南海高野線 その@
複線区間の終点橋本は、20m級車の終点でもあります。ここから先の単線山岳区間は17m級「ズームカー」の独擅場。
手前側4番線の難波方に難波行きりんかん、極楽橋方にズームカー、奥側の5番線に難波行き急行と、島式ホーム1本を最大限に活用しています。(2007年11月)



紀伊清水での行き違い。山岳区間は全ての駅が交換設備を備えています(下古沢は撤去)。(2007年11月)



紀ノ川によってつくられた和歌山では貴重な平野。(紀伊清水〜学文路)(2007年11月)



のどかな山里を軽い足取りで駆ける。(学文路(かむろ)〜九度山)(2007年11月)



いよいよ山へ。(九度山(くどやま))(2007年11月)



トンネルをぬけると谷底の駅高野下。まとまった集落があるのはここまでで、折り返し列車も設定されています。(2007年11月)



          新旧車両の行き違い。



階段左の道は森林鉄道の跡だそうです。(2007年11月)



高野下を通過する特急こうや。ここから先は登山鉄道として開通した区間で、現在でも33km/hに速度制限されています。(2007年11月)



上の列車を後追い。急勾配と急曲線が連続する厳しい山道にズームカーが挑む。(2007年11月)



上の場所を俯瞰。下山してきた列車が高野下(右下)に到着。(2007年11月)

ふりだし まえ:南海汐見橋線 つぎ:南海高野線 そのA

Ads by TOK2