豚の戰爭 [2003-10]

今月のことば

ごく普通の人々が高度な文学と接触することによって生じる結果として、民衆的な経験が破壊されるということがあります。その結果、人々は何ももたない状態に置かれてしまう。つまり、捨て去った元の文化と、知識も教養もあるという、ふたつの文化のあいだで行き場を失うのである。

ピエール・ブルデュー「読書――ひとつの文化的実践」

2003-10-04 (Sat)

たてまつ・わへー(立松和平)〔編〕;2003/6;林芙美子紀行集 下駄で歩いた巴里;

岩波文庫[31-169-2];岩波書店;¥700(借覧);文庫判;縦組;並製;331p;△;ISBN4-00-311692-5;

かわもと・さぶろー(川本三郎);1984/4→1987/7;雑踏の社会学 東京ひとり歩き;

ちくま文庫[か 3 2];筑摩書房;¥420(¥100);文庫判;縦組;並製;235p;△;ISBN4-480-02147-7;

買物

en-taxi No.03 AUTUMN 2003
扶桑社
つゆダク(5)
朔ユキ蔵・ビッグコミックス
π(3)
古屋兎丸・ビッグコミックス
団塊の世代とは何だったのか
由紀草一・新書y

2003-10-05 (Sun)

週刊少年ジャンプ No.42 9月29日号;2003/9;

集英社;¥210(もらひもの);B5判;平綴;△;T1129935090227;454p

ジャガー、夢落ちとはおもはなかつた。

さく・ゆきぞー(朔ユキ蔵);2003/11;つゆダク(5);

ビッグコミックス6545;小学館;¥505;B6判;;並製;204p;△;ISBN4-09-186545-3;

ふるや・うさまる(古屋兎丸);2003/11;πパイ(3);

ビッグコミックス6753;小学館;¥514;B6判;;並製;202p;△;ISBN4-09-186753-7;

この 2 作、掲載誌おなじなのか。

なりた・りゅーいち(成田龍一);2003/4;近代都市空間の文化経験;

;岩波書店;¥6,200(借覧);A5判;縦組;上製;xii+371+3p;△;ISBN4-00-022526-X;

2003-10-06 (Mon)

あそー・みこと(麻生みこと);2003/9;GO!ヒロミGO!(4);

花とゆめCOMICS;白泉社;¥390;新書判;;縦組;並製;181p;ISBN4-592-17844-0;

  • 巻末の「おまけまんが」で、ゴローさんは1人っ子、つて話題にしてるけど、それだと、こなひだメロディにのつてた話はありえないよね。
  • T 大に、襖クラブつてほんとにあるんだなあ。

いしー・まさとし(石井正敏);2003/5;東アジア世界と古代の日本;

日本史リブレット14;山川出版社;¥800(借覧);A5判;縦組;並製;106p;△;ISBN4-634-54140-8;

よーろー・たけし(養老孟司);2002/4;人間科学;

;筑摩書房;(借覧);四六判;縦組;上製;232p;△;ISBN4-480-86064-9;

ゆき・そーいち(由紀草一);2003/10;団塊の世代とは何だったのか;

新書y097;洋泉社;¥740;新書判;縦組;並製;237p;△;ISBN4-89691-763-4;

あおき・るえか(青木るえか);2003/1;主婦でスミマセン;

角川文庫12795[あ 41-1];角川書店;¥381;文庫判;縦組;並製;191p;△;ISBN4-04-368601-3;

帰りの電車でよむ本がなかつたので、坪内祐三が「文庫本を狙え」でとりあげてたよなあ、と思つて購入。ああ、なんてダメなひと。でも、それをよませるだけの筆力はあるなあ、と凡庸なことを思ひながら、レンタルしてゐた CD を返すべく最寄り駅でない駅で降りて返却(ちなみに、借りてゐたのは、野宮真貴「Lady Miss Warp」、Pizzicato Five「HAPPY END OF THE WORLD」世界は今、 1 分間に 45 回転のスピードで廻っていまーす!、「Overdose」、「さ・え・ら ジャポン」、「REMIXES2000」。おはづかしい)。ついでに、オソロのフリーペーパーおいてないかなあ、と新星堂にも寄つてみたけれど、見当らなかつた。店内をうろうろして、そのまま出てゆくのも業腹なので、なんか柄にもなく DCPRG の 「Structure et Force」とか買つてしまつた。

帰つて uploader 見てまはつたら、当然のごとく、画像は出まはつてるし。

2003-10-07 (Tue)

さかきばら・さとる(榊原悟);2003/6;江戸の絵を楽しむ―視覚のトリック―;

岩波新書(新赤版)843;岩波書店;¥780(借覧);新書判;縦組;並製;iii+213p;△;ISBN4-00-430843-7;

国語語彙史研究会〔編〕;2003/3;国語語彙史の研究 二十二;

