過眼日録抄[2001/2]

早春展墓おかめひょっとこ人殺し 金子兜太

2001/2/1(木)

岡井隆;1999/3;詩歌の近代;

日本の50年 日本の200年;岩波書店;¥2,300;四六判;縦組;上製;227頁;△;

気づいた誤植の類。

  • 39頁3行目、行末の「痼」字へのルビ「しこり」の「り」が次行に泣き別れてゐるのは如何にも拙。
  • 91頁海遠く未だ帰らぬ夢のうちに相見泣きつつ覚めて静けし(『山下水』土屋文明)の「相」字へのルビ「あ」は、「あ」とあるべき(2行まへには正しくある)。
  • 169頁、室生犀星「夜までは」の引用。作者名が(他の引用のように)題名の下ではなく、詩の第1行目の下にずれてゐる。
  • 山田耕(p.201.) この人のばあひは、「山田耕」とあるべきでは。

2001/2/2(金)

MANGA EROTICS f 2001 vol.1;2001/2;

太田出版;¥700;B5判;平綴;△;

ひとつひとつの作品はそれなりにレヴェルが高いと思ふのだけれど、かくまとまつたときに生まれる展望のやうなものがない感じ(つづく)。

荒俣宏(監修);1994/12→2000/10;知識人99人の死に方;

角川ソフィア文庫266・角川文庫11714;角川書店;¥648(借覧);文庫判;縦組;並製;319頁;△;加筆、訂正し文庫化

享年にことごとく「歳」がついてゐるけれど、不用。

週刊少年ジャンプ No.8;2001/2;

集英社;¥210(いただきもの);B5判;平綴;△;

[CD]LOVE PSYCHEDELICO;2001/1;THE GRERATEST HITS;

ビクターエンタテインメント;¥2,900(レンタル);46:11;△;

[マキシシングル]AJICO;2001/1;美しいこと;

ビクターエンタテインメント;¥1,200(レンタル);14:37;△;

2001/2/3(土)

矢部史郎・山の手緑;2001/1;無産大衆神髄;

;河出書房新社;¥1,600(1割引);四六判;縦組;仮装;224頁;△+;

朔ユキ蔵;2001/2;チマタのオマタ;

WANI MAGAZINE COMICS 425;ワニマガジン社;¥505;B6判;;並製;190頁;△;

(前日のつづき)そして、実用度の低いエロマンガとは何か、といふこと。

しりあがり寿;2001/2;弥次喜多 in DEEP(5);

ビームコミックス・アスペクトコミックス;エンターブレイン;¥1,000;A5判;;並製;197頁;△;

すげえ。この人の頭ンなかはどうなつてるんだらう。

しりあがり寿;2000/12;方舟;

;太田出版;¥1,200(¥700);A5判;;並製;177頁;△;

2001/2/4(日)

吉本隆明;2000/6;写生の物語;

;講談社;¥2,200(借覧);四六判;縦組;上製;258頁;―;

古賀亮一;1998/10;ゲノム;

COLORFUL COMICS kids;ビブロス;¥848;A5判;;並製;173頁;△;

有間しのぶ;2000/9;モンキー・パトロール;

FC GOLD;祥伝社;¥667;A5判;;並製;111頁;△;

紫堂恭子;1996/12;辺境警備◆星が生まれた谷;

ASUKA COMICS DX;角川書店;¥505(¥300);B6判;;並製;195頁;△;

志村貴子;1998/8;敷居の住人(1);

ASPECT COMIX;アスペクト;¥620(¥350);B6判;;並製;195頁;△;

まだ導入にとどまる感じ。

枡野浩一;2000/11;かんたん短歌の作り方 (マスノ短歌教を信じますの?);

;筑摩書房;¥1,300(¥900);四六判;縦組;上製;253頁;△+;

著メロはモー娘。にかへといたはずなのになぜか鳴つてる「闇に降る雨」

だー。短歌を作らなくても元気に生きていける人は、短歌を作らないでほしいと思います。(p.248.)といふのはすごく正しい。この本は短歌のみにとどまらず、表現の基本といふものについて丁寧に説いてあつてよいと思ふ。←ほめているあなたのほうが讃められている私よりえらいのかしら(枡野浩一)

岡崎京子;1989/11;バージン;

