過眼日録抄[2005-06]

2005-06-01 (Wed)

さかもと・たかお(坂本多加雄);2004/12;坂本多加雄◎対談・書評集 歴史を語る作法;

;都市出版;1,700円(借覧);四六判;縦組;並製;ix+339頁;;ISBN4-901783-14-9;

はじめの北岡伸一との丸山真男「忠誠と反逆」をめぐる対談、山崎正和との歴史教育をめぐる対談とかがちよつと面白かつた。

やなぎだ・せーじ(柳田征司);1975/9;詩学大成抄の国語学的研究 研究篇;

;清文堂出版;(借覧);A5判;縦組;上製;4+3+7+680頁;;;

特殊な事象を切りだしてくるのでなくて史資料をまるごととらへる姿勢を学びたい。

にーくら・としかず(新倉俊一);2004/11;評伝 西脇順三郎;

;慶應義塾大学出版会;3,000円(借覧);四六判;縦組;上製;16+v+362頁;;ISBN4-7664-1114-5;

たにざき・まつこ(谷崎松子);1967/7→1979/12;倚松庵の夢;

中公文庫[M112];中央公論社;260円(100円);文庫判;縦組;並製;171頁;;;

2005-06-02 (Thu)

ながさき・ひろし(長崎浩);1997/9;からだの自由と不自由 身体運動学の展望;

中公新書1379;中央公論社;(借覧);新書判;縦組;並製;vi+210頁;;ISBN4-12-101379-4;

やまうち・まさゆき(山内昌之);2005/3;鬼平とキケロと司馬遷と 歴史と文学の間;

グーテンベルクの森;岩波書店;1,800円(借覧);四六判;縦組;上製;ix+206+6頁;;ISBN4-00-026988-7;

あんの・もよこ(安野モヨコ);2005/5;シュガシュガルーン(3);

KCデラックス-2014;講談社;419円(1割引);新書判;;並製;204頁;;ISBN4-06-372014-4;

やまぐち・あきら(山口晃);2004/10;山口晃作品集;

;東京大学出版会;2,800円(借覧);B5判;;並製;viii+80+12頁;;ISBN4-13-083100-3;

けふの貰物

「創文」(2005.05 NO.475)もらふ。斯波六郎「六朝文学への思索」発刊を記念して特集してゐるのに、なぜか表紙は史記の景印。

2005-06-03 (Fri)

やまもと・たかみつ(山本貴光)/よしかわ・ひとみつ(吉川浩満);2004/6;心脳問題――「脳の世紀」を生き抜く;

;朝日出版社;2,100円(借覧);四六判;縦組;並製;361+xix頁;;ISBN4-255-00277-0;

やすだ・あきら(安田章);1980/7;朝鮮資料と中世国語;

笠間叢書147;笠間書院;10,000円(借覧);A5判;縦組;上製;2+435+8頁;;;

けふの買物

古本的
坪内祐三・毎日新聞社

2005-06-04 (Sat)

聯載」といふのは過剰な回帰形ではないかしらといふ話

「日本国語大辞典」(第2版)の挙例から孫引き。

ウェブ上でコピーが見られるものだと、後藤宙外「非自然主義」の目次2頁に、關西瞥見記……(明治三十四年三月より連載)、とある。

福田恆存の著作でも、

以上のやうに、ごくごく簡単な調査だけれど、表記改革以前の(あるいはその影響を拒絶した)資料でも「載」といふ表記は見られないみたい。まあ、「聯」字と「連」字は同音同義字だから、どつちでもよいといへばよいとは思ふのだけれど。


はせべ・やすお(長谷部恭男);2004/4;憲法と平和を問いなおす;

ちくま新書465;筑摩書房;680円(借覧);新書判;縦組;並製;206頁;;ISBN4-480-06165-7;

まつーら・ひさき(松浦寿輝);2004/3;あやめ 鰈 ひかがみ;

;講談社;1,600円(借覧);四六判;縦組;上製;229頁;;ISBN4-06-212205-7;

2005-06-05 (Sun)

とみなが・けんいち(富永健一);2004/12;戦後日本の社会学 一つの同時代学史;

;東京大学出版会;(借覧);A5判;横組;上製;xii+471頁;;ISBN4-13-050158-5;