;和泉書院;(借覧);A5判;縦組+横組;上製;292p;;ISBN4-7576-0211-1;小野正弘/田中牧カ/山本真吾/山内洋一郎/高橋久子/山口真輝/米谷隆史/佐藤貴裕/岡島昭浩/矢島正浩/村田菜穂子/浅野敏彦/蜂矢真郷/柳田征司/岸江信介

290 ページを見て、むふぅ、と思ふ(理由がわかつたひとがゐたら、そのひとは私なので、よそであそんでないで、さつさともどつてきて作業をしてください)。

こはま・いつお(小浜逸郎);2003/10;やっぱりバカが増えている;

新書y096;洋泉社;¥720(1割引);新書判;縦組;並製;218p;△;ISBN4-89691-762-6;

なかまさ・まさき(仲正昌樹);2003/9;「不自由」論――「何でも自己決定」の限界;

ちくま新書432;筑摩書房;¥700(1割引);新書判;縦組;並製;215p;△;ISBN4-480-06132-0;

買物

現実的な左翼に進化する
ピーター・シンガー著・竹内久美子訳・新潮社
女より男の給料が高いわけ
キングズレー・ブラウン著・竹内久美子訳・新潮社

2003-10-08 (Wed)

からさわ・しゅんいち(唐沢俊一);1998/8→2002/5;トンデモ一行知識の世界;

ちくま文庫[か 40 1];筑摩書房;¥580(1割引);文庫判;縦組;並製;235p;△;ISBN4-480-03724-1;

235 ページの協力者に名前のあがつてゐる菊川涼音つて、「妄想自然科学入門」の著者のひとだらうか。いまどうしてるのかな。

やなぎだ・せーじ(柳田征司);;室町時代語の資料としての抄物の研究〈上冊〉;

;武蔵野書院;(借覧);A5判;縦組;上製;33+784p;;;

この情熱はどこからくるのかなあ。ためいきのでる思ひ。

2003-10-09 (Thu)

きんぱら・ただし(金原理);2000/1;詩歌の表現―平安朝韻文攷―;

;九州大学出版会;(借覧);四六判;縦組;上製;224+viip;△;ISBN4-87378-615-0;

買物

sabra 018 2003 23rd October
小学館
リザード・キングの墓
松村雄策・角川文庫
ガン病棟の九十九日
児玉隆也・新潮文庫
人なつかしき
瀬戸内寂聴・ちくま文庫
流行の素
押切伸一・川勝正幸・JICC出版局
BOMB 11月号
学習研究社
優Q天国 小倉優子
吉田啓人撮影・海王社
主婦は踊る
青木るえか・角川文庫
陋巷に在り9 眩の巻
酒見賢一・新潮文庫
テクノボン
石野卓球・野田努・宝島社
YOUNG YOU 11月号
集英社
ホラー・ドラコニア【少女小説集成1】 ジェローム神父
マルキ・ド・サド原作・澁澤龍彦訳・会田誠絵・平凡社
  • 「sabra」「BOMB」 2 誌が、森下千里巻頭(撮影はそれぞれ、渡部達生、眞継敏明)。「BOMB」誌ののはうの、ピンクと黒の下着風のがエロつちくてよろしいなあ(pp.26-27)。でも、 PARCO の水着ポスター以上のものはなかなかないなあ、と思ふ。書店で表紙を見ただけなのだけれど、「WPB」誌の巻頭グラヴィアが彼女のほか、井上和香、熊田曜子の 3 人で、小倉優子、市川由衣、MEGUMI からもう 1 年たつたのか、とかつきなみな感慨をもよほしたり。
  • フォト文庫買ふのもひさしぶり。
  • ジェローム神父は、もつぱら会田誠めあて。「大山椒魚」ははじめて見るなあ。
  • ほかに、「ちくま」「月刊百科」「図書」(各 10 月号)をもらふ。「ちくま」に、部落解放同盟中央本部文化対策部長、辻本正教といふひとの「三島由紀夫の「特殊部落」表現をめぐって」といふ文章。岩波書店の 11 月刊行豫定に、屋名池誠「横書き登場―日本語表記の近代」(岩波新書、 20 日刊)。やつと一書にまとまるやうで、めでたいなあ。玉上琢彌「源氏物語 音読論」(岩波現代文庫、 14 日刊)は誰に買はせるつもりなのか。

2003-10-10 (Fri)

さいとー・みちあき(斎藤倫明)〔編〕;2002/10;語彙・意味;

朝倉日本語講座4;朝倉書店;(借覧);A5判;横組;上製;ix+287p;;ISBN4-254-51514-6;〔執筆者〕たなか・あきお(田中章夫)/いとー・まさみつ(伊藤雅光)/むらき・しんじろー(村木新次郎)/にしお・とらや(西尾寅弥)/さいとー・みちあき(斎藤倫明)/よねかわ・あきひこ(米川明彦)/くにひろ・てつや(国広哲弥)/かげやま・たろー(影山太郎)/いしい・まさひこ(石井正彦)/たまむら・ふみお(玉村文郎)/まえだ・とみよし(前田富祺)/ゆあさ・しげお(湯浅茂雄)、〔監修者〕きたはら・やすお(北原保雄)