カワデ・パーソナル・コミックス23;河出書房新社;¥854(¥100);B6判;;並製;175頁;△;岡崎[1985]の改装版(あとがきを差替へ、2作を追加)

小田嶋隆;1995/4;罵詈罵詈 11人の説教強盗へ;

;洋泉社;¥1,300(¥100);B6判;縦組;並製;248頁;△;

2001/2/5(月)

週刊少年ジャンプ No.9;2001/2;

集英社;¥210(いただきもの);B5判;平綴;△;

尾玉なみえ「純情パイン」が聯載終了。非常に残念です。

中丸明;1997/2=2000/11;絵画で読む聖書;

新潮文庫;新潮社;¥743(1割引);文庫判;縦組(「聖人列伝抄」は縦2段組);並製;571頁;△;

宮台真司;2000/4;自由な新世紀・不自由なあなた;

ダ・ヴィンチブックス;メディアファクトリー;¥1,700(借覧);四六判;縦組;上製;340頁;△;

宮台真司;2000/9;援交から革命へ 多面的解説集;

;ワニブックス;¥1,500(借覧);四六判;縦組;並製;334頁;△;

この本の表紙とか、『サイゾー』誌の宮崎哲弥との聯載対談「M2」とか見てると、宮台氏のかほがどんどん悪相になつてるやうな気がしてならない。パートナーのひとは、あたしくらいの女の子が(p.135.)とかサバよんでるばあひぢやないですよ。どうでもいいけど。

漫画ホットミルク 3月号;2001/3;

コアマガジン;¥838;B5判;平綴;△;

今号にて休刊。「コミックジャンキーズ」はどうなるんでせうか。多分「メガキューブ」といふ新雑誌のはうにはひきつがれないんぢやないかなー。心配。

2001/2/6(火)

佐野真一;1981/12→1984/5;性の王国;

文春文庫;文藝春秋;¥400(¥100);文庫判;縦組;並製;361頁;△;

本書には、「買春ツアーの構造」「トルコ村の社会学」「セプテンバー・セックス」「コンドームの昭和史」の4篇のルポルタージュををさめる。どれも面白いけれど、なかでも高齢者の性をあつかつた「セプテンバー・セックス」の章は鬼気迫るものがある。こんなのはカマトトぶつたダブル・スタンダードに過ぎないのだらうけれど。現在、『ニッポン発情狂時代』と改題して、ちくま文庫に所収。

2001/2/7(水)

加藤典洋;2000/3;日本人の自画像;

日本の50年 日本の200年;岩波書店;¥2,800(借覧);四六判;縦組;上製;319頁;△;

題名だけ見ると絵画史の本のやうだけれど、さうではなくて徂徠、宣長、福沢諭吉、柳田国男、小林秀雄、吉本隆明等の言説から日本人が自分たちの同一性についてどう考へてきたか、どう考へるべきかを論じたもの。さう悪くないと思ふ。

日垣隆他;2000/12;サイエンス・サイトーク ウソの科学 騙しの技術;

新潮OH!文庫060;新潮社;¥543(15%引);文庫判;縦組;並製;209頁;△;

2001/2/8(木)

宮村治雄;2001/1;丸山真男『日本の思想』精読;

岩波現代文庫[学術42];岩波書店;¥1,100(1割引);文庫判;縦組;並製;224頁;△-;

徂徠という思想家が、その「中華崇拝」を咎められ、国体論者から江戸の思想家の中で最も否定的な評価を受けていた人物であったことは、この際注目しておく必要があるでしょう。(ちなみに、戦前の「権威」ある日本思想史の評価基準が、歴史上の人物に対する「贈位」という形で表明されていたことを丸山は、後年、見事に思想史的分析の対象としていますが、その中で徂徠および徂徠学派の「贈位」が国体論者からのいかに強い抵抗と拒否に曝されたかが詳細に明らかにされています)。[←この句点のつけかたは変だと思ふ、引用者](p.22.)

