南海多奈川線
岬町の市街地からはずれた所にある起点のみさき公園。多奈川線は上り副本線の5番線から発着します。10両分あるホームの難波方の端っこに2両編成がポツンと。(2008年10月)



和歌山市方に、多奈川線専用の切り欠きホームがありますが、元々当駅での本線列車の待避は少なく、使用する事はあまり無かったそうで、現在は1日1回錆取りで入線するのみです。(4番線)(2008年12月)



(2008年12月)



(みさき公園〜深日町)(2008年10月)



国道を跨ぐ築堤上にある深日町(ふけちょう)。かつては交換駅だったのか使われていないホームが1本残っています。(2008年10月)



アーチ橋のたもとの小さな駅舎。(2008年10月)



(深日町〜深日港)(2008年10月)



沿線は町役場もある岬町の市街地ですが少し寂しい雰囲気。(深日町〜深日港)(2008年10月)



淡路島航路の連絡駅だった深日港(ふけこう)。1993年まで急行あわじ号が乗り入れていた名残りで6両分の長いホームが残っています。(2008年10月)



小振りな駅舎ながら臨時改札口も設けられていました。(2008年10月)



深日港のホーム端と終点の多奈川は目と鼻の先。駅両側の木々が植わっている辺りは貨物側線跡で、広い構内を擁していたようです。(2008年10月)



往時はにぎわったのでしょうか、短い列車に不釣合いな幅が広く長い頭端式ホーム。(2008年10月)

ふりだし まえ:南海加太線 つぎ:南海汐見橋線

Ads by TOK2