山田太郎(美妙)『日本大辞書』といふのはすげえ。一気に忍法帖の世界に。本名太郎が正解(しかし、私も確認に「日本近代文学大辞典」(講談社)を引いてみるまで、号のよみを「みょー」だと思ひこんでたので、あんまりひとのことは言へない。ついでに、おなじ論文で、室山敏とあるのは、「敏」のまちがひ。ともに巻末索引でもまちがつてゐる)。

あおき・るえか(青木るえか);2003/8;主婦は踊る;

角川文庫13039[あ 41-2];角川書店;¥400(¥250);文庫判;縦組;並製;199p;△;ISBN4-04-368602-1;

2003-10-11 (Sat)

あらかわ・よーじ(荒川洋治);2003/7;忘れられる過去;

;みすず書房;¥2,600(借覧);四六判;縦組;上製;269pp;△;ISBN4-622-07053-7;

みなか・のぶひろ(三中信宏);1997/12;生物系統学;

Natural History Series;東京大学出版会;¥5,600(借覧);A5判;横組;上製;xiv+458pp;△;ISBN4-13-060172-5;

きのふよんだ本のなかで、心理学では統計学が必須になつたのに計量国語学はどうにもふるはない、と伊藤雅光がなげいてゐたけど、私もその類にもれなくて、どうにも数式とかでると「死亡」してしまふので、とても本書が理解できたとは言へないのだけれど、分類と系統のちがひとか年代記と歴史とか、いろいろおもしろく読みました。「だから系統樹!」はやく出ないかな。

買物

週刊ヤングサンデー スペシャル グラフィック 井上和香
西田幸樹撮影・小学館
スコラ 2003・11 No.466
スコラマガジン
子どもは判ってくれない
内田樹・洋泉社

2003-10-12 (Sun)

かさはら・かずお(笠原和夫)/あらい・はるひこ(荒井晴彦)/すが・ひでみ(絓秀実);2002/11;昭和の劇 映画脚本家 笠原和夫;

;太田出版;¥4,286(借覧);A5判;縦1~3段組;上製;605pp;△;ISBN4-87233-695-X;「特別付録」(岡田茂/深作欣二)

11 月の買物

発売日 著者 タイトル 文庫・コミックス名 値段
10/30 ポール・グルーグマン/山形浩生 クルーグマン教授の経済入門 日経ビジネス人文庫 905
1 ゴツボ×リュウジ ササメケ(4) カドカワコミックスAエース 540
5 入江紀子 歌う犬の世界 白泉社レディースコミックス 457
6 安野モヨコ 花とみつばち(7) ヤングマガジンKC 514
7 近田春夫 考えるヒット4 その意味は 文春文庫 667
10 三浦しをん 忘想炸裂 ウィングス文庫(新書館) 600
14 小花美穂 POCHI りぼんマスコットコミックス 390
14 矢沢あい NANA─ナナ─(9) りぼんマスコットコミックス 476
19 樋口橘 学園アリス(3) 花とゆめコミックス 390
20 小池田マヤ バーバーハーバー(4) ワイドKC 533
中旬 唐沢俊一 一行知識の本(仮) サンマーク文庫 505
中旬 卯月妙子 実録閉鎖病棟 太田出版 952
21 藤島康介 ああっ女神さまっ(27) アフタヌーンKC 未定
26 福田和也 分かりやすすぎる偉人伝 オバはん納得の教養講座 新潮文庫 552
26 藤井みつる 調教師 フラワーコミックス〔プチコミ〕 390
28 宇仁田ゆみ 宇仁田ゆみ作品集「喜喜」 ジェッツコミックス 505

2003-10-13 (Mon)

ロケットマン(ふかわりょう)の「交響曲第4126番「ハトヤ」」といふ曲を聴く機会がありました。まゐつた。

こばやし・としあき(小林敏明);2003/5;西田幾多郎の憂鬱;

;岩波書店;¥3,500(借覧);四六判;縦組;上製;vi+321pp;△-;ISBN4-00-024220-2;

精神分析のタームが出てくると、どうもなあ、と思ふ。

せきかわ・なつお(関川夏央);2003/7;「世界」とはいやなものである〜極東発、世紀をまたぐ視線;

;日本放送出版協会;¥1,700(借覧);四六判;縦組;上製;374pp;△;ISBN4-14-080806-3;

せとうち・はるみ(瀬戸内晴美);1983/10→1985/12;人なつかしき;

ちくま文庫[せ 1 1];筑摩書房;¥380(¥100);文庫判;縦組;並製;254pp;△;ISBN4-480-02016-0;

2003-10-14 (Tue)