ふーん。私も東洋思想には結構興味があるはうだけれど、全然知らなかつた。しかし買うてまで読むこともなかつたなー、この本。(つづく)

週刊ヤングサンデー No.10;2001/2;

小学館;¥238;B5判;中綴;△;

表紙と中央グラビア、眞鍋かをり(撮影、西田幸樹)。しかし、そのグラビアページをめくると突然、ホープの男。赤井英和なのはきつ過ぎッす。

加地伸行・小浜逸郎・佐伯啓思・西部邁ほか;2001/2;この思想家のどこを読むのか福沢諭吉から丸山真男まで;

新書y025;洋泉社;¥790(1割引);新書判;縦組;並製;243頁;△;

(つづき)で、加地氏によると、丸山真男は中国古典学知らずなんだつて。加藤尚武は丸山真男のヨーロッパ認識は、「高校秀才なみ」(p.235.)と言うてるさうだし。

気づいた誤植はつぎの2つ。

  • 誤)『無といふ事』(p.128.)→正)無常。
  • 誤)儒学者佐藤一(p.184.)→正)斎(齋)。

2001/2/9(金)

福田和也;2001/1;乃木坂血風録 人でなし稼業;

;新潮社;¥1,600;四六判;縦組;並製;300頁;△;

今日の社会的関心。

みこすり半劇場 巨乳ちゃん 3月号;2001/3;

ぶんか社;¥352;B5判;中綴;△;

ヲーリーが表紙の雑誌をなるべく買ふやうにしてゐるのは、ひとつには、自分がマンガよみとしては青年誌への目配りが足りなかつたことへの反省もあつてのことなのだけれど、あまりこれといつた作品には出くはさなかつた。本誌も(これは青年誌ではないけれど)、いまひとつ。といふか、読者の「悦点」(リリー・フランキー)を低く見すぎ。つふか、見くびりすぎ。

2001/2/10(土)

リリー・フランキー;1998/1→2000/10;女子の生きざま;

新潮OH!文庫016;新潮社;¥543(1割引);文庫判;縦組;並製;183頁;△;

月刊少年エース3月号増刊エース桃組 vol.2;2001/3;

角川書店;¥476;B5判;平綴;△;

なんともくそだるいところに、こんな「萌え」マンガの集成をよんでると、脳味噌とけさうだ。兇悪なのは、平野耕太「進めば?」で、本作は一見「萌え」マンガに批評的であるがゆゑに、かへつて本集を補完してしまつてゐる。勿論それを「否定しさる野蛮な情熱」(←うろおぼえ、宮本顕治)など僕は持ちあはせてゐないけれど。

2001/2/11(日)

江守賢治;1994/3;筆順の解明;

;日本習字普及協会;¥1,553(借覧);A5判;縦2段組;並製;127頁;△;

石川九楊;1999/8;書に通ず;

新潮選書;新潮社;¥1,200(借覧);四六判;縦組;並製;271頁;△+;

前田富祺・国語文字史研究会編;1996/6;国語文字史の研究 三;

;和泉書院;(借覧);A5判;縦組;上製;383頁;;

2001/2/12(月)

山口仲美;1981/2(初版)・1984/5(再版);平安時代の文体の研究;

;明治書院;¥8,800(借覧);A5判;縦組;上製;566頁;;

御夫婦だつたンすねぇ(←感心するところがちがふ)。

2001/2/13(火)

COMICバズーカ 2月号;2001/2;

辰巳出版;¥314(ひろひもの);B5判;中綴;△;

なんか悩みとか無ささうだなあ。

週刊少年ジャンプ No.10 2月19日号;2001/2;

集英社;¥210(いただきもの);B5判;平綴;△;

望月峯太郎;1995/3・1995/7・1996/5・1996/12・1997/8・1998/4;ドラゴンヘッド(1)-(5),(7);

ヤンマガKCスペシャル519・549・597・638・680・731;講談社;¥515(1-4)・¥514(5,7)(各¥100);B6判;;並製;220・218・239・218・230・222頁;△+;

足立倫行;1992/4→1995/12;アダルトな人びと;

講談社文庫;講談社;¥524(¥100);文庫判;縦組;並製;307頁;△;

村西とおる、代々木忠、V&Rとネタになりやすいところばかりの平均点的ルポ、といふ感じ(AV女優、男優その他へのインタビューもあり)。

2001/2/14(水)

