新日本海フェリーで北海道へC





朝食後の軽い睡眠を取っていると、「間もなく当フェリーは姉妹船すいせんとすれ違います」と
アナウンスが流れてきました。
せっかくなのでそのすれ違いを見ようとオープンデッキへ。
デッキへ出るとカメラを持った乗船客がいっぱい集まっていました。


奥に見えるのが姉妹船の「すいせん」です。

ボクも記念に写真を撮っておきました。
そしてまたする事も無くなりブラブラと船内をさまよいます。
幸い、ボクはお風呂が結構好きなので気が向いたらお風呂に入って時間を潰しました。


風呂上りには冷えた缶チューハイを飲むのが楽しみ。

水平線ばかりではなくたまに陸地も見えます。

風呂に入ったあとはプロムナードで休憩しながら身体を冷まします。
日本海を眺めながら飲む冷えた缶チューハイが凄く美味しかったです。

あとは3DSを持っていったので適当に遊んでました。
ちなみに当然ではありますが電波が無いので携帯電話、ネットは使えません。
多少は使えると期待もありましたが相変わらず圏外です。


電話、メール、どちらもまったく使えません。

これは分かりきっていたけどWIMAXも全然ダメです。

酒を飲んでほろ酔い気分になり、うたた寝をくり返しました。
こうやって少しずつ時間も過ぎていきました。

夕方になると船は津軽海峡へ差し掛かります。
日も傾き始め日本海も黄昏に染まり始めました。


現在津軽海峡を航行中。

日本海に沈む夕日を撮ろうとまたオープンデッキへ向かいました。
この時間、オープンデッキからは北海道と青森県の大間崎が見えます。
ちょうど一年前に旅に出た大間崎をまさか今年は船の上から見ることになろうとは。
それにしても海も陸もすべて黄昏に染まるその光景はとても素晴らしいものでした。


デッキに出るとみんな夕日に見とれていました。

津軽海峡から見る夕日もまた格別ですね。

身体も冷えてきたので風邪を引く前に船内へ戻りました。
津軽海峡を通り越したら苫小牧まであと少しです。
長いと思われた船旅もそろそろ終わりに近づいてきました。



つづきDへ。


もどるBへ。


旅のトップへ。