本書の著者にはろくろく読んだこともないのになぜか、どうにも大まかだよなあ、といふ印象をもつてゐたのだけれど、やつぱりそんな感じ。『社会変動の理論』はさいわいにしてよく売れた本であったが、マルクス主義者の早瀬利雄はこの本の書評を引き受けておきながらこれを握りつぶしたので、彼の死までの二十数年間『社会学評論』誌にはこの本の書評が出なかった(p.vii)、といふところが一番面白かつた。

四方田犬彦;2000/10;マルコポーロと書物;

;枻出版社;(借覧);四六判;縦1,2段組;上製;638頁;;ISBN4-87099-375-9;

つぼうち・ゆーぞー(坪内祐三);2005/5;古本的;

;毎日新聞社;1,700円(1割引);四六判;縦組;上製;284頁;;ISBN4-620-31719-5;

たにざき・まつこ(谷崎松子);1983/6→1986/10;湘竹居追想 潤一郎と「細雪」の世界;

中公文庫[M112-2];中央公論社;340円(100円);文庫判;縦組;並製;208頁;;ISBN4-12-201364-X;

2005-06-06 (Mon)

みさき・ひさし(身﨑壽);2005/1;人麻呂の方法――時間・空間・「語り手」;

北海道大学大学院文学研究科 研究叢書7;北海道大学図書刊行会;4,700円(借覧);A5判;縦組;上製;viii+285頁;;ISBN4-8329-6491-7;

やなぎもと・みちひこ(柳本通彦);2005/3;明治の冒険科学者たち 新天地・台湾にかけた夢;

新潮新書108;新潮社;700円(借覧);新書判;縦組;並製;219+iv頁;;ISBN4-10-610108-4;

2005-06-07 (Tue)

だん・まりな(団まりな);2005/2;性のお話をしましょう 死の危機に瀕して、それは始まった;

魂の本性 collection ψυχή 2;哲学書房;2,400円(借覧);四六判;縦組;上製;192頁;;ISBN4-88679-151-4;

じつかわ・みきろー(實川幹朗);2004/10;思想史のなかの臨床心理学 心を囲い込む近代;

講談社選書メチエ311;講談社;1,500円(借覧);四六判;縦組;並製;238頁;;ISBN4-06-258311-9;

カルロ・ギンズブルグ(Carlo Ginzburg)[著]・うえむら・ただお(上村忠男)[訳];2003/10;歴史を逆なでに読む;

;みすず書房;3,600円(借覧);四六判;縦組;上製;305頁;;ISBN4-622-07064-2;

もりした・きーち(森下喜一)/おーの・まきお(大野眞男);2001/11;方言探究法;

シリーズ〈日本語探究法〉9;朝倉書店;2,500円(借覧);A5判;横組;並製;vi+134頁;;ISBN4-254-51509-X;

2005-06-08 (Wed)

まつーら・ひさき(松浦寿輝);2004/11;そこでゆっくりと死んでいきたい気持をそそる場所;

;新潮社;1,700円(借覧);四六判;縦組;上製;235頁;;ISBN4-10-471701-0;

ほりえ・としゆき(堀江敏幸);2005/2;河岸忘日抄;

;新潮社;1,500円(借覧);四六判;縦組;並製;317頁;;ISBN4-10-447103-8;

たにざき・じゅんいちろー(谷崎潤一郎);1933/8→1984/9;青春物語;

中公文庫[A1-15];中央公論社;300円(-);文庫判;縦組;並製;219頁;;ISBN4-12-201152-3;

2005-06-09 (Thu)

おくもと・だいさぶろー(奥本大三郎);2005/4;東京美術骨董繁盛記;

中公新書1794;中央公論新社;920円(借覧);新書判;縦組;並製;4+iv+305頁;;ISBN4-12-101794-3;

おーた・しょーじろー(太田晶二郎);1991/8;太田晶二郎著作集 第一冊;

;吉川弘文館;(借覧);A5判;縦組;上製;1+10+348頁;;ISBN4-642-01311-3;

漢籍の「施行」(音読みして「シギヤウ」)といふ制度について知りたくて借りてきたのだけれど、さすが亀井孝の畏友。極度にきりつめた本文と厖大な注がすげえスタイリッシュ。しびれる。

ひろの・ゆみこ(廣野由美子);2005/3;批評理論入門 『フランケンシュタイン』解剖講義;

中公新書1790;中央公論新社;780円(借覧);新書判;縦組;並製;vi+258頁;;ISBN4-12-101790-0;

