築地 (京都市河原町のあまりにも美しすぎるレトロな喫茶店)





京都の河原町でレトロ喫茶巡りをしました。
その中のひとつ、レトロ喫茶好きの女子の間でも人気の「築地」へお邪魔しました^ ^
お店の場所は事前に地図で調べていたのですがお店が見つからずやや迷う・・・。
開店と同時に入りたかったので焦りましたが、到着したときちょうど開店したみたいで安心しました♪


開店時間に間に合ってよかったです。

いざ、お店の中へ。

中世ヨーロッパの城内を思わせる店内です。

店内に入るとその圧倒的なレトロ感にただただ驚かされます。
中世ヨーロッパを感じさせる雰囲気。
装飾品の美しさに感動し目頭が熱くなるくらい・・・。
普通ならすぐに写真を撮りたがるのですが、この時ばかりはカメラに手が動きませんでした。


アンティークな椅子とテーブル。

照明ひとつが芸術品。

やさしい照明を受けるブロンズ像の存在感が素晴らしい!

っと、喫茶店なのでまずは注文注文!


お水を飲んでまずは落ち着こう・・・。

珈琲にしようと思いましたが、ここに来るまでに別店舗で珈琲を飲んでいたので紅茶にしました。


ウイスキー紅茶。結構好きです^ ^

注文したのはウイスキーの入った、「ウイスキー紅茶」です^ ^
どこぞの提督は紅茶にブランデーを入れますが、ボクはウイスキーを入れるのが好きです♪


ティーカップも美しいですね^ ^

紅茶とウイスキーの香りが心地良い♪

ほんのりウイスキーの香り♪
紅茶の香りと混ざりウットリです。


角砂糖とレモンはお好みで♪

この椅子に座るのは少々緊張してしまうね・・・。

気分は上流階級。気分だけでもいいんじゃない?^ ^;

角砂糖とレモンも付いています。
角砂糖はそのまま入れて、レモンはウイスキーの風味を消さないようにサッとくぐらせるだけ。
お店の雰囲気も合わさってとっても美味しかったです^ ^


店内照明は上品に優しい。

こんな照明が似合う部屋に住みたいなぁ。

古風な時計もいっぱい飾られていました。

妖しい魅力を出すブロンズ像。

2階もあって気になったのですが勝手に上がるのは失礼だと思い止めておきました。


2階はどうなっているのだろうか。

美しい女性が彫られたレリーフ。

物言わぬ甲冑の戦士像。

ブロンズ像、ランプ、テーブル、レリーフ、食器などなど、ひとつひとつを目で楽しませていただきました。


落とさないように気をつけよう。高いんだろうなぁ。。。

多分、読むことは出来ません。勝手に触らないように注意!

その美しさにため息が出てしまいますよ^ ^

築地、本当に良い喫茶店に出会えて嬉しいです。


夢のようなひと時でした♪

また絶対に行きたい。

京都に来たら是非この築地へ行ってみてください。
女性お一人のお客さんも結構いらっしゃったのでお一人でも安心ですよ^ ^
お店の方もとても丁寧で親切なので何か分からない事があれば気軽に聞けると思います。
2016/01/09



住所:京都府京都市中京区河原町四条上ル東入ル
営業時間: 11:00 〜 23:00
定休日: 無休



もどる。