南海汐見橋線
難波の1kmほど西側に、かつては南海高野線の起点として活躍した汐見橋がポツンとあります。この辺りは繁華街の賑わいはなく、路上生活者のテントが並んでいます。(2007年10月)



現在の駅舎が建てられたのが1956年、当時の観光案内図が駅舎内に残っていて興味を引きます。(2007年10月)



大阪環状線の高架下は大阪らしく町工場や飲み屋が入居しています。(汐見橋〜芦原町)(2007年9月)



JRと交差する芦原町。大阪環状線の芦原橋は徒歩10分。(2007年9月)



(芦原町〜木津川)(2007年9月)



川の無い橋、十三間川(じゅうさんげんがわ)橋梁を渡る。(芦原町〜木津川)(2007年9月)



木津川の河口に近い木津川は、かつて貨物を取扱っていたため、当時の貨物側線が残っています。(2007年9月)



(木津川〜津守)(2007年9月)



          (木津川〜津守)(2007年9月)



後方の高架は大阪市電の三宝線の跡だそうです。(津守〜西天下茶屋)(2007年9月)



(西天下茶屋)(2007年9月)



洋風駅舎が構える西天下茶屋(にしてんがちゃや)は、駅の両側に商店街があり、沿線で一番活気があります。(2007年9月)



(西天下茶屋〜岸里玉出)(2007年9月)



本線ホームから見た終点の岸里玉出(きしのさとたまで)。地平時代は本線を跨いで高野線と繋がっていましたが、1993年の高架化の際に分断されてしまいました。右奥に見えるのが高野線の列車。(2008年12月)

ふりだし まえ:南海多奈川線 つぎ:南海高野線(橋本〜極楽橋)

Ads by TOK2