しつかし私も既成事実づくりのためといふか、豫定調和的といふか、つまらん読書してるよなー。などといひつつも、来月の文庫・マンガの購入豫定など。

2001年3月購入豫定
発売日著者名書名文庫・コミックス名本体豫価
2/28榎戸洋司フリクリ(3)角川スニーカー文庫500
1新井理恵タカハシくん優柔不断(2)カドカワドラゴンコミックス900
2うすた京介うすた京介短編集ジャンプコミックス390
5入江紀子天然カール白泉社レディースコミックス457
9日垣隆情報系 これがニュースだ文春文庫638
9嶽本野ばらそれいぬ正しい乙女になるために文春文庫PLUS467
10日垣隆サイエンス・サイトーク いのちを守る科学新潮OH!文庫未定
10宮崎哲弥正義の見方新潮OH!文庫未定
19諏訪緑諸葛孔明 時の地平線(2) ヒロイック・レジェンドプチフラワービッグコミックス505
29川原泉ブレーメンII(2)ジェッツコミックス600
30高橋しん最終兵器彼女(4)ビッグコミックス(スピリッツ)505

別冊宝島47 柳田国男から山崎正和まで 保守反動思想家に学ぶ本;1985/6;

JICC出版局;¥980(¥300);A5判;平綴;△;

西村しのぶ;1998/8;ライン(1);

KC Kiss・ワイドKC 367;講談社;¥695(¥200);A5判;;並製;161頁;△+;

なぜかさきに読んでしまうてゐる2巻の感想はこちら。しかし、実際みぢかにこんなタラシがゐたらたまらんだらうな。

南Q太;1999/1;ゆらゆら;

Wonderland COMICS;宝島社;¥857(¥300);A5判;;並製;185頁;△;

馬渕和夫;1999/1;古代日本語の姿;

;武蔵野書院;¥22,000(借覧);A5判;縦組・横組;上製;808頁;;

2001/2/15(木)

森高夕次(作)・あきやまひでき(画);2001/3;おさなづま(7);

ACTION COMICS;双葉社;¥552;B6判;;並製;208頁;△;

入江紀子;2001/2;ネガポジ(3);

講談社コミックスキス325;講談社;¥390;新書判;;並製;183頁;△;

レディ・コミの社会的機能からすると、(想定される)読者はリコに移入してよむんだと思ふのだけれど、私はダメだ、気持悪い。

石川九楊;1995/9→2000/11;書字ノススメ;

新潮文庫;新潮社;¥552(¥350);文庫判;縦組;並製;349頁;△;

警世の書。俗流保守言論(売文)人とはちがうて、著者は本気だ。でも、案外世の中このまま続くもんだと私は思ふ。

このほか、以下の雑誌を購入。

  • 『Z-kan』Vol.4(増進会出版社、¥800[1割引]、B5平) 今号で休刊、しやーねえなあ。
  • 『広告批評』246号(マドラ出版、¥724[1割引]、A5平)
  • 『電撃王』3月号(メディアワークス、¥562、A4中) 部数は落ちてないですか?
  • 『アニメージュ』3月号(徳間書店、¥562[1割引]、A4変平) アニメグランプリ投票の季節です、私は去年まともに見てたのはCGさくら(再)ぐらゐなので何とも……
  • 『月刊井川遥』(新潮社、¥667、A4中) 重点研究領域「ポスト広末期におけるグラビアアイドルの表象文化論的研究」資料(謎)。

2001/2/16(金)

月刊メロディ 3月号;2001/3;

白泉社;¥381;B5判;平綴;△;

青池保子「修道士ファルコ」は手堅く面白いなあ。今号は新人の2作(武壱史穂「夢の栖」・及川七生「宵闇初戀綺譚」)も載つてゐて、どちらもまあまあ。雁須磨子「どいつもこいつも」は、今回もよろしうございました。人との距離つてむつかしいンすよね。

亀井秀雄;2000/3;明治文学史;

岩波テキストブックス;岩波書店;¥2,200(借覧);A5判;縦組;並製;254頁;△;

故前田愛のお名前は「まへだよしみ」とおよみするンすね(p.21.)、私はてつきり前田亜季のお姉さんと同じよみかただと思うてました(手持ちの加藤秀俊との対談『明治メディア考』(中公文庫)の著者紹介もさうだし)。〓{宀/((白/方)|攵)}ゴキヤク(p.86.)とあるのは、普通、「五竅(ゴケウ)」といふのと同じことばだと思ふのだけれど、原文かうなのかなぁ。

この本、研究書としては面白いと思ふのだけれど、これで明治文学史を学ばうとするには難があるだらう。

2001/2/17(土)

けふよんだ5冊は全部△をつけたけれど、△+でもいいかもしれません。

小栗左多里;1998/8;おねがい神様;

