大間崎 マグロ丼の旅へC





マグロ丼を食べ終え大間崎にある土産屋をのぞいてみる。
流石に大間だけあってマグロをメインとしたお土産が多いです。
マグロの置物、マグロキーホルダー、マグロの塩辛、マグロのとろ煮、
マグロTシャツ、マグロぬいぐるみ、などなど。
それと何故か貝殻のお土産品がよく目についた。


観光地なだけに土産屋も多いです。

マグロの他に貝殻が目立った。

土産屋を出てふらふら歩くと今度は屋台を発見。
近づいて見てみると、イカ焼きやらを販売している屋台らしい。
このイカ焼きがとても美味しそうなので買ってみました。
小が100円で大が200円。
正しくはイカ焼きではなく、「イカのぽんぽん焼き」と言うらしい。
これが食べてみるとやっぱり美味しい^ ^
甘口のタレがイカにぴったり。
さっきマグロ丼を食べたばかりなのにイカ焼き3本も買ってしまいました。


イカぽん。これは100円の小さいサイズ。美味い!

200円のは少し大きい。100円の2個買った方が得?

この屋台ではタコもまるごと一匹売ってました。
ちなみに1匹1500円です。
これはちょっと買いにくいね・・・。


飾りかと思ったらこれもちゃんとした売り物です。

仲間を見つけ大喜びのルカ様。

他の屋台も気になったので移動してみました。
もう一軒の方も売っているのは大体似たようなもの。
今度は300円のタコ足を買いました。
その場ですぐ焼いてくれるので熱々を食べることが出来るのが嬉しいですね。

風が強く寒そうにしてたら、
「店の中で食べたら?」
って言ってくださったので、お言葉に甘えて小屋の中へ。
お茶まで出していただけて感激です。


屋台はどこもこんな感じでした。

食べきりサイズのタコ足焼き。ひとつ300円です。

タコの美味しさを存分に楽しめました。

タコ足をかじりながらのんびりお茶を飲んでいたら外が大分暗くなってきました。
天気予報通りにそろそろ雨が降りそうな予感・・・。
本降りになる前にもう少し大間を楽しもうともう一度岬へ。

大間崎の案内所では本州最北端到着証明書を発行できるようなので記念に一枚貰いました。
200円で発行してもらえて、その日の日付がスタンプされます。


絵葉書のような台紙に日付が入ります。

案内所から出ると風もよりいっそう強くなりウミネコもざわつきはじめました。
「そろそろここから離れた方がいいな・・・」
大間崎に来て2時間弱。
もう少しゆっくりしたかったですが雨がどうしても心配だったので宿泊先の旅館へ向かうことにしました。



つづきDへ。


もどるBへ。



旅のトップへ。