簡潔にして明快。ストーリーとプロットのちがひつて、出来事を時系列の順にそつてならべるとストーリーで、叙述の順だとプロットなのか。あと、「透明な批評」といふのもはじめてきいた。

うすた・きょーすけ(うすた京介);2005/6;ピューと吹く! ジャガー(9) 「ツ」のつくアレを込め!;

ジャンプ・コミックス;集英社;390円(1割引);新書判;;並製;190頁;;ISBN4-08-873719-5;

けふの買物

広告批評 2005 JUN NO.293 特集 深澤直人の仕事
マドラ出版
sabra 011 2005 23rd June
小学館
ボクラ少国民
山中恒・講談社文庫
溺れるナイフ(1)
ジョージ朝倉・KC別フレ
ワッハマン(8)
あさりよしとお・パーティKC
喰いタン(1)(2)
寺沢大介・イブニングKC
ヴァージンな関係(1)
小林拓己・バンブーコミックス

2005-06-10 (Fri)

さとー・としき(佐藤俊樹);1993/11;近代・組織・資本主義―日本と西欧における近代の地平―;

;ミネルヴァ書房;3,884円(借覧);A5判;縦組;上製;4+336+16頁;;ISBN4-623-02338-9;

かわぐち・りょー(川口良)/つのだ・ふみゆき(角田史幸);2005/5;日本語はだれのものか;

歴史文化ライブラリー190;吉川弘文館;1,700円(借覧);四六判;縦組;並製;7+217頁;;ISBN4-642-05590-8;

2005-06-11 (Sat)

うどー・ゆたか(有働裕);2002/12;「源氏物語」と戦争 戦時下の教育と古典文学;

;インパクト出版会;2,000円(借覧);四六判;縦組;上製;182頁;;ISBN4-7554-0127-5;

サクラ読本で源氏物語が教材に採用されたことへの反響をまとめたもの。若紫なのははじめつからだつたんだなあ。

マーク・ブキャナン[著]・さかもと・よしひさ(阪本芳久)[訳];2002=2005/3;複雑な世界、単純な法則 ネットワーク科学の最前線;

;草思社;2,200円(借覧);四六判;縦組;上製;357頁;;ISBN4-7942-1385-9;[原著]Mark Buchanan, Nexus : Small Worlds and the Groundbreaking Science of Networks (Norton, 2002)

てらさわ・だいすけ(寺沢大介);2002/11,2003/5;喰いタン(1)(2);

イブニングKC-16,29;講談社;各514円(各100円);B6判;;並製;230,212頁;;ISBN4-06-352016-1,ISBN4-06-352029-3;

もの喰つて事件を解決するといふコンセプトがすごい。旨味ーッ。

けふの買物

人生逃亡者の記録
きだみのる・中公新書
文林通言
石川淳・中公文庫

2005-06-12 (Sun)

えくに・しげる(江國滋);1982/11;男女驚学―娘たちに贈る覚書―;

旺文社文庫[151-4];旺文社;340円(100円);文庫判;縦組;並製;246頁;;ISBN4-01-064200-9;

2005-06-13 (Mon)

ほんだ・あきら(本多啓);2005/2;アフォーダンスの認知意味論――生態心理学から見た文法現象;

;東京大学出版会;(借覧);A5判;横組;上製;xv+331頁;;ISBN4-13-086032-1;

2005-06-14 (Tue)

あべ・よしろー(阿部郎);2004/3;失われた史前学 公爵大山柏と日本考古学;

;岩波書店;3,400円(借覧);四六判;縦組;上製;4+xiv+266+3頁;;ISBN4-00-000187-6;

おーき・やすし(大木康);2004/5;明末江南の出版文化;

研文選書92;研文出版;2,400円(借覧);四六判;縦組;上製;259+ix頁;;ISBN4-87636-231-9;

明朝体は、縦画を彫るひとと横画を彫るひととの分業のなかでデザインされてきたものなのか。なるほどなあ。

てらさわ・だいすけ(寺沢大介);2003/11;喰いタン(3);

イブニングKC-45;講談社;514円(300円);B6判;;並製;196頁;;ISBN4-06-352045-5;

おがわ・よーいち(小川陽一);2005/3;中国の肖像画文学;

研文選書94;研文出版;2,200円(借覧);四六判;縦組;上製;196頁;;ISBN4-87636-247-5;

けふの買物

「考える」ための小論文
西研/森下育彦・ちくま新書

2005-06-15 (Wed)

