クロネコ (長野県伊那市で偶然見つけた懐古的で入らずにはいられない雰囲気の食堂)





伊那の名物ローメンを「うしお」で食べて、食後の散歩にと付近を徘徊。
時折強く降る雨が何とも鬱陶しい。

昭和を感じるスナック街に入ったので雰囲気を楽しみながら歩を進めていると衝撃的な佇まいの食堂を見つけました。


「クロネコ」


見た目と違って名前はとても可愛い♪
え?やってるの?
窓から中を見るとお爺さんがテレビを見ていました。


伊那市で見つけた昭和の食堂、「クロネコ」。

えっと、18時くらいに入ったかな。

ノスタルジック。こんな店が大好きです^ ^

どうしよう・・・。この感じ、ワクワクする!
さっきローメンを食べたばかりだからお腹はあんまり空いてないけど入ってみました。


店内の昭和感も凄まじい。

店内はこれまた昭和の食堂そのまま。
お爺さんが小さく「いらっしゃい」と。


温かいお茶で休憩♪

時を止めたかのような雰囲気。

何年前からやっているのだろうか。

席に座るとゆっくりとした動作でお茶を運んでくださいました。
メニューは壁に貼ってあり結構多い。


メニューは結構豊富です。

丼ものから麺もの、お酒もあります。

白飯はホワイトw

何にしようかと迷いましたが、腹6分目くらいだったので「玉子丼」だけを注文。
お爺さんが、「あー・・・玉子・・・丼だね。丼・・・蕎麦じゃなくてご飯の方だね?」って。
ゆっくり時間が流れる店だなぁ^ ^

お店はお爺さんとお婆さんで切り盛りされていました。
急いでるわけじゃないのでゆっくりで構いませんよって言って、その間にお店の中を見させていただきました。


黒の招き猫。

ほー・・・これはまた趣がある店だなぁ。
あ、黒の招き猫みっけ♪
やっぱ店の名前がクロネコだから置いてあるのかな。


こっちは目の大きな可愛い黒猫♪

箸入れにはクロネコの文字。

んー・・・黒猫飼ってるかと思ったけどそれはいないみたい。
年季のある石油ストーブとかもあって雰囲気が素晴らしい♪

で、お婆さんがこれまたゆっくりと玉子丼を運んでくれました。


玉子丼600円。

昭和を思い出す玉子丼です。

フタを開けると・・・お!結構美味しそう♪
何か学生時代、学校の食堂で食べた親子丼を思い出すなぁ。
食べてみると素朴な味で昔ながらの玉子丼って味でした。
うん♪雰囲気にも合っていてなかなか良い!


学食の玉子丼のような味ですね。

結構好きな味♪

たくあんも食べてお茶で一服。
ふー・・・ご馳走様。
お婆さんに600円を払い店を出ました。


屋根から雨が滴る。

歴史を感じる木造。

帰り際にお婆さんが、「どうもありがとう♪ありがとう♪」って^ ^
たまにこんな店を見つけると幸せな気分になりますね♪


雨の夕暮れ。なかなか合ってますね。

せっかくなのでクロネコがある伊那錦町のスナック街を少し撮影してみました。


付近の路地裏。雨にさらされる自転車。

人の気配が無い路地裏。

錦街は食べ物屋、スナックが並んでいます。

雨の撮影ってあんまり好きじゃないけど暗い雰囲気の路地裏とかは好き♪


スナック街が賑わうにはまだ少し早いかな。

雨にぬれる消火栓。

傘をさすのが面倒になったのでカメラと一緒にずぶ濡れで写真撮ってたらスナック(?)の女の人が笑ってました。
2016/06/25



住所:長野県伊那市伊那荒井通り町3391−1
営業時間: 昼 〜 20:00
定休日: 水曜



もどる。