京都大学附属図書館所蔵 清家文庫目録

清原宣賢講の「論語抄」について検索してゐたら発見。つふか、全頁の画像がおいてあるなんて太つ腹すぎる。世の中には、一度紙焼写真をつくつたら二度と原本のはうは見せない図書館なんてのも存在するらしいから、かういふ(電子)覆製化を一概にほめるわけにもいかないのかもしれないけど、いやしかし、すばらしい。


見出しとは、全然関係のないことなのだけれど、 Dock コネクタ装備ではない iPod で使へる旧型の iPod リモコン付きインナーイヤー型ヘッドフォンは、もう販売してないのかなあ。検索しても見当らない。不便。

かけい・まさひろ(筧雅博);2001/8;蒙古襲来と徳政令;

日本の歴史10;講談社;¥2,200(借覧);四六判;縦組;上製;406pp;△;ISBN4-06-268910-3;「月報10」(山折哲雄/遠藤巖、8p)

なんか頭にはひらなかつた(著者のせゐではないのだけれど)。なんとなく気になつた記述 2 箇所:

  • 後醍醐天皇が漢語(呉音(ごおん)、すなわち当時の現代中国語。モンゴル来襲前夜、亀山天皇の詩文会は、呉音をもって作品を読み上げた形跡がある)に通じていた可能性もあるが(p.364)
  • 鎌倉幕府は、衰退期をもたなかった。最後の三十年が、すなわち極盛期である(p.345)

2003-10-16 (Thu)

きんすい・さとし(金水敏);2003/1;ヴァーチャル日本語 役割語の謎;

もっと知りたい! 日本語;岩波書店;¥1,500(借覧);B6判;縦組;並製;xiii+225pp;△+;ISBN4-00-006827-X;

あざやか。嫉妬しちやふ。

なかむら・やすお(中村保男);2003/8;絶對の探求――福田恆存の軌跡;

;麗澤大学出版会;(借覧);四六判;縦組;上製;220pp;△;ISBN4-89205-467-4;

よくまとまつてゐる、と思ひながらよんでゐたのだけれど、途中から段段とどうでもいいような気分になつちやつた。

表記は、歴史的かなづかひで、「神」と福田恆存の姓の「福」の偏が示につくれられるほかは JIS 第二水準までで可能な範囲で正字(ただし、 p.103 以下数頁ではそれ以外でも正字体のところがある。また「ぶっくれっと」での連載をもとにしたⅡ部では新字も散見)。

以下、気づいたまちがひ:

  • (p.43)→名
  • もしろいところ(p.53)→もしろい
  • 傷つけて(p.111)→
  • ゐられなやうな(p.151)→「ゐられないやうな」か
  • (p.155)→伴

あと、p.96 以降で、「一匹と九十九匹と」からぼくは、この矛盾をいちおう解決した形において述べる科學にいささかの關心ももちえないといふ一文を引いて、その「いちおう」についてあれこれ言うてゐるのだけれど、「いちう」ではないのかなあ。

買物

CMNOW No.105
玄光社
意識とはなにか――〈私〉を生成する脳
茂木健一郎・ちくま新書
ことばの意味3 辞書に書いてないこと
國廣哲彌編・平凡社ライブラリー
まっぷるマガジン320 松江 出雲・大山・隠岐
昭文社
子犬に語る社会学・入門
洋泉社MOOK
恋はかたくな
山田可南・松文館
Bejean 11 2003 Vol.121
英知出版

「CMNOW」誌では、小野真弓におほく頁がさかれてゐるのだけれど、その写真が普段のグラヴィアとちがつて、顔の皮のしたのにくづきまで見えるやうな感じ。すごい。

2003-10-17 (Fri)

やまだ・かなん(山田可南);2003/11;恋はかたくな;

ダイヤモンドコミックス/ガールズポップコレクション;松文館;¥543;新書判;;並製;165pp;△;ISBN4-7901-1144-X;

雁須磨子が帯文を書いてたので。かういふのが最近話題のエロ少女漫画なのかなあ。少女が幼なじみとの援交でもらふ一万円札を画鋲で壁にはりつめてゐるといふイメージはあざやか。

まちだ・けん(町田健);2003/8;コトバの謎解き ソシュール入門;

光文社新書108;光文社;¥700;新書判;縦組;並製;234p;△;ISBN4-334-03208-7;

  • 文字から話がはじまつたので変な気分。
  • 恣意性があるから出てくる言葉の性質としては、単語の意味や音が変化することを可能にするというのがあります(p.107)、といふのは言はれてみればそのとほりなんだけれど、意識したことがなかつた。
  • =ストロースつて書いてるのも、シュトラウス(大林太良「神話学入門」中公新書)まではいかないけど、ちよつとビックリ。

買物

日本語の外へ
片岡義男・角川文庫
FLASH 10月28日号
光文社

2003-10-18 (Sat)

いぬい・よしひこ(乾善彦);2003/1;漢字による日本語書記の史的研究;

塙書房;;¥12,000;A5判;縦組;上製;vii+485+14pp;;ISBN4-8273-0090-9;