ヤングユーコミックス コーラスシリーズ;集英社;¥505(¥300);B6判;;並製;197頁;△;

一條裕子;1997/5;末広町35番地;

MAG COMICS;マガジンハウス;¥850(¥500);A5判;;並製;171頁;△;

関川夏央;2000/6;司馬遼太郎の「かたち」―「この国のかたち」の十年;

;文藝春秋;¥1,333(借覧);四六判;縦組;上製;262頁;△;

なんだか辛どい死にかたをしてるなあ。

雁須磨子;2000/6;SWAYIN'IN THE AIR;

バーズコミックスデラックス;ソニー・マガジンズ;¥620(¥350);A5判;;並製;182頁;△;

かわかみじゅんこ;2000/6;ネオンテトラ;

;飛鳥新社;¥981(¥550);A5判;;並製;187頁;△;

面白いけれど、この作者にしてはえらく普通のマンガだなあ、これ(こなひだのキュー・コミでは相不変「空所」のおほいのを描いてたけど)。

2001/2/18(日)

吉本隆明;1982/4→1986/1;空虚としての主題;

福武文庫;福武書店;¥450(¥100);文庫判;縦組;並製;281頁;―;

なんか打率低さう。

土屋道雄;1989/8;福田恆存と戦後の時代保守の精神とは何か;

教文選書;日本教文社;¥1,600(借覧);四六版;縦組;上製;276頁;△;

悪くはないけれど、祖述の域を出ない感じ。

吉野朔実;2001/3;ジュリエットの卵(3);

小学館文庫;小学館;¥562;文庫判;;並製;314頁;△;

正直、あんまり読後感はよくない。とても巻末エッセイの筆者のやうに共振することはできなくて、なんだか「病者の光学」といふことばを思ひ出す。どうして僕(ら)は、野放図に健康な自分をすなほに肯定しないで、現代人はみな病んでゐるなどと口走るのだらうか。

2001/2/19(月)

「Quick Japan」編集部;2001/2;前略 椎名林檎様;

;太田出版;¥800;四六判変型;縦組(第二章は縦4段組);並製;159頁;△;

小林恭二;1988/6→1999/10;実用青春俳句講座;

ちくま文庫;筑摩書房;¥680(¥400);文庫判;縦組;並製;260頁;△;

週刊少年ジャンプ No.11 2月26日号;2001/2;

集英社;¥210(いただきもの);B5判;平綴;△;

面白いンすけれど、どうも突出したものに缺ける気がする。ほったゆみ・小畑健「ヒカルの碁」が頭ひとつ出てる感じ? でも、やつぱりそろそろ碁の内容に本格的に触れなくつていいのか、といふ気はする。河下水希「りりむキッス」はあざといなあ(次項につづく)。

CLAMP;2001/2;ちょびっツ(1);

デラックスKC-1383;講談社;¥505;B6判;;並製;182頁;△+;

(承前)あッざといなぁ、これ。過剰にセクシャルなのに(裸(に限りなく近い)エプロンだつたり、顔面にトロ‥とした粘液がかかつたり)それを全く自覚してゐないかはいい女の子により、精神も肉体も健全な男の子がふりまはされるといふ説話論的な構造を同じくする両作に、マンガもいまだフェミニズムが経過してゐない領域なのかとの感を深くしながらも、うまうまとはまつてしまふ私はどうしやうもない。

アスキームック On Visual No.4 周防玲子;2000/11;

アスキー;¥743;A4判;平綴;△;

研究(謎)続行中。しかし、そんな話にきいてゐたほどむっちりではないッすね(コンディションの問題か)。ていふか、まだ顔立ちとか穉なくて、私はちよつと。

井上史雄;1999/5;敬語はこわくない最新用例と基礎知識;

講談社現代新書1450;講談社;¥660(1割引);新書判;縦組;並製;210頁;△;

いその・えいたろう;1998/9;性女伝;

徳間文庫;徳間書店;¥533(¥200);文庫判;縦組;並製;316頁;△;

やつぱり蛇の道は蛇(足立[1992]とくらべて)。

2001/2/20(火)

岡田英弘;2001/2;歴史とはなにか;

文春新書155;文藝春秋;¥690(1割引);新書判;縦組;並製;222頁;△;

