南海和歌山港線
起点の和歌山市。右は当駅折り返しの本線上り難波行き急行、左は和歌山港線に直通する下り和歌山港行き急行。列車のほとんどは本線からの直通で、上下とも5番線(左)に発着する事が多いようです。(2008年12月)



線内運転の普通が運行されていた頃は、和歌山港線専用乗り場として、加太線が発着する6番線の先を区切った7番線があてがわれていました。
右の列車は和歌山港発になる特急サザンの回送。(2008年12月)



和歌山港線(手前)と加太線(奥)、両線の列車が鼻を突き合わせる。(1998年2月)



広い紀ノ川の河口部に沿って走ります。(和歌山市〜(旧久保町))(2008年12月)



築地橋(つきじばし)の駅があった曲線を通過する特急。(2008年12月)



(旧築地橋〜旧築港町)(2008年12月)



一部では複線用地が確保されていますが、沿線は港湾地区で人口はそれほど多くありません。(旧築地橋〜旧築港町)(2008年12月)



紀ノ川河口大橋のアーチを背に。(旧築港町〜和歌山港)(2008年12月)



徳島を結ぶ南海フェリーの乗換え駅である終点の和歌山港。特急サザンと急行の並び。(2008年12月)



途中駅だった頃は1番線(左)が終点水軒までのびる本線、2番線が折り返し線で、それぞれ普通用、優等列車用と使い分けていました。(1998月2月)



2002年まで終点だった水軒。1日2本、利用客数人しかいない事で知られる駅でしたが、その割りにベンチが多いのが不思議でした。(1998月2月)



木材輸送のために造られただけあって駅前には貯木場が広がり、貨物側線が2本ありました。(1998月2月)

ふりだし まえ:神鉄粟生線 つぎ:南海加太線

Ads by TOK2