第三部の「漢字の論」のはうがおもしろかつた。といふか、第二部「書記の論」でいふ「いわゆる変体漢文と日本語注記としての宣命書き」という観点の重要なのはわかるつもりだけど、まだよくのみこめてゐない。

洋泉社MOOK シリーズStartLine2 [子犬に語る社会学・入門];2003/11;

洋泉社;¥1,300;A4判;平綴;△;ISBN4-89691-767-7;〔執筆者〕のむら・かずお(野村一夫)/さとー・としき(佐藤俊樹)/しぶや・のぞむ(渋谷望)/いがらし・やすまさ(五十嵐泰正)/なんば・こーじ(難波功士)/わかばやし・みきお(若林幹夫)/さきやま・はるお(崎山治男)/つちや・よー(土屋葉)/しぶや・ともみ(渋谷知美)/いの・しんいち(伊野真一)/いとー・まもる(伊藤守)/いな・まさと(伊奈正人)/ますだ・さとし(増田聡)/あらた・まさふみ(新雅史)/けんじょー・たけひで(見城武秀)/あかがわ・まなぶ(赤川学)/のがみ・げん(野上元)/おくやま・としお(奥山敏雄)/あかえ・たつや(赤江達也)/こー・えん(高媛)/くつわだ・りゅーぞー(轡田竜蔵)/はしもと・つとむ(橋本努)/たなか・だいすけ(田中大介)/あさの・ともひこ(浅野智彦)/きくち・あきひろ(菊池哲彦)/はなの・ひろやす(花野裕康)/きただ・あきひろ(北田暁大)/みながわ・ますみ(皆川満寿美)/ばば・やすお(馬場靖雄)/ふじの・ひろし(藤野寛)/なかむら・ひでゆき(中村秀之)/おかの・いちろー(岡野一郎)/やま・よしゆき(山泰幸)/こんの・ひかる(今野晃)/わたなべ・あきのり(渡辺彰規)/なかにし・ゆーこ(中西祐子)/すど・なおき(数土直紀)/おくむら・たかし(奥村隆)/ほそかわ・しゅーいち(細川修一)/こまつ・たけあき(小松丈晃)/はせ・まさと(長谷正人)/たなか・けんのすけ(田中健之輔)/おーつか・よしき(大塚善樹)/おなか・ふみや(尾中文哉)/いずみ・ひろえ(和泉広恵)/にしくら・みき(西倉実季)/もりかわ・みえ(森川美絵)/さとー・けんじ(佐藤健二)

フェミニズムこそ構築主義の母体であるという強弁も可能になる。だがそれは、歴史の偽造に等しい(赤川学「構築主義」p.110)。

2003-10-19 (Sun)

もぎ・けんいちろー(茂木健一郎);2003/10;意識とはなにか――〈私〉を生成する脳;

ちくま新書434;筑摩書房;¥700(1割引);新書判;縦組;並製;222pp;;ISBN4-480-06134-7;

2003-10-20 (Mon)

かたおか・よしお(片岡義男);1997/5→2003/9;日本語の外へ;

角川文庫13079[か 7-4];角川書店;¥1,000;文庫判;縦組;並製;619pp;;ISBN4-04-137194-5;

いのうえ・たけひこ(井上雄彦);2003/10;リアル(3);

YOUNG JUMP COMICS;集英社;¥590(借覧);B6判;;並製;212pp;△;ISBN4-08-876511-7;

たわだ・よーこ(多和田葉子);2003/8;エクソフォニー――母語の外へ出る旅;

;岩波書店;¥2,000(借覧);四六判;縦組;上製;vi+188pp;△;ISBN4-00-022266-X;

俺は言葉への謙虚さが足りない、と思ふ。どうせすぐまた慢心するのだろうけど。

2003-10-21 (Tue)

あさの・ゆーいち(浅野裕一);2003/8;古代中国の言語哲学;

;岩波書店;¥7,300(借覧);A5判;縦組;上製;ix+360pp;;ISBN4-00-022833-1;

まみや・あつし(間宮厚司);2001/4;万葉難訓歌の研究;

;法政大学出版局;¥2,700(借覧);四六判;縦組;上製;xx+256pp;△;ISBN4-588-46007-2;

「万葉」誌で、「倭文体」(毛利正守)といふ概念が提唱されてゐたのを、本書の内容とはあまり関係なくメモ。

かわかみ・ひろみ(川上弘美);1998/9→2001/10;神様;

中公文庫[か 57 2];中央公論新社;¥457(¥100);文庫判;縦組;並製;203pp;△;ISBN4-12-203905-3;

「群像」誌に、山形浩生が文学の対費用効果云云のエッセイを書いてゐたのをメモ(「川」字つながりで、本書の著者のなまへもあがつてゐたし)。ほかに、話題の「世界」誌北田論文とか「新潮」誌の福田和也の「エトロフの恋」評とか「文学界」誌の阿部和重「後藤、石川、藤本、そして/あるいは永作」とか「文藝」誌の小泉義之×神山修一とか見た(「鉄筆コロシアム」といふタイトルだつたやうな気がするけど検索しても全然ひつかからない、紀田伊輔も柳下毅一郎も連載がなくなつてこの雑誌は本当に見るところがないといふか文藝雑誌とか見てるの超キモい)。

