過眼日録抄[2006-01]

2006-01-01 (Sun)

ほさか・かずし(保坂和志);1994/7→1997/8;猫に時間の流れる;

新潮文庫[ほ-11-1];新潮社;400円(-);文庫判;縦組;並製;232頁;;ISBN4-10-144921-X;

湯舟で「キャットナップ」をながめてゐるうちに、としがかはつた。とほくで花火があがる音がした。

ふじわら・きーち(藤原帰一);2004/8;平和のリアリズム;

;岩波書店;2,300円(借覧);四六判;縦組;上製;xxiv+277頁;;ISBN4-00-024706-9;

やまむろ・しんいち(山室信一);2005/7;日露戦争の世紀―連鎖視点から見る日本と世界―;

岩波新書(新赤版)958;岩波書店;780円(借覧);新書判;縦組;並製;xii+249+7頁;;ISBN4-00-430958-1;

非戦論が容認されてゐたのは「文明国」であることのアピールでもあつたといふ指摘に、あぁ、と思つた(p.157)。

2006-01-02 (Mon)

こーち・しょーすけ(河内祥輔);2003/1;中世の天皇観;

日本史リブレット22;山川出版社;800円(1割引);A5判;縦組;並製;102頁;;ISBN4-634-54220-X;

「正統」の理念とか日本書紀ダイジェストとしての古語拾遺とか。

くじらおか・たかし(鯨岡峻);2005/8;エピソード記述入門 実践と質的研究のために;

;東京大学出版会;2,800円(借覧);A5判;横組;並製;iii+278頁;;ISBN4-13-012042-5;

なかおか・なりふみ(中岡成文)[編];2004/7;生命;

岩波応用倫理学講義1;岩波書店;3,200円(借覧);A5判;縦1,2段組;並製;xiii+267頁;;ISBN4-00-026714-0;[執筆者]なかおか・なりふみ(中岡成文)/いけだ・きよひこ(池田清彦)/にしかわ・まさる(西川勝)/ほんま・なおき(本間直樹)/しながわ・てつひこ(品川哲彦)/たなか・ともひこ(田中智彦)/ますだ・みずこ(増田みず子)/しもだ・もとむ(霜田求)/あわや・つよし(粟屋剛)/ねむら・なおみ(根村直美)

2006-01-03 (Tue)

こざかい・としあき(小坂井敏晶);1996/10;異文化受容のパラドックス;

朝日選書564;朝日新聞社;1,262円(借覧);四六判;縦組;並製;280頁;;ISBN4-02-259664-3;

よもた・いぬひこ(四方田犬彦);1992/5;越境のレッスン 東アジアの現在・五つの対話;

丸善ライブラリー050;丸善;(借覧);新書判;縦組;並製;vii+247頁;;ISBN4-621-05050-8;[対談者]しまだ・まさひこ(島田雅彦)/い・てえよん(李泰栄)/きむ・まみ(金摩美)/たるみ・ちえ(垂水千恵)/しゅう・けい(舒琪)/かりま・ふみとし(刈間文俊)

2006-01-04 (Wed)

かとー・ひさたけ(加藤尚武);1996/6;現代を読み解く倫理学 応用倫理学のすすめII;

丸善ライブラリー196;丸善;680円(借覧);新書判;縦組;並製;x+235頁;;ISBN4-621-05196-2;

ほさか・ひろし(保坂弘司);1978/10;レポート・小論文・卒論の書き方;

講談社学術文庫297;講談社;480円(100円);文庫判;縦組;並製;247頁;;ISBN4-06-158297-6;

けふの買物

ボクの京大物語
森毅・福武文庫
負けるのは美しく
児玉清・集英社
カーニヴァル化する社会
鈴木謙介・講談社現代新書
日本語の森を歩いて フランス語から見た日本語学
フランス・ドルヌ+小林康夫・講談社現代新書
謎解き・風の又三郎
天沢退二郎・丸善ライブラリー
謎解き 洛中洛外図
黒田日出男・岩波新書
考古学の散歩道
田中琢・佐原真・岩波新書
英語の感覚(上)(下)
大津栄一郎・岩波新書
紫式部日記
池田亀鑑・秋山虔校注・岩波文庫
八木重吉全詩集2 詩集 貧しき信徒・詩稿III
ちくま文庫
「伝統」とは何か
大塚英志・ちくま新書
正義を疑え!
山口意友・ちくま新書
日本エロ写真史
下川耿史・ちくま文庫
るくるく(5)
あさりよしとお・アフタヌーンKC
ドラゴン桜(11)
三田紀房・モーニングKC

2006-01-05 (Thu)

あさりよしとお;2005/10;るくるく(5);

アフタヌーンKC-1172;講談社;505円(350円);B6判;;並製;182頁;;ISBN4-06-321172-X;

2006-01-06 (Fri)

鴎外晩年の仮名遣意見?

