京阪石山坂本線 その@
起点の石山寺は、琵琶湖から唯一流れ出る瀬田川のほとりにあります。
2列車の並びはほぼ終日見られ、起終点駅では列車が常にホームで客待ちをしている、という京阪の伝統がここでも息づいています。(2007年10月)



JR琵琶湖線の乗換え駅京阪石山。元来は踏切の右側に駅がありましたが、乗換えの便を図って、左側のJR駅前に移設しました。(2007年10月)



下りホームが急曲線上にある瓦ケ浜。その名の通り湖岸近くを走りますが、琵琶湖の姿を見ることは出来ません。(2007年10月)



(瓦ケ浜)(2007年10月)



石山坂本線の南半分は、市街地を縫うように走り、曲線が連続します。(瓦ケ浜〜中ノ庄)(2007年10月)



落ち着いた佇まいの膳所本町(ぜぜほんまち)。(2007年10月)



(石場〜島ノ関)(2007年10月)



京津線の乗換え駅浜大津は路面電車らしく簡便で機能的。
京津線の上り(当駅止め列車)が2番線に到着後、引き上げ線へ。石山坂本線の上下列車が発着後(写真)、引き上げ線にいた京津線の下りが1番線で乗客を乗せ発車。という順で乗換えの便が図られています。(2007年10月)



浜大津から併用軌道に。(2008年12月)

ふりだし まえ:南海天王寺支線 つぎ:京阪石山坂本線 そのA

Ads by TOK2