買物

サイゾー 11月号
インフォバーン
男女の仲
山本夏彦・文春新書
日本近代思想批判 一国知の成立
子安宣邦・岩波現代文庫

「サイゾー」誌の「先取り美女」が、若槻千夏なのを一往メモ(撮影:吉場正和)。北芝健といふひとの連載(そんなのいつの間に)の、団地妻シャブづけ管理売春の話がすごい。

2003-10-23 (Thu)

赤川学先生からメールを頂戴しちやひました。さきに「構築主義」の項から引用した部分は、本当に、ページをひらいた瞬間に目にとびこんできたのでした。私は社会学のことがわかつてゐるとは、とても言へないのですが、赤川先生の今後の研究を楽しみにしてをります。

うえだ・みわ(上田美和);2003/10;ピーチガール(17);

講談社コミックスフレンドB 一三五五巻;講談社;¥390(1割引);新書判;;並製;175pp;△;ISBN4-06-341355-1;

えとー・ひろゆき(衛藤ヒロユキ);2003/11;魔法陣グルグル(16);

ガンガンコミックス;スクウェア・エニックス;¥390;新書判;;並製;188pp;△;ISBN4-7575-1050-0;

最後まで面白かつた。迂闊にジャケットをとるんぢやなかつた。

やまもと・なつひこ(山本夏彦);2003/10;男女の仲;

文春新書341;文藝春秋;¥860(1割引);新書判;縦組;並製;306pp;△;ISBN4-16-660341-8;

「手帳の時代」のところで、博文館の三年連用日記にいひおよんでゐるところを見て、さういへば、ああいふ風に、過去の同月同日を一緒に表示するやうな日記システムといふのは聞いたことがないなあ、と思つた。[*]あつてどうだ、といふこともないけど。

  • 去年も、夏彦翁の本を読んでる。
  • 一昨年は、飲茶楼のおまけをあつめてる。
  • そのまへの年は、前日に、夏彦翁の本を読んでゐる。

[*] hns の「n年日記」とか tdiary の「長年日記」とかが正しくそれですね。迂闊すぎる。

きのふけふの買物

岩波講座 日本語
岩波書店
宮内庁書陵部蔵本群書治要経部語彙索引
小林芳規・原卓志・山本秀人・山本真吾・佐々木勇編・汲古書院
sabra 019 2003 13th November
小学館
悪の読書術
福田和也・講談社現代新書
もてようがない男 だまされやすい女 凡人でも非凡に生きられる知恵
田中貴子・講談社+α新書
広告批評 No.275'03.10
マドラ出版
食の精神病理
大平健・光文社新書
Hime Vol.1
英知ムック
マヤ文字を解く
八杉佳穂・中公文庫BIBLO
ソニン物語
姫野かげまる・メディアファクトリー
島津義弘の賭け
山本博文・中公文庫
BLOOD THE LAST VAMPIRE 獣たちの夜
押井守・角川ホラー文庫
パリの恋人
原田梨花・フィールヤングコミックス
話すということ 言語的交換のエコノミー
ピエール・ブルデュー・稲賀繁美訳・藤原書店
completeオレモリ
バリヤバ編集部・太田出版
現代詩手帖特集版 高橋源一郎
思潮社
  • 「UP」( 10 月号)「本の窓」「青春と読書」( 11 月号)もらふ。
  • 先日なにか焦燥感にかられて「日本の古本屋」でべこべこ注文したら、本当に届いた(あたりまへ)。これから数日さらにいろいろくるかも。
  • 「オレモリ」のもとのは名古屋の水族館のそばのヴィレッジ・バンガードで実物を見た憶えがあるなあ。地元では見かけなかつた「Palepoli」を買つてかへりました。 4 年前のやはりこの頃。

2003-10-24 (Fri)

たけむら・しんじ(竹村信治);2003/5;言述論(discours)― for 説話集論;

;笠間書院;(借覧);A5判;縦組;上製;viii+627+32pp;;ISBN4-305-70255-X;

トンガリ系国文学者の一領袖たるにふさはしい巨冊。ものものしい知的装置で対象を玄妙化してゆくのが、その対象にも似つかはしくきはめて中世的に感じられる。読み手の問題としての私のモラル(小嶋菜温子)に共感するのは勝手だけれど、だからといつて、たとへば現在学問的には逆輸入だつたといふことがほぼ判明してゐる「斑竹姑娘」譚との一致に関する無配慮への不審などと書いてしまふのは不誠実だと思つた(あー、いやらしいなあ俺)。

けふの配達物

字義字訓字典 角川小事典4
佐藤喜代治・角川書店
平安時代の漢文訓読語についての研究
築島裕・東京大学出版会

2003-10-25 (Sat)

