大間崎 マグロ丼の旅へD





大間崎から歩くこと30分ちょっと、今度は大間の港町にやってきました。
今日はこの大間町で泊まることにしてあります。
宿泊先の旅館は、「あべ旅館」。
チェックインの時間よりも少し早く旅館に到着してしまいましたが
旅館の方が気を使って中に入れてくださいました。


宿泊先の「あべ旅館」に到着。

旅館というより民宿って感じだね。

綺麗で静かで落ち着く。

この、あべ旅館は館内に無線LANが完備されているのでパソコンがあればネットが使いたい放題です。
これはかなりありがたいね。
一日でもネットが出来ないとストレス溜まるボクみたいな人間にはオススメの旅館です。

とりあえず荷物を部屋に置いて外を歩いてみました。
港町って騒がしいイメージがありましたが大間の港町はとても静かです。
歩いているとやっぱり大間マグロの看板やらお店やらをよく見かけました。
夕食はこの大間の港町でまたマグロ丼を食べようと決めています。


とにかくマグロ関係の店や看板がたくさんあります。

ここで雨が降り出したので急いで旅館に戻りました。
夕食を食べに行くにはまだ早かったのでTVとネットでも見ながら時間をつぶしました。

そしたら旅の疲れからか気がつかないうちに寝てしまっていたらしく夕方6時を回っていました。
「マグロ丼食いに行くか!」
っと、旅館を出て事前に調べていたマグロ丼のお店へ。
お店の名前は「長宝丸」。
まだ新しいお店ですが、既にかなりの人気店のようです。


お店の前に巨大なマグロの置物があります。

せっかくなんでここでも記念撮影。

結構混雑してましたが、ちょうどボクが入ろうとした時に空いてきてラッキー。
席についてこのお店の人気メニュー、「まぐろづくし丼」を注文しました。


長宝丸は店長のマグロ漁船の名前みたいです。

他のメニューもあるが、やっぱりここはマグロ丼で。

醤油は甘口、濃口がある。オススメは甘口らしい。

ご飯が見えないくらいにマグロがびっしり!

左から、赤身、中トロ、大トロ。これぞ本物のマグロ丼!

大トロの刺身が美しすぎる。そして感動的に美味い!

まぐろづくし丼には、赤身、中トロ、大トロが全部入っているのでこれだけで
マグロの味をすべて楽しめます^ ^
醤油は甘口がオススメとの事だったので大トロに少しつけて食べてみました。

「・・・・・・・・・!!」

言葉を失う。
美味い・・・。
美味すぎる・・・。

大トロって初めて食べましたが本当に口の中でとろけてしまうんですね。
かつて食い物でここまで感動した事はあっただろうか。
赤身と中トロも大トロに負けないくらいにそれぞれしっかりとした旨みがある。
ただ、ただ素直に舌が美味しいと感じました。
夕食にここのマグロ丼を選んで良かった。
この味はきっといつまでも忘れないだろうな。




つづきEへ。


もどるCへ。



旅のトップへ。