新日本海フェリーで北海道へL





昨晩はサウナでロウリュを楽しみ、風呂上りのビール・・・ではなくやはり
ゼロカロリーコーラを飲んで早めに寝ました。

北海道最後の朝は5時に起床。
最後の朝もやっぱりまずは風呂に行って、そのまま朝食バイキングへと向かいました。


北海道初日の朝同様にガッツリいきました。

このチキン旨すぎです。何度もおかわりしました。

この日はもうホテルを出たらすぐに、小樽発の新日本海フェリーの乗船手続きに行かなくてはなりません。
ここで昼食分も食べておこうと、腹に詰め込めるだけ入れておきました。
しかしニコーリフレの朝食は本当に美味しいね。
これで500円なのは信じられないです。
ご馳走様でしたm(_ _)m

朝食を食べ終わり荷物をまとめホテルを出ました。
天気も良く北海道最後の朝は清々しい気分で出発できました。


お世話になりました。また是非利用させていただきます。

まずは札幌駅から小樽築港駅まで移動です。
フェリーの時間が10時30分なので、そんなにゆっくりはしてられません。
と、言っても心配性で少々早めに出すぎたのか小樽築港駅に予想してたよりも早めについて
連絡バスの到着時間までしばらく待つ事になりましたが・・・。


小樽築港駅付近を少し散歩。

その後、時間通りに連絡バスがやってきてこれに乗車。
ここからフェリーターミナルまではそんなに距離も無いので早いです。
10分くらいでしょうか。
小樽港フェリーターミナルへ到着しました。


小樽築港駅からフェリーターミナルまでの連絡バス。

小樽港フェリーターミナルへ到着。

GWだから混んでるかなと思いましたが一般客はそれほどではありませんでした。
でも、どこぞの高校の部活動遠征組がいたので賑やかではありましたね。
とりあえず乗船手続きを済ませ乗船時間までのんびり待ちました。


人も少ないので手続きはすぐに終わりました。

ターミナル内にはフェリーも模型が飾ってあります。

窓の向こうにはこれから乗船する「ゆうかり」が見える。

航路は小樽港→新潟港で小樽港を10時30分に出港し、新潟港には翌6時に到着です。
初日の敦賀港→苫小牧港と所要時間はあまり変わりませんね。
部屋も2等ですし。
前回は帰りも苫小牧→敦賀だったのですが、今回の新潟行きの航路は初めてです。

のんびり待っていると、みんな乗船ゲート付近に集まりだしました。
そろそろかなと思いボクもそちらへ移動。
別に急いで乗船しなくても良いのですが、やっぱりみんなの行動に釣られてしまいますね。

そして乗船準備が整ったとのアナウンスが流れるとみんな一斉に乗船を開始しました。
さて、小樽発の「ゆうかり」の船内はどんなのかな?



つづきMへ。


もどるKへ。


旅のトップへ。