こーだんしゃぶんげーぶんこ(講談社文芸文庫)[編];2002/2;戦後短篇小説再発見(9) 政治と革命;

講談社文芸文庫;講談社;950円(借覧);文庫判;縦組;並製;286頁;;ISBN4-06-198269-9;[著者]たなか・ひでみつ(田中英光)/はやし・ふさお(林房雄)/ほった・よしえ(堀田善衞)/のま・ひろし(野間宏)/はにや・ゆたか(埴谷雄高)/くらはし・ゆみこ(倉橋由美子)/いのうえ・みつはる(井上光晴)/ふるい・よしきち(古井由吉)/キム・ソクポム(金石範)/たかはし・かずみ(高橋和巳)/かいこー・たけし(開高健)/きりやま・かさね(桐山襲)

倉橋由美子の作をなにかよまうと思つて。

うちだ・たつる(内田樹);2004/10;死と身体――コミュニケーションの磁場;

シリーズ ケアをひらく;医学書院;2,000円(借覧);A5判;縦組;並製;242頁;;ISBN4-260-33366-6;

かない・よしこ(金井淑子)[編];2004/11;性/愛;

岩波応用倫理学講義5;岩波書店;3,400円(借覧);A5判;縦1,2段組;並製;xiii+286頁;;ISBN4-00-026718-3;[執筆者]かない・よしこ(金井淑子)/うちだ・たつる(内田樹)/ながの・じゅん(永野潤)/あきつ・えー(阿木津英)/かわの・きよみ(河野貴代美)/ぬまざき・いちろー(沼崎一郎)/ほそや・まこと(細谷実)/いわもと・みさこ(岩本美砂子)/みさご・ちずる(三砂ちづる)/いだ・くみこ(伊田久美子)/くらもと・ともあき(倉本智明)/すながわ・ひでき(砂川秀樹)/いのうえ・たかこ(井上たか子)//あだち・まりこ(足立眞理子)/かとー・しゅーいち(加藤秀一)/たけむら・かずこ(竹村和子)

こばやし・たくみ(小林拓己);2002/5;ヴァージンな関係(1);

BAMBOO COMICS[VITAMAN SELECT];竹書房;562円(100円);B6判;;並製;215頁;;ISBN4-8124-5646-0;

エロ漫画。藤島康介の絵柄を完コピして描かれてゐるのに感心して。

2005-06-16 (Thu)

たなか・しゅーせー(田中秀征);2004/6;日本リベラルと石橋湛山 いま政治が必要としていること;

講談社選書メチエ302;講談社;1,500円(借覧);四六判;縦組;並製;238頁;;ISBN4-06-258302-X;

なんかリフレ派に人気の石橋湛山の名を私がはじめてみたのは荒俣宏「帝都物語」で、そのおかげでなんかダムを沢山つくつて電力をまかなはうとした人だとずつと思つてゐました。

いたさか・よーこ(板坂耀子);2005/3;平家物語 あらすじで楽しむ源平の戦い;

中公新書1787;中央公論新社;760円(借覧);新書判;縦組;並製;242頁;;ISBN4-12-101787-0;

のや・しげき(野矢茂樹);1999/4;哲学・航海日誌;

;春秋社;(借覧);四六判;縦組;上製;ix+388頁;;ISBN4-393-32301-7;

2005-06-17 (Fri)

こーだんしゃぶんげーぶんこ(講談社文芸文庫)[編];2002/1;戦後短篇小説再発見(8) 歴史の証言;

講談社文芸文庫;講談社;950円(借覧);文庫判;縦組;並製;259頁;;ISBN4-06-198268-0;[著者]ひらばやし・たいこ(平林たい子)/あがわ・ひろゆき(阿川弘之)/なかの・しげはる(中野重治)/みうら・しゅもん(三浦朱門)/ふじ・まさはる(富士正晴)/さた・いねこ(佐多稲子)/みずかみ・つとむ(水上勉)/よしの・せー(吉野せい)/たなか・こみまさ(田中小実昌)/り・かいせい/イ・フェソン(李恢成)/さかがみ・ひろし(坂上弘)

2005-06-18 (Sat)

こーだんしゃぶんげーぶんこ(講談社文芸文庫)[編];2001/12;戦後短篇小説再発見(7) 故郷と異郷の幻影;