著者のこれまでの著作と比して、さほど目新しいことはないし、またその言ふところもすべては肯ひかねるけれども、脳味噌をシャッフルする力はたしかにある。

2001/2/21(水)

樋口橘;2001/2;MとNの肖像(2);

花とゆめCOMICS;白泉社;¥390;新書判;;並製;188頁;△+;

けふは新刊が3冊もよめてうれしい。樋口橘は、進境著しい。

小栗左多里;2001/2;まじょてん(2);

ヤングユーコミックス コーラスシリーズ ワイド版;集英社;¥838;A5判;;並製;182頁;△+;

帯で桜沢エリカがはっきり言ってへんてこな漫画です。でも、大人のための夢と勇気が詰まっています。といふのが正鵠を得てゐる(そして、枡野浩一の推薦文はちよつとどうかと思ふ)。

鴨居まさね;2001/2;SWEETデリバリー(5);

ヤングユーコミックス;集英社;¥505;B6判;;並製;191頁;△+;

文句なし。

2001/2/22(木)

丹生谷貴志;2001/1;家事と城砦;

;河出書房新社;¥2,500(1割引);四六判;縦組;上製;215頁;△;

寺山修司;1965/11→1993/5;戦後詩ユリシーズの不在;

ちくま文庫;筑摩書房;¥540(¥250);文庫判;縦組;並製;253頁;△;

私には、この才気あふれた〈日録〉が彼らのナルチシズム以外の何によって長々と連載されているのかわからない。自分たちの美しい日々の忘備のためなら、それを「読ませる」のはわがままというものであり、自分たちの生活ぶりを見て楽しんでくれと誇示しているならば内容が凡庸である。(p.139.、詩誌「凶区」について)

[CDアルバム]モーニング娘。;2001/1;ベスト! モーニング娘。1;

zetima・ソニーミュージックエンタテインメント;¥3,059(レンタル);70:22;△+;

さういへば、モー娘。の曲をちやんとCDで聴くのつてはじめてだけれど、すばらしい。(←日本の亜インテリにありがちなポピュリズム丸山眞男)ですか?)

ところで、むかし分析哲学の練習問題として、自動車を何度も修理して部品を次第に交換していつて、もともとのパーツがまるでなくなつてしまうたときに、それは同じ自動車といへるのかどうか、もし言へぬとすれば、それはどの時点からか、といふものがあつたのを思ひ出しました。どうなんでせうか。

友沢ミミヨ;1995/5;いもほり;

;青林堂;¥951(¥200);A5判;;並製;174頁;△;

フェミニニティの深淵(えらいサンドウィッチ排列になつてしまうた)。

[マキシシングル]ミニモニ。;2001/1;ミニモニ。ジャンケンぴょん!/春夏秋冬だいすっき!;

zetima・ソニーミュージックエンタテインメント;¥1,020(レンタル);15:44;△+;

[マキシシングル]Cocco;2001/2;羽根〜lay down my arms〜;

ビクターエンタテインメント;¥1,200(レンタル);13:08;△;

谷沢永一;1999/9;人間通になる読書術・実践編;

PHP新書087;PHP研究所;¥657(¥150);新書判;縦組;262頁;△;

樋口覚;2000/11;富士曼陀羅三島由紀夫と武田泰淳;

五柳叢書67;五柳書院;¥2,500(借覧);四六判;縦組;上製;373頁;△-;

[CDアルバム]AJICO;2001/2;深緑;

ビクターエンタテインメント;(レンタル);65:28;△;

2001/2/23(金)

姫野カオルコ;1997/11→2000/11;みんな、どうして結婚してゆくのだろう;

集英社文庫;集英社;¥495(¥100);文庫判;縦組;並製;242頁;△;

柄谷行人(編著);2000/1;可能なるコニュニズム;

;太田出版;¥1,600(借覧);四六判;縦1,2段組;上製;285頁;△;

まぁ、頑張つてください、としか言ひやうがない。

むかし、近畿大学の渡部直己ゼミのかたと一遍だけ話したことがあつて、そのとき、トランスクリティークつて何言つてんだか分ります? と訊いたら、分らん分らん、と言はれたのを思ひ出しました。

内野光子;1988/10;短歌と天皇制;

;風媒社;¥2,900(借覧);A5判;縦組;上製;260頁;△;

サイゾー 3月号;2001/3;

