新日本海フェリーで北海道へ@





2011年のGWに青森県の大間までマグロ丼を食べに行ったのですが、今年2012年は敦賀から
「新日本海フェリー」で北海道へ向かう計画を実行しました。
新日本海フェリーで北海道へ行くのはこれで3回目ですが、やっぱり船旅は良いですね。
時間はかかりますが旅のロマンを感じます。

敦賀発→苫小牧行きのフェリーは出発が夜中の1時なので会社から帰ってきたらすぐに電車に
乗って敦賀駅まで向かいました。
地元の駅を19時頃に出発して敦賀駅に着いたのが22時少し前。
到着後すぐにフェリーターミナル行きの連絡バスに乗ります。
とにかく初日からバタバタと忙しい・・・。


敦賀駅まではJRを乗り継ぎます。

敦賀駅に到着。休む暇も無くバスターミナルへ・・・。

GW前日だがフェリー行きの乗客は少なかったです。

10分少々乗っていたでしょうか。
目の前に懐かしいフェリーターミナルが見えてきました。
しかし、これからGWに突入すると言うのにターミナル行きの人が少なかったのが気になりました。


やっとフェリーターミナルに到着。

乗船手続きを終えて出港までしばらく休憩。

最初は全然人気が無かったのですが出港時間が近づくにつれて家族連れの人たちがやってきました。
それでも繁盛記に比べると少なそうですけどね。


部屋は2等で一番安いのを予約しました。

出港時間になり乗船券を確認し乗船ゲートへ移動。
みんな一番乗りになりたいらしく、どんどん列を作ってました。
ほとんどの人が2等の部屋らしいので良い場所を確保したいんでしょうね。


このゲートの先にフェリーの乗船口があります。

ゲートを渡り乗船を済ませたらとりあえず自分が寝泊りする2等の部屋へ。
ゆっくり乗船したわりにまだ2等の部屋に他の人が来ていませんでした。
やはり端の場所が一番良いと思い端っこを確保。


まずは2等の部屋を探す。

これがボクの予約した2等の部屋です。

一人分のスペースは狭い。でも安いから我慢だ。

荷物を置き場所を確保したら船内を探索しました。
ちなみにこの段階で夜中の12時を回っているためにすぐに消灯時間になります。
みんな消灯時間までにお風呂に入ったり飲み物を買ったりと忙しくしていました。



つづきAへ。


旅のトップへ。