Re: シギヤマツミ(21:11:28 JST)

問題になさつてゐる字は、今昔文字鏡42144「〓{(今/酉)隹}」字でせうか。文字鏡番号(=大漢和番号)で、 42144 番。いまの無暗に拡張をかさねたユニコードに当該字が収容されてゐるのかどうかは不勉強で知らないのですが[*]、音符を変へた「鵪」字ははひつてゐるやうです。どういつた目的でこの字をつかはうとされてゐるのか知らずにいふのもなんですが、反切注のほどこされた字について、まあ出て来ないのだから、「鷸」 や「鴫」で当てるしか無いと思はれます、と別音字で代へるといふのは、あまり適切でないのではないか、と思ひました。

[*]

{(今/酉)隹}の字はUnicodeのCJK Unified Ideographs Extension Aに収容されています。コードはU+4A04です。

とお教へいただきました。北村様ありがたうございます。


大系の書紀の訓読では「反」を「かへし」と訓んでゐるんだなあ。勉強になつた。

ふくだ・かずや(福田和也);2003/10;悪の読書術;

講談社現代新書1684;講談社;¥700(1割引);新書判;縦組;並製;232pp;△;ISBN4-06-149684-0;

女性向けの読書戦略指南の書といふことで、私と読書と女性についての思ひ出とか書いてみる。

いままでに一番感銘をうけた「本を読む女」
満員の通勤通学電車のなかで、必死に「動物農場」(角川文庫)をよんでゐた女子高生
いままでに女のひとに贈つたことのある本
親元をはなれてひとりぐらしをはじめた女性に、赤坂真理「蝶の皮膚の下」(河出文庫)を

姫野かげまる;2003/10;ソニン物語;

ザッピィPRESENTS;メディアファクトリー;¥600(¥350);B6判;;並製;215pp;△;ISBN4-8401-0875-7;

原田梨花;1992/8;パリの恋人;

フィールヤングコミックス050[は-2-1];祥伝社;¥485(¥50);B6判;;並製;206pp;△;ISBN4-396-76050-7;

中原アヤ;2003/10;ラブ★コン(6);

マーガレットコミックス3676♦;集英社;¥390;新書判;;並製;176pp;△;ISBN4-08-847676-X;

四五年ぶりに帰省してゐた中高のころの友人とあふ機会があつたのですが、あのころ足を踏み入れてしまつたレールのうへをそのまま順調に進んできてゐたのだなあ、といふことを再確認してしまひました。随分「更生」したつもりだつたのに。

けふの配達物

国語語彙の歴史的研究
佐藤喜代治・明治書院
平安鎌倉時代に於ける漢籍訓読の国語史的研究
小林芳規・東京大学出版会
訓点資料と訓点語の研究
遠藤嘉基・中央図書出版社
大字典
栄田猛猪他編・講談社

2003-10-26 (Sun)

けふの配達物

日本文章史の研究
佐藤喜代治・明治書院

2003-10-27 (Mon)

のぶひろ・しんじ(延広真治)/やまもと・すすむ(山本進)/かわぞえ・ゆー(川添裕);2003/6;落語の愉しみ;

落語の世界1;岩波書店;¥3,000(借覧);四六判;縦組;上製;ix+255pp;△;ISBN4-00-026298-X;〔執筆者〕かつら・べーちょー(桂米朝)/こやの・あつし(小谷野敦)/おぎた・きよし(荻田清)/なかごみ・しげあき(中込重明)/いまおか・けんたろー(今岡謙太郎)/たけだ・まさや(武田雅哉)/のぶひろ・しんじ(延広真治)/やまもと・すすむ(山本進)/やまだ・よーじ(山田洋次)/やなぎや・こさんじ(柳家小三治)/おーとも・ひろし(大友浩)/ながい・よしひろ(長井好弘)

たけなか・なおと(竹中直人);2000/11→2003/9;直人の素敵な小箱;

角川文庫13086[た 34-2];角川書店;¥514(1割引);文庫判;縦組;並製;258pp;△;ISBN4-04-198202-2;「月夜の蟹」改題

2003-10-28 (Tue)

ながやま・やすお(長山靖生);2003/9;若者はなぜ「決められない」か;

ちくま新書429;筑摩書房;¥720(1割引);新書判;縦組;並製;237pp;△;ISBN4-480-06129-0;

  • 危機を回避するためのモラトリアムは、しかし再延長によってモラトリアムそれ自体が危機となる、と経済学者のシュムペーターが『景気循環論』(一九三九)のなかで指摘していたことが、ふと頭をよぎった。

    あー、マクロにもミクロにもまさにいまそんな感じ。

  • また、友人であれ家族であれ、あなたが困っているときに、あなたが望むような援助の手を差し伸べてくれなかったとしても、「信じていたのに」という言葉だけは、発してはならない。もしその言葉が出かかったら、あなたは今の自分が、信じていた相手に、そんな信じられないことをせざるを得ないような負担をかけているのだと自覚すべきだ。