講談社文芸文庫[こ J8];講談社;950円(借覧);文庫判;縦組;並製;320頁;;ISBN4-06-198267-2;[著者]いぶせ・ますじ(井伏鱒二)/はせがわ・しろー(長谷川四郎)/こばやし・まさる(小林勝)/きやま・しょーへー(木山捷平)/つじ・くにお(辻邦生)/いしむら・みちこ(石牟礼道子)/いつき・ひろゆき(五木寛之)/もり・あつし(森敦)/はやし・きょーこ(林京子)/みつおか・あきら(光岡明)/おだ・まこと(小田実)/しまだ・まさひこ(島田雅彦)

ときえだ・もとき(時枝誠記);1973/10;言語本質論;

時枝誠記博士論文集 第一册;岩波書店;2,000円(借覧);A5判;縦組;上製;xii+394頁;;;

「語の意味の體系的組織は可能であるか―此の問題の由來とその解決に必要な準備的調査―」は名篇だと人にすすめられたので。

2005-06-19 (Sun)

ほむら・ひろし(穂村弘);2004/6;もうおうちへかえりましょう;

;小学館;1,400円(借覧);四六判;縦組;並製;189頁;;ISBN4-09-387508-1;

「彗星のたてがみ」つて陰毛のことだつたんだ。

つかもと・くにお(塚本邦雄);1973/6→1984/4;定家百首 良夜爛漫;

河出文庫[142A];河出書房新社;408円;文庫判;縦組;並製;261頁;;ISBN4-309-40074-4;

2005-06-20 (Mon)

わかお・まさき(若尾政希);2004/3;安藤昌益からみえる日本近世;

;東京大学出版会;6,200円(借覧);A5判;縦組;上製;xxiv+388+17頁;;ISBN4-13-026206-8;

安藤昌益がどんなリソースを利用して思想形成をしていつたのかを丹念に調査してゐてなかなか面白かつた(マルクス主義ぽいのも)。「歴史をよむ」(の多分「年表」の項)で本書の著者は、安藤昌益も愛用してゐたといふ「倭漢合運指掌図」を紹介してゐたのけれど、その写真を見ると「人王ヨリ○○年」といふ風に書いてあつて、ああ皇紀つて近代になつて創られたばかりのものではなかつたのだなあ、と思つたことでした。

えんどー・かおる(遠藤薫)[編著];2004/11;インターネットと〈世論〉形成 間メディア的言説の連鎖と抗争;

;東京電機大学出版局;(借覧);A5判;横組;上製;vii+351頁;;ISBN4-501-62050-1;[執筆者]遠藤薫/桃塚薫/高橋悦子/植村八潮/金相集/齋藤皓太/木本玲一/高原基彰/西村博之

湘南ゴミ拾ひオフの背景に嫌韓感情もあつたとは知らなかつた(pp.84-87)。

ひがき・たかし(日垣隆);1999/6;少年リンチ殺人 「ムカつくから、やっただけ」;

;講談社;1,600円(借覧);四六判;縦組;上製;246頁;;ISBN4-06-209792-3;

けふの買物

「心の専門家」はいらない
小沢牧子・新書y
英語の語源
渡部昇一・講談社現代新書
ソレしながら好きって言える?
安彦麻理絵・F×comics

2005-06-21 (Tue)

なかお・りょーしん(中尾良信);2005/5;日本禅宗の伝説と歴史;

歴史文化ライブラリー189;吉川弘文館;1,700円(借覧);四六判;縦組;並製;6+207頁;;ISBN4-642-05589-4;

こいけ・せーじ(小池清治);2001/10;現代日本語探究法;

シリーズ〈日本語探究法〉1;朝倉書店;2,500円(借覧);A5判;並製;横組;iv+148頁;;ISBN4-254-51501-4;

「黒い雨」は長崎原爆を小説化した(p.102)ものではないよね。といふか、女学生に「メスブタ」と暴言、宇都宮大教授を懲戒処分(11/27)といふのは、本書の著者だつたではないかなあ、と思ふのだけれど。

なかはら・まさや(中原昌也);2004/7;待望の短篇集は忘却の彼方に;

;河出書房新社;1,300円(借覧);四六判;縦組;上製;139頁;;ISBN4-309-01648-0;

慎太郎!マンガ! といふか、「デス秋葉系」といふ語を誰かつかつてる人はゐるだらう(本書の著者に対してでなく)、と思つたけど、検索しても、文末の「です」の片仮名表記+「秋葉系」しかみあたらないみたい。

