き違います。(もう1本は橿原神宮前で)(2009年7月)



(岡寺〜飛鳥)(2009年7月)



通勤時の区間列車運転時のみ見られる飛鳥での行き違い。所在地は「村」ですが、通勤通学客のほか古代史ファンやハイキング客も多く訪れる特急停車駅です。(2008年11月)



(飛鳥〜壺阪山)(2008年11月)



壺阪山での3列車の並び。右の3番線は吉野方が行き止まりになった折り返し列車用で、かつては毎時運行されていましたが現在は通勤時のみです。(2008年11月)



(壺阪山〜市尾)(2009年7月)



(壺阪山〜市尾)(2009年7月)



(壺阪山〜市尾)(2009年7月)



町に溶け込んだこじんまりとした駅舎。(市尾)(2009年7月)



特急同士、急行同士の行き違いが交互に行われる吉野口。さくらライナー同士の行き違いは休日ダイヤの日に数回しか見られません。(2009年7月)



吉野口はJR和歌山線の乗換え駅。1時間に1回、和歌山線の列車がやってくる時間には4列車が顔をそろえます。また、吉野線と和歌山線が共用する真ん中の島式ホーム(2・3番線)には駅弁屋があり柿の葉寿司を賞味できます。(2008年11月)

ふりだし まえ:近鉄信貴線 つぎ:近鉄吉野線 そのA

Ads by TOK2