近鉄信貴線
2面4線の待避駅に片面ホームが一面併設された起点の河内山本(かわちやまもと)。昼間時は大阪線の下り副本線である1番線(左の列車が停まっている)に発着し、乗換えの便を図っています。(2009年7月)



通勤時は、待避列車が1番線を占有する時間が長くなるため、2両編成分しかない信貴線専用の5番線に発着します。(2009年8月)



信貴線が走る八尾(やお)市は大阪市に隣接する住宅都市で、河内山本を出てもしばらくは住宅地を走ります。(2009年7月)



奈良県と県境をなす高安山の裾に取り付いたところにある服部川(はっとりがわ)。(2009年7月)



服部川を出ると40‰を含む勾配区間になり車窓も一変します。(服部川〜信貴山口)(2009年7月)



(服部川〜信貴山口)(2009年7月)



大阪平野にひろがる八尾の市街地を見下ろしながら。(服部川〜信貴山口)(2009年7月)



服部川〜信貴山口間はわずか0.8kmながら変化に富んだ区間です。(2009年7月)



勾配を登り切って終点の信貴山口(しぎさんぐち)に到着。(2009年7月)



かつては1面2線だったようです。左側のホームには信貴山朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)への足、西信貴鋼索線(ケーブル線)のホームがL字型に併設されています。(2009年7月)

ふりだし まえ:近鉄長野線 つぎ:近鉄吉野線

Ads by TOK2