いせざき・けんじ(伊勢崎賢治);2004/12;武装解除――紛争屋が見た世界;

講談社現代新書1767;講談社;740円(借覧);新書判;縦組;並製;245頁;;ISBN4-06-149767-7;

すごい人もゐるもんだなあ。

たぐち・けんじ(田口賢司);2004/10;メロウ;

;新潮社;1,500円(借覧);四六判;縦組;上製;170頁;;ISBN4-10-396902-4;

きしだ・しゅー(岸田秀)/やまもと・しちへー(山本七平);1980/9→1996/5;日本人と「日本病」について;

文春文庫[き-14-3];文藝春秋;408円(100円);文庫判;縦組;並製;250頁;;ISBN4-16-754004-5;

2005-06-22 (Wed)

Reading Batonがまはつてきたよ

antipop.gs(la gaya scienza!?)のけんたろさんからReading Batonをわたされたのでうけとつてこたへてみます。私の読書は、「何もしないでいる」ための手続き(別役実)なので陸なことはかけないと思ひますが。

お気に入りのテキストサイト(ブログ)
ボルトさんのアナンダがあんまり素敵だつたのもので、とあるサイトをつくるとき、ハンドルネームとして勝手に頂戴してしまひました。
今読んでいる本
四方田犬彦「旅の王様」と、志田唯史「漢字って、もともと、そういう意味だったのか」。
好きな作家
橋本治
最初によんだのは、多分「風雅の虎の巻」だつたのではないかと思ひます。図書館で借りてよんだそれは単行本だつたのだけれど、ある日古本屋で講談社文庫版を100円で入手して、おお、と思つたのでした(といふのも、そのころはまだ百均棚は勿論、文庫落ちといふことすらしらなくて、こんな本質尽くしの本がただも同然で自分のものになつてしまつてよいものかと驚いた)。その後、おなじ店で買つた「'89」を高校生の私は何遍よんだことでせう。「みんな“オタク”になっちゃうぞ」をよんでゐて知らぬ間に涙がでてゐたことがありました。
「ハイスクール八犬伝」のつづきがよみたいなあ。あと、「人工島戦記」は一体どうなつたんだらう。
浅羽通明
「風雅の虎の巻」や「'89」を買つたのとおなじ(いまはもうつぶれてしまつた)古本屋で、「ニセ学生マニュアル」の黒い「逆襲版」と赤い「死闘篇」を買つて、これも何遍もみて学問の概略を知つた気になる。結局、ニセマの甲斐なくどうしやうもないくらゐ〈知のおたく〉になつてしまひました。
坪内祐三
「ストリートワイズ」を、はじめて書店でみたときに、誰だこれ、と思つて手にとつて、そのまま棚にもどして、つぎの日またその書店に行くと、2冊あつたのが1冊へつてゐて、これやいけない、と思つて購入。そして読んで、なぜか(身のほどしらずにも)著者を嫉妬しました。さらにそのまた次の日に同じ店に行つたらまた1冊おいてありました。
その後出た「シブい本」は再読三読した最後の本ではないかと思ひます。
小松英雄
人にすすめられて「徒然草抜書」(講談社学術文庫)をよんで世界がかはりました。
よく読むまたは、思い入れのある本
上記を参照してください。
この本は手放せません!
本へのフェティッシュはないつもりなので。あるいは、本を手放しては商売にならない身のはずなのにその商売をしてゐないので。
次にバトンを渡すヒト3名2名
その厖大な学知の片鱗でものぞかせていただきたく【書庫】*書物のトポス=書物のトピック*の森洋介さんと、サイトの更新再開を希望して変態的性行為の探求とその諸相の常盤幸利さんとに受け取つていただけたらありがたく存じます。

わたなべ・かずたみ(渡邊一民);2005/3;中島敦論;

;みすず書房;2,800円(借覧);四六判;縦組;上製;224頁;;ISBN4-622-07135-5;

