ショートコースです。
この夏は、気合いが入っていないと熱中症になります。
今回「二之瀬越」を計画しましたが、もうひとつ峠を絡めても良いと思われます。しかし、連日「猛暑で死者続出」の報にビビリ、小さな周回コースにしました。
AM . 6:20
広瀬橋南詰め信号横駐車場出発。
R56を南下、養老公園前を通過し、
「南濃北勢線」R25出合い交差点まで、体調作りをしながらゆっくり走ります。緩いアップダウンの直線道路なのでウォームアップには丁度良いのですが、大型車が多く落ち着きません。
AM . 7:00 R25(南濃北勢線)出合い着。
R25の起点である [0km]と「二の瀬」の看板が立っています。正面には養老山地の稜線が見られ、いい感じです。
ところで、こうして我がケストレルを見てみると、恐ろしく「ヤボ」に見えます。
メスバチ曰く「ホームレス仕様」だそうで、ありとあらゆるものを自転車にくくりつけています。
スーパーバッグなどのビニール類が増えれば、私の風体が倍強させ、流行の「チョイワル」ホームレスに見えることでしょう? 今日は前回ダメにしたタイヤが間に合わず、ツギハギだらけで訳が分かりません。
「ちゃんとしたロードバイク」欲しいっす!
道は徳田谷をゆっくりした角度で登っていきます。
ロードバイクにはほど良い角度だと思いますが、私には絶えず「頑張り」が必要です。
ねっ! 良い感じでしょ!!

R25は上に行くに従い小さなコーナーが連続するようになります。
徳田谷の写真を撮っていると、前方からロードバイクが二台降りてきました。
私のような「物見遊山」ではなく、どうもトレーニングのようです。
アッという間に通り過ぎ、かなり下の方からまた登って来ます。
私も登り始めたのですが、峠が見えた所で追いつかれてしまいました。
私の二倍以上のスピードです。どうして私はこんなに遅いのでしょう?

AM . 7:55 岐阜・三重県境着。 (410m)
ともかく峠に到着してホッとしました。
6.4km=1時間弱の登りです。大したことはありません。峠は養老山や多度山の登山口になっており、駐車場やトイレなどがある「庭田山頂公園」になっています。MTBでも楽しめそう?です。まだ時間が早く暑くないので、公園でゆっくり休憩しました。
さて、二之瀬越の三重県側ダウンヒルですが、こちらは岐阜県側とは違い、傾斜は緩く単調なものです。やはり岐阜県側ダウンヒルの為、また来なければなりません。

途中お猿さんとすれ違いました。

 峠を下りきってからは山里の集落を結ぶ県道をたどり、
中里ダムを通り過ぎたところでR365へ合流します。
今まで交通量が少なく静かな走りでしたが、さすがに国道は違います。
前回の「梅谷越」から、バーエンドにバックミラーを付けました。小さな視界ですが、
有ると無しとでは「オオチガイ」です。
途中「多良峡」を眺め、
AM. 10:10 広瀬橋(スタート地点)帰着。

総走行距離ー50km

- cycling 2007 top -

Ads by TOK2