インフォバーン(発行)・電波通信社(発売);¥657;A4判;中綴;△+;

面白いのだけれど、なんだか世を拗ね者の雑誌、といふ感がないではない。

2001/2/24(土)

so-netのはうから、無署名無内容で、OFADMNOF.EXEといふファイルが添附されたメールがとどいたのですが、これあ何なんですかね。存じ寄りのかたはお知らせくださいまし。

「Hybris」といふウィルス・メールの由。ネットワーカー失格。 [2001/3/1]

野口武彦;1991/2→1999/5;江戸の兵学思想;

中公文庫;中央公論新社;¥952(1割引);文庫判;縦組;並製;395頁;△;

いつものやうに大まかな読書しかしてゐないので、なんとも言ひがたいが、どうもいまひとつ読みにくい感じ。といふのは、

  1. 表題のとほりの「江戸の兵学思想」の消長
  2. 孫子の評釈
  3. 戦国時代の合戦の評価
  4. 世界的な軍事理論(といふかクラウゼヴィッツの戦争論)との関連

の4つが雑糅してゐるせゐぢやなからうか(素材的にしやうがないところはあるだらうけれど。特に4つ目がうるさい感じ)。あと、本書でも徂徠(孫子国字解や録)が随分フレームアップされてゐるなあ。どうなんだらうか。

2001/2/25(日)

週刊少年ジャンプ No.12 3月5日号;2001/3;

集英社;¥219(いただきもの);B5判;平綴;△;

2001/2/26(月)

四方田犬彦;2000/10;けだものと私;

;淡交社;¥1,600(借覧);四六判;縦組;並製;286頁;△;

美的生活。或は、ミクロ・ポリティークちんけな政治

きら;2001/2;まっすぐにいこう。(21);

マーガレットコミックス3343♦;集英社;¥390;新書判;;並製;170頁;△;

漫画ばんかいち 3月号;2001/3;

コアマガジン;¥324;B5判;中綴;△;

コンビニ売りエロマンガ誌の研究・第1回(謎)。この雑誌は結構高踏系だつた印象があつたのだけれど、ひさびさに読んでみると、それはサブ・カル系コラムによるものだつたらしく、中身は普通だつた。悪くはないけれど、飽き足らない感じ。もつと突出したものを望みたい。(←それなら、コンビニ売り=非「成人向け」のをわざわざ読むんぢやない。一度刪定したにも不拘、近頃また「私語り」はひつてきてるなー。ヤバイヤバイ。)

2001/2/27(火)

キューティーコミック 4月号;2001/3;

宝島社;¥562;B5判;平綴;△;

そろそろ買ふのやめようかなぁ、と思ひつつ購入したところ、今号はなかなかよかつた。特に、藤末さくら「明日は、ときに優しい」、コダマユキ「満員電車のススメ」の2篇。羽海野チカ「ハチミツとクローバー」は、今回も大変面白うございました。次号は初(!)巻頭カラーの由。

[マキシシングル]タンポポ;2001/2;恋をしちゃいました!;

zetima・ソニーミュージックエンタテインメント;¥971(レンタル);13:36;△+;

表題曲は、乙女チック路線を驀進。まゐりました。

[マキシシングル]aiko;2001/2;初恋;

ポニーキャニオン;¥1,200(レンタル);19:43;△;

2001/2/28(水)

木下正俊;2000/7;万葉集論考;

;臨川書店;(借覧);A5判;縦組;上製;370頁;;

篤実な本文校定研究。高級な友情。

30頁にわたる「私の万葉集研究半世紀并せて後書き」を面白く読む。

 その年昭和二十九年の暮れ、九州の養父が死んだ。脳卒中である。嘆く養母の顔を見れば、学を廃すべきかとも思ったが、その兄で近くの病院長を勤める伯父が「あとは心配せんでよい。あんたは勉強をしなさい」と言ってくれたのを力にまた京都に戻った。なおも養母が哀れで、いかにすべきか相談しに宇多野の真西歩いて十分の鳴滝常楽院に一人住まいしておられる小島憲之先生を訪うた。「私は果たして物になるでしょうか」。日頃優しい先生が一喝された。「なるかならぬか、知るものか。四十歳までは死に物狂いで勉強せい」。先生に怒鳴られたのは天にも地にもこの時だけである。(pp.343-4.、強調は引用者)

Ads by TOK2