けふの買物

テレビCMを読み解く
内田隆三・講談社現代新書
女は男のどこを見ているか
岩月謙司・ちくま新書
大江戸史話
大石慎三郎・中公文庫
別冊宝島279 わかりたいあなたのための心理学・入門 「こころ」の謎はここまで解けた!
宝島社
タイの僧院にて
青木保・中公文庫
沈黙の文化を訪ねて
青木保・中公文庫
アンコール史跡考 エロスと蛇神
宗谷真爾・中公文庫
ダーウィンを越えて
今西錦司・吉本隆明・中公文庫
古語雑談
佐竹昭広・岩波新書
尾崎翠
群ようこ・文春新書
進路はディキシーランド
樋口修吉・集英社文庫
銀座北ホテル
樋口修吉・集英社文庫
恋する短歌
佐藤真由美・集英社文庫
怪しいお仕事!
北尾トロ・新潮OH!文庫
私の外国語修得法
阿部謹也編・中公文庫
宇宙の法則 世界の基本(2)
太田虎一郎・HYPER HOT MILKコミックス

2005-06-23 (Thu)

せきね・せーぞー(関根清三);1998→2005/4;旧約聖書の思想――24の断章;

講談社学術文庫1705;講談社;1,150円(借覧);文庫判;縦組;並製;355頁;;ISBN4-06-159705-1;

まや・みねお(魔夜峰央);2005/6;パタリロ!(76);

花とゆめCOMICS;白泉社;390円(2割引);新書判;;並製;190頁;;ISBN4-592-18178-6;

プラズマXなつかしい。

けふのグロ強要、その他の買物

sabra 012 2005 14th July
小学館
日本の敬語論 ポライトネス理論からの再検討
滝浦真人・大修館書店
制度通(上)(下)
伊藤東涯著・吉川幸次郎校訂・岩波文庫
伝わる・揺さぶる!文章を書く
山田ズーニー・PHP新書
古本買い 十八番勝負
嵐山光三郎・集英社新書
平凡パンチ1964
赤木洋一・平凡社新書
グロテスクな教養
高田理惠子・ちくま新書
日本の古代語を探る――詩学への道
西郷信綱・集英社新書

2005-06-24 (Fri)

たきうら・まさと(滝浦真人);2005/6;日本の敬語論――ポライトネス理論からの再検討;

;大修館書店;2,000円(2割引);四六判;縦組;上製;xiv+315頁;;ISBN4-469-22171-6;

なかなか面白い。以前、エピグラフにひかれてゐるGeorge YuleのPragmaticsをよむ授業をとつてたことがあつたけど、結局身についてないなあ。といふわけで後半はよくわかつてゐないのだけれど。

しだ・ただし(志田唯史);2001/9;漢字って、もともと、そういう意味だったのか――漢字のルーツを探る;

角川oneテーマ21 B-14;角川書店;571円(250円);新書判;縦組;並製;223頁;;ISBN4-04-704051-7;

おもに加藤常賢と白川静を比較してゐる。よみよかつた。一貫性から、白川説に軍配をあげてゐることがおほいやうな気がする。白川静はどこかで加藤常賢のことを暗になんでも不具の侏儒にむすびつける僻説者とか書いてなかつたつけ。

2005-06-25 (Sat)

ロナルド・ドーア[著]・いしずか・まさひこ(石塚雅彦)[訳];2004=2005/4;働くということ グローバル化と労働の新しい意味;

中公新書1793;中央公論新社;700円(借覧);新書判;縦組;並製;x+198頁;;ISBN4-12-101793-5;[原著]Ronald Dore : New forms and meaning of work in an increasingly globalized world, Geneva, International Labour Organization, 2004.

2005-06-26 (Sun)

はやし・ちかふみ(林史典)[編];2005/4;文字・書記;

朝倉日本語講座2;朝倉書店;(借覧);A5判;横組;上製;x+252頁;;ISBN4-254-51512-X;[執筆者]はやし・ちかふみ(林史典)/さたけ・ひでお(佐竹秀雄)/いぬかい・たかし(犬飼隆)/つきもと・まさゆき(月本雅幸)/ささき・たかし(佐佐木隆)/いさか・じゅんいち(伊坂淳一)/さこの・ふみのり(迫野虔徳)/おぐら・はじめ(小倉肇)/ぬもと・かつあき(沼本克明)/ひずめ・しゅーじ(肥爪周二)/こばやし・かずひと(小林一仁)/やだ・つとむ(矢田勉)

2005-06-27 (Mon)

よもた・いぬひこ(四方田犬彦);1999/2;旅の王様;

;マガジンハウス;(借覧);四六判;縦組;上製;233頁;;ISBN4-8387-1111-5;

にし・けん(西研)/もりした・いくひこ(森下育彦);1997/5;「考える」ための小論文;