以前から疑問に思つてゐたのだけれど、上記の本の、保科孝一が森鴎外から(新仮名化をすすめるやう)後事を託されたといふのは、どこまで信じてよいことなのかしら(pp.238-243)。先日鴎外箚記をよんでゐたら、鴎外は晩年ローマ字論者だつたといふ噂があるが著者は信じない、といふやうなことが書いてあつて、案外符合するのかもと思ひもする。


ふじおか・ただはる(藤岡忠美);1985/7→2005/8;紀貫之;

講談社学術文庫1721;講談社;1,200円(借覧);文庫判;縦組;並製;320頁;;ISBN4-06-159721-3;

なんしー・せき(ナンシー関);2002/11→2005/12;何はさておき;

角川文庫[な 30-12];角川書店;438円(1割引);文庫判;縦組;並製;201頁;;ISBN4-04-198612-5;

けふの貰物

「UP」(12, 1月号)「東方」(1月号)。

2006-01-07 (Sat)

きくち・やすと(菊地康人)[編];2003/3;敬語;

朝倉日本語講座8;朝倉書店;(借覧);A5判;横組;上製;x+291頁;;ISBN4-254-51518-9;[執筆者]きくち・やすと(菊地康人)/くまい・ひろこ(熊井浩子)/かばや・ひろし(蒲谷宏)/のだ・ひさし(野田尚史)/あさまつ・あやこ(浅松絢子)/よしおか・やすお(吉岡泰夫)/おざき・よしみつ(尾崎喜光)/からしま・みえ(辛島美絵)/もりの・たかき(森野崇)/もりやま・ゆきこ(森山由紀子)/にしだ・なおとし(西田直敏)/すぎやま・あいしぇぬーる(杉山アイシェヌール)

かねこ・つとむ(金子務);2005/3;オルデンバーグ――十七世紀科学・情報革命の演出者;

中公叢書;中央公論新社;1,800円(借覧);四六判;縦組;並製;293+xiv頁;;ISBN4-12-003618-9;

2006-01-08 (Sun)

たなか・みがく(田中琢)/さはら・まこと(佐原真);1993/11;考古学の散歩道;

岩波新書(新赤版)312;岩波書店;602円(100円);新書判;縦組;並製;iii+229頁;;ISBN4-00-430312-5;

2006-01-09 (Mon)

おーつぼ・へーじ(大坪併治);1981/8;平安時代における訓點語の文法;

;風間書房;25,000円(借覧);A5判;縦組;上製;3+3+3+6+1083頁;;ISBN4-7599-0555-3;

ひろかわ・よーいち(廣川洋一);1980→1999/1;プラトンの学園 アカデメイア;

講談社学術文庫1361;講談社;1,000円(借覧);文庫判;縦組;並製;341頁;;ISBN4-06-159361-7;

いとー・まもる(伊藤守);2005/7;記憶・暴力・システム――メディア文化の政治学;

《思想*多島海》シリーズ;法政大学出版局;(借覧);四六判;縦組;上製;xviii+214+30頁;;ISBN4-588-10005-X;

シャンタル・ムフのことを、モッフェ、と書いてゐるのでさういふ表記もあるのかな、と検索してみたけど「萌え」の変形ばかり目につく感じ。Mouffeを実際どう発音するのかはしらないのだけれど。

ふじわら・きーち(藤原帰一);2003/12;「正しい戦争」は本当にあるのか 論理としての平和主義;

;ロッキング・オン;(借覧);B6判;縦組;上製;317頁;;ISBN4-86052-031-9;

2006-01-10 (Tue)

ふじえだ・てるお(藤枝晃雄);2005/6;現代芸術の彼岸;