    むかしはこんな人生訓ぽいことばなんてせせらわらつてたけど、いまは効くなあ。

けふの買物

恋愛論アンソロジー ソクラテスから井上章一まで
小谷野敦編・中公文庫
日本の漢語 その源流と変遷
佐藤喜代治・角川小事典28

佐藤先生追悼古書購入もこれでおしまひ。

2003-10-29 (Wed)

やまだ・なんぺー(山田南平);2003/1,5,9;紅茶王子(19)~(21);

花とゆめCOMICS;白泉社;各¥390(借覧);新書判;;並製;189pp,191pp,179pp;△;ISBN4-592-17239-6,ISBN4-592-17240-X,ISBN4-592-18001-1;

なかじょー・ひさや(中条比紗也);2002/11,2003/4,10;花ざかりの君たちへ(19)~(21);

花とゆめCOMICS;白泉社;各¥390(借覧);新書判;;並製;189pp,198pp,181pp;△;ISBN4-592-17265-5,ISBN4-592-17266-3,ISBN4-592-17267-1;

ともにすべて奥附の「彅」字は横棒につくつてゐた。

のや・しげき(野矢茂樹);2001/5;論理トレーニング101題;

;産業図書;¥2,000(借覧);A5判;横組;並製;iv+183pp;△;ISBN4-7828-0136-X;

しょーの・よりこ(笙野頼子);2000/4;てんたまおや知らズどっぺるげんげる;

;講談社;¥1,700(借覧);四六判;縦組;上製;225pp;△;ISBN4-06-210095-9;

初出誌から所払ひになつてるとは。

やまぐち・よしのり(山口佳紀);1993/4;古代日本文体史論考;

;有精堂;¥11,650(----);A5判;縦組;上製;493pp;;ISBN4-640-31040-4;

2003-10-30 (Thu)

たなか・たかこ(田中貴子);2003/10;もてようがない男 だまされやすい女 凡人でも非凡に生きられる知恵;

講談社+α新書 30-2 A;講談社;¥800(1割引);新書判変型;縦組;並製;212pp;△;ISBN4-06-272220-8;

週刊ヤングジャンプ No.48 2003.11/13;2003/11;

集英社;¥257(1割引);B5判;平綴;△;T1128172110279;448pp

杏さゆり(撮影:丸谷嘉長)も市川由衣(撮影:taro)も好きなので。

けふの買物

責任と正義 リベラリズムの居場所
北田暁大・勁草書房
宮沢賢治
吉本隆明・ちくま学芸文庫
活動写真がやってきた
田中純一郎・中公文庫
われ巷にて殺されん
紀田順一郎・双葉文庫
月刊メロディ 12月号
白泉社
鉄槌!
いしかわじゅん・角川文庫
大人は判ってくれない [野火ノビタ批評集成]
野火ノビタ・日本評論社
名刀中条スパパパパン!!!
中条省平・春風社
  • 「仮性文藝時評」は 66 回もやつてたのか。完全収録といひながら、あの長いタイトルといふかリード文がなくなつてるのは残念。あれ結構好きだつた。
  • ほかに「本の旅人」「波」(各 11 月号)もらふ。武井協三「江戸歌舞伎と女たち」(角川選書、ISBN4-04-703358-8)といひ千田稔「地名の巨人 吉田東伍」(角川叢書、ISBN4-04-702126-1)といひ角川はおもしろさうなものを出してるなあ。多分かはないけど。優香や乙葉を手がけたひとらしい安里勉「グラビア☆アイドル伝説」(新潮社、ISBN4-10-463501-4)も買ひはしないだらうけどメモ。

2003-10-31 (Fri)

しょーの・よりこ(笙野頼子);2001/3;渋谷色浅川;

;新潮社;¥1,400(借覧);四六判;縦組;上製;188p;△;ISBN4-10-397603-9;

まつざわ・かずひろ(松澤和宏);2003/6;生成論の探究 テクスト 草稿 エクリチュール;

;名古屋大学出版会;¥6,000(借覧);A5判;縦組;上製;x+500+11p;;ISBN4-8158-0463-X;

文学研究に客観性をよそほはせることのむづかしさ。結局諸ヴァリアントのあひだをつなぐのは、研究者のがはの読みなわけだし。莫迦のひとつおぼえのごとく出てくる「紋中紋手法」つて、それをいふことでなんの意味があるのだかよく分らないし。著者は、草稿研究は、活版印刷術によつて生れた〈作者によって承認された(=権威あるオートリゼ)唯一不動の本文〉というテクスト概念(p.98)を超えるよ、と言つてゐるのだけれど、もつと作者のがはに身をすりよせてゐるのだといふことに自覚的なやうには見えないし。さうぢやなくてエクリチュールそれ自体の生成なんだとかいふやうなら、もうつきあひきれない気分。(すげー典型的な無理解をしめしてゐるやうな。)

Ads by TOK2