ちくま新書110;筑摩書房;660円(350円);新書判;縦組;並製;238頁;;ISBN4-480-05710-2;

国語文字史研究会[編];2005/3;国語文字史の研究 八;

;和泉書院;7,500円(借覧);A5判;縦組;上製;236頁;;ISBN4-7576-0304-5;[執筆者]いぬかい・たかし(犬飼隆)/どい・みゆき(土居美幸)/いのぐち・たかし(井野口孝)/なかしま・よーこ(中嶌容子)/こんの・しんじ(今野真二)/たむら・なつき(田村夏紀)/いぬい・よしひこ(乾善彦)/しらいし・さちえ(白石幸恵)/やの・じゅん(矢野準)/さとー・えーさく(佐藤栄作)/たじま・まさる(田島優)/はちや・まさと(蜂矢真郷)

今野先生おつかない。

たまきちひろ;2005/5;スカートの中はいつも戦場;

;朝日ソノラマ;800円(500円);A5判;;並製;244頁;;ISBN4-257-90530-1;

タイトル買ひ。でも出来は微妙だと思つた。

明智抄の始末人シリーズの完全版が、朝日ソノラマから文庫で出てゐるのを折込み広告で知る。ところで、「サンプル・キティ」をその出典とする「イチゴが売っている」という表現は、「象は鼻が長い」「僕はウナギだ」「カキ料理は広島が本場だ」「レモンはビタミンCに富む」等等のなかまいりができるだらうか。

けふの買物

苺ましまろ(4)
ばらスィー・DENGEKI COMICS
犬ぐらし
遠藤淑子・JETS COMICS

2005-06-28 (Tue)

ばらスィー;2005/6;苺ましまろ(4);

DENGEKI COMICS[C-96-4];[発行]メディアワークス・[発売]角川書店;550円(400円);B6判;;並製;160頁;;ISBN4-8402-2981-3;

こーだんしゃぶんげーぶんこ(講談社文芸文庫)[編];2001/11;戦後短篇小説再発見(6) 変貌する都市;

講談社文芸文庫[こ J7];講談社;950円(借覧);文庫判;縦組;並製;306頁;;ISBN4-06-198266-4;[著者]おだ・さくのすけ(織田作之助)/しまお・としお(島尾敏雄)/うめざき・はるお(梅崎春生)/はやし・ふみこ(林芙美子)/ふくなが・たけひこ(福永武彦)/もり・まり(森茉莉)/あべ・あきら(阿部昭)/みき・たく(三木卓)/ひの・けーぞー(日野啓三)/きよーか・たかゆき(清岡卓行)/ごとー・めーせー(後藤明生)/むらかみ・はるき(村上春樹)

うえの・ちずこ(上野千鶴子);1989/8→1992/11;スカートの下の劇場;

河出文庫[う 3-1];河出書房新社;466円(220円);文庫判;縦組;並製;215頁;;ISBN4-309-47241-9;

2005-06-29 (Wed)

けふの、野本かりあの歌で1番好きなのは恋のマンスフィールド大作戦

けふの買物。

教養としてのロースクール小論文
浅羽通明・早稲田経営出版
平成疑問假名遣 平成十七年度版
高崎一郎・國語問題協議會発行・紀伊國屋書店發賣
日本の「リベラル」 自由を謳い自由を脅かす勢力
掛谷英紀・新風舎
カアリイ
野本かりあ・readymade international

2005-06-30 (Thu)

こーだんしゃぶんげーぶんこ(講談社文芸文庫)[編];2001/10;戦後短篇小説再発見5 生と死の光景;

講談社文芸文庫[こ J6];講談社;950円(借覧);文庫判;縦組;並製;272頁;;ISBN4-06-198265-6;[著者]まさむね・はくちょー(正宗白鳥)/しま・ひろし(島比呂志)/えんどー・しゅーさく(遠藤周作)/かわばた・やすなり(川端康成)/ゆーき・しんいち(結城信一)/しまお・みほ(島尾ミホ)/たかはし・まさお(高橋昌男)/いろかわ・たけひろ(色川武大)/たかい・ゆーいち(高井有一)/うえだ・みよじ(上田三四二)/みうら・てつお(三浦哲郎)/むらた・きよこ(村田喜代子)

けふの買物

なぜ「話」は通じないのか コミュニケーションの不自由論
仲正昌樹・晶文社
Ads by TOK2