MAUライブラリー(3);武蔵野美術大学出版局;(借覧);四六判;縦組;上製;283頁;;ISBN4-901631-67-5;

バブルのポストモダニズム、現在謳歌の反モダニズムを撃つ。本書の著者がアート界でどういふ位置にあるのかは全然しらないのだけど、カッコいい(私が悪口好きなだけか)。再刊なつた「絵画の準備を!」は本書「メタ理論を遁れて」の批判にちやんと応接してるのかな。

もり・おーがい(森鷗外);1999/5;渋江抽斎;

岩波文庫[緑 5-8];岩波書店;700円(借覧);文庫判;縦組;並製;389頁;;ISBN4-00-310058-1;

けふの貰物

「理 コトワリ」(No.07 2005 Autumn-Winter、関西学院大学出版会)「図書」(1月号)もらふ。「図書」誌で、四方田犬彦「日本の書物への感謝」が新連載。「かわいい論」はどうしよう。今年の新企画としてフロイト全集ほかいろいろ面白さうな名前があがつてゐる。小林隆編で「シリーズ 方言学」(全4巻、9月刊)が出るみたい。2月刊行予定の本のなかに、吉川幸次郎「宋詩概説」(岩波文庫)。

2006-01-11 (Wed)

すずき・ひとし(鈴木一誌)+知恵蔵裁判を読む会;2001/1;知恵蔵裁判全記録;

;太田出版;4,700円(借覧);A4判;縦2〜4段組;上製;335頁;;ISBN4-87233-566-X;[知恵蔵裁判を読む会]くまもと・といつ(隈本斗乙)/こーり・じゅんいちろー(郡淳一郎)/すずき・ひとし(鈴木一誌)/すずき・ふみえ(鈴木文枝)/まえだ・としあき(前田年昭)/みかみ・まさみち(三上雅通)

鈴木一誌が福田和也(や斎藤環)の仕事をしてるのを金井美恵子はどう思つてるんだらうか。

たけうち・いちろー(竹内一郎);2005/10;人は見た目が9割;

新潮新書137;新潮社;680円(借覧);新書判;縦組;並製;191頁;;ISBN4-10-610137-8;

おーぎや・しょーぞー(扇谷正造);1979/3;話し上手・聞き上手 市民のための講座;

講談社現代新書535;講談社;534円(100円);新書判;縦組;並製;236頁;;ISBN4-06-145535-4;

2006-01-12 (Thu)

ながさわ・きくや(長澤規矩也)[著]、長澤規矩也先生喜壽記念會[編];1983/12;藏書書目・書誌學史;

長澤規矩也著作集 第四卷;汲古書院;8,000円(借覧);A5判;縦組;上製;8+4+503頁;;;

谷沢永一が、ついでながら、この「書誌学と図書学と図書館学」一篇を含む第四巻は、最も読み易くて著作集の入り口ともなっている、と書いてゐたので。

すずき・たんじろー(鈴木丹士郎);2005/8;江戸の声――話されていた言葉を聴く;

江戸東京ライブラリー25;教育出版;1,500円(15%引);B6判;縦組;並製;190頁;;ISBN4-316-35940-1;

ながしま・よーいち(長島要一);2005/10;森鷗外 文化の翻訳者;

岩波新書(新赤版)976;岩波書店;740円(借覧);新書判;縦組;並製;iv+228頁;;ISBN4-00-430976-X;

けふの買物

紙つぶて 自作自注最終版
谷沢永一・文藝春秋
言語哲学 入門から中級まで
W・G・ライカン著・荒磯敏文・川口由起子・鈴木生郎・峯島宏次訳・勁草書房
日本古代史を学ぶための漢文入門
池田温編・吉川弘文館

2006-01-13 (Fri)

よしみ・しゅんや(吉見俊哉)/わかばやし・みきお(若林幹夫)[編];2005/4;東京スタディーズ;

;紀伊國屋書店;2,000円(借覧);A5判;縦組;並製;285頁;;ISBN4-314-00979-9;[執筆者]よしみ・しゅんや(吉見俊哉)/わかばやし・みきお(若林幹夫)/あかがわ・まなぶ(赤川学)/いがらし・たろー(五十嵐太郎)/いしはら・ちあき(石原千秋)/かねこ・あつし(金子淳)/きただ・あきひろ(北田暁大)/たじま・じゅんこ(田嶋淳子)/たなか・けんのすけ(田中研之輔)/チェン・ショウジェン(鄭秀娟)/ステファニー・デボア(Stephanie DeBoer)/なかむら・ひでゆき(中村秀之)/にしざわ・あきひこ(西澤晃彦)/もりかわ・かいちろー(森川嘉一郎)/やまだ・はるみち(山田晴通)/イレーナ・リフロフスカ(Irena Rychlowska)/すずき・たかゆき(鈴木隆行)/ながい・よしかず(永井良和)/まつい・かずや(松井和哉)/たなか・だいすけ(田中大介)/なかむら・ゆか(中村由佳)/なんご・よしかず(南後由和)/ひらい・たろー(平井太郎)

なかざわ・しんいち(中沢新一);2005/5;アースダイバー;

;講談社;1,800円(借覧);A5判;縦組;並製;252頁;;ISBN4-06-212851-9;[写真]おーもり・かつみ(大森克己)

美文家だ。

尾崎知光;1967/5;近代文章の黎明―二葉亭「浮雲」の場合―;

研究叢書18;桜楓社;680円(借覧);B6判;縦組;上製;181頁;;;

本書の著者と尾崎喜光(国研)とは縁者かなにかなのかなあ。

おだなか・なおき(小田中直樹);2005/2;フランス7つの謎;

文春新書427;文藝春秋;680円(借覧);新書判;縦組;並製;197頁;;ISBN4-16-660427-9;

くぼしま・せーいちろー(窪島誠一郎);2001/7;無言館ノオト――戦没画学生へのレクイエム;

集英社新書0098-F;集英社;760円(100円);新書判;縦組;並製;2+229頁;;ISBN4-08-720098-1;

2006-01-14 (Sat)

くらたに・しげる(倉谷滋);2005/7;個体発生は進化をくりかえすのか;

岩波科学ライブラリー108;岩波書店;1,200円(借覧);B6判;縦組;並製;ix+112頁;;ISBN4-00-007448-2;

こいけ・せーじ(小池清治);2003/6;日本語は悪魔の言語か?――ことばに関する十の話;

角川oneテーマ21 B-44;角川書店;667円(借覧);新書判;縦組;並製;213頁;;ISBN4-04-704131-9;

国号「日本」は「相手基準の自己定位」だといふ点、終止形の連体形への合流の要因のひとつに東国方言(アクセント)の影響があるといふ点、おはや、ありがたは関西弁だといふ点などもう少し論証がほしいと思つた。

こーのす・ゆきこ(鴻巣友季子);2005/10;明治大正 翻訳ワンダーランド;

新潮新書138;新潮社;680円(借覧);新書判;縦組;並製;204頁;;ISBN4-10-610138-6;

本書の著者があるところで、日本語がかはつてきた、「久住は悲しい」というのは日本語では一応言いにくかった。だけど、最近の小説を見ると主人公の描写で「彼は悲しかった」というのが出てきて云云といふやうなことを発言してゐたのだけれど、心情形容詞述語文での主語の一人称限定は現在形でのはなしだつたはず。

あべ・よしお(阿部善雄);1983/9→1994/8;最後の「日本人」 朝河貫一の生涯;

同時代ライブラリー195;岩波書店;1,100円(借覧);B6変型判判;縦組;並製;viii+305頁;;ISBN4-00-260195-1;

2006-01-15 (Sun)

みうら・としひこ(三浦俊彦);2005/10;ラッセルのパラドクス―世界を読み換える哲学―;

岩波新書(新赤版)975;岩波書店;740円(借覧);新書判;縦組;並製;ix+210+8頁;;ISBN4-00-430975-1;

まるや・さいいち(丸谷才一)/やまざき・まさかず(山崎正和);2002/11;日本語の21世紀のために;

文春新書288;文藝春秋;680円(100円);新書判;縦組;並製;179頁;;ISBN4-16-660288-8;

けふの買物

大田垣蓮月
杉本秀太郎・中公文庫
書の美しさ
堀江知彦・現代教養文庫
オール・アバウト・セックス
鹿島茂・文春文庫
メディアの興亡(上)(下)
杉山隆男・文春文庫
日本語論 1993年11月号創刊号 第1巻第1号 特集 日本語とはなにか
山本書房
日本語論 1994年11月号 第2巻第11号 増頁特集 日本語の起源をさぐる
山本書房
言語 1994年1月号 第23巻第1号 特集 日本の食
大修館書店
言語 1995年2月号 第24巻第2号 特集 言語と言語の間
大修館書店
言語 1995年9月号 第24巻第9号 特集 日本語の戦後史
大修館書店
ニコマコス流頭脳ビジネス学
大平健・岩波書店
自叙伝の試み
和辻哲郎・中公文庫
漢文のすゝめ
原田種成・新潮選書

2006-01-16 (Mon)

きやま・ひでお(木山英雄);2005/8;人は歌い人は哭く大旗の前 漢詩の毛沢東時代;

;岩波書店;3,400円(借覧);四六判;縦組;上製;xiv+309+7頁;;ISBN4-00-001936-8;

やすだ・としあき(安田敏朗);2003/6;脱「日本語」への視座 近代日本言語史再考II;

;三元社;2,800円(借覧);四六判;縦組;並製;397頁;;ISBN4-88303-120-9;

以前はこの著者の文章には無暗にむかついてゐたのだけれど、今回は耳順ふおもひでよめた。

しみず・まさゆき(清水正之);2005/4;国学の他者像 誠実(まこと)虚偽(いつわり);

;ぺりかん社;3,600円(借覧);A5判;縦組;上製;274頁;;ISBN4-8315-1108-0;

2006-01-17 (Tue)

けふの買物

十訓抄
永積安明校訂・岩波文庫
ことばの研究室 日本人の言語生活
金田一春彦編・講談社
国語史概説
松村明・秀英出版

2006-01-18 (Wed)

はちや・きよと(蜂谷清人);1998/12;狂言の国語史的研究―流動の諸相―;

;明治書院;18,000円(借覧);A5判;縦組;上製;viii+525頁;;ISBN4-625-42110-1;

みた・のりふさ(三田紀房);2005/12;ドラゴン桜(11);

モーニングKC-1475;講談社;514円(400円);B6判;;並製;218頁;;ISBN4-06-372475-1;

2006-01-19 (Thu)

よしもり・かなこ(吉森佳奈子);2003/10;『河海抄』の『源氏物語』;

研究叢書301;和泉書院;(借覧);A5判;縦組;上製;vi+287頁;;ISBN4-7576-0224-3;

河海抄を准拠論の材料や出典さがしのたねにするのではなく、河海抄自体をよむこと(源語の先例化、「日本紀」その他引用書目の検討等)と、それが源氏物語へのとらへかへしにもつながることとは、もつときつちり分けてほしい気もする(私は、後者にはちよつと疑念がある)。

かとー・ひさたけ(加藤尚武);2002/11;合意形成とルールの倫理学 応用倫理学のすすめIII;

丸善ライブラリー360;丸善;820円(借覧);新書判;縦組;並製;vii+252頁;;ISBN4-621-05360-4;

こばやし・ゆみこ(小林裕美子);2005/7;もち・ぽち;

;徳間書店;952円(借覧);B6判;;並製;143頁;;ISBN4-19-862031-8;

はまだ・あつし(濱田敦);1970/3;朝鮮資料による日本語研究;

;岩波書店;1,400円(借覧);A5判;縦組;上製;vii+324+11頁;;;

2006-01-20 (Fri)

くろだ・ひでお(黒田日出男);2005/10;吉備大臣入唐絵巻の謎;

;小学館;1,900円(借覧);A5判変型;縦組;並製;4+206頁;;ISBN4-09-626222-6;

非常に面白くよんだのだけれど、錯簡の推定は実は方法論とはあまり関係ないやうな気がしないでもない。

はら・よしひさ(原彬久);2005/10;吉田茂―尊皇の政治家―;

岩波新書(新赤版)971;岩波書店;780円(借覧);新書判;縦組;並製;iii+241+7頁;;ISBN4-00-430971-9;

2006-01-21 (Sat)

いのうえ・かつお(井上勝生);2002/5;開国と幕末変革;

日本の歴史 第18巻;講談社;2,200円(借覧);四六判;縦組;上製;8+396頁;;ISBN4-06-268918-9;

いろいろと新しい知見を得た(どうせすぐ忘れるけど)。

やまむろ・しんいち(山室信一);1985/5;近代日本の知と政治――井上毅から大衆演芸まで;

;木鐸社;2,300円(借覧);A5判;縦組;上製;221+v頁;;;

すずき・さだみ(鈴木貞美);1992/12;現代日本文学の思想 解体と再編のストラテジー;

トランスモダン叢書・1;五月書房;3,107円(借覧);四六判;縦組;上製;289頁;;ISBN4-7727-0181-8;

まるや・さいいち(丸谷才一)/やまざき・まさかず(山崎正和);1995→1998/12;半日の客 一夜の友;

文春文庫[ま-2-14];文藝春秋;600円(100円);文庫判;縦組;並製;427頁;;ISBN4-16-713814-X;

対談、鼎談書評、歌仙→句会と福田和也はほんとによく丸谷才一を反復してるなあ。

2006-01-22 (Sun)

こばやし・けんじ(小林賢次);2000/7;狂言台本を主資料とする中世語彙語法の研究;

;勉誠出版;(借覧);A5判;縦組;上製;12+457+12頁;;ISBN4-585-10015-6;

本書の著者が執筆者の一人でもある「弾! 問題な日本語」が、「弾! 問題な日本語」とあやまられてゐるのを見た

しんさん・なめこ(辛酸なめ子);2000/9→2004/10;ニガヨモギ;

ちくま文庫[し-21-1];筑摩書房;540円(1割引);文庫判;;並製;158頁;;ISBN4-480-42011-8;

ふじー・さだかず(藤井貞和);2004/8;物語理論講義;

シリーズ リベラル・アーツ;東京大学出版会;2,600円(1割引);A5判;縦組;並製;xi+224頁;;ISBN4-13-083038-4;

2006-01-23 (Mon)

かわきた・たかお(川北隆雄);2005/10;経済論戦―いま何が問われているのか―;

岩波新書(新赤版)972;岩波書店;700円(借覧);新書判;縦組;並製;viii+206+5頁;;ISBN4-00-430972-7;

やなぎ・はるお(柳治男);2005/3;〈学級〉の歴史学 自明視された空間を疑う;

講談社選書メチエ325;講談社;1,500円(借覧);四六判;縦組;並製;230頁;;ISBN4-06-258325-9;

せきぐち・やすよし(関口安義);1995/10;芥川龍之介;

岩波新書(新赤版)414;岩波書店;(借覧);新書判;縦組;並製;viii+220+8頁;;ISBN4-00-430414-8;

三好行雄が論文名にもちゐてゐた、無暗にカタカナに平伏する癖をやめさせてやりたいと思ひます、といふ漱石のことばは芥川(と久米正雄)宛のものだつたのだなあ(といふのは勿論三好論文にもかいてあつたとは思ふのだけれど、題名のインパクトがつよくてそればかりが印象にのこつてしまつてゐたのでした。p.85)。

かばしま・ただお(樺島忠夫);1980/8;文章構成法;

講談社現代新書587;講談社;563円(100円);新書判;縦組;並製;193頁;;ISBN4-06-145587-7;

2006-01-24 (Tue)

かやま・りか(香山リカ);2005/9;いまどきの「常識」;

岩波新書(新赤版)969;岩波書店;700円(借覧);新書判;縦組;並製;xiv+203頁;;ISBN4-00-430969-7;

よしの・ひろこ(吉野裕子);1990/12→1994/4;神々の誕生 易・五行と日本の神々;

同時代ライブラリー182;岩波書店;1,100円(借覧);B6変型判;縦組;並製;ix+295頁;;ISBN4-00-260182-X;

五行大義に「左目を以て日となし、右目を以て月となす」とあるのと、イザナギのミソギとの照応の指摘とか、ほうと思ふのだけれど(p.11)、それが記紀による粉飾とかではなくて、易・五行の神霊化、といはれるとどうなのかなあと思つてしまふ(源氏五十四帖が、繋辞上伝に「天の数二十有五、地の数三十。およそ天地の数五十有五」とある完全数にひとつ足りないといふのも興味深い。p.116)。

2006-01-26 (Thu)

濱田敦;1946/11;古代日本語;

古文化叢刊24;大八洲出版株式會社;20円(借覧);B6判;縦組;並製;200頁;;;

出版年月日から当然、旧字旧かななのだけれど、而も之が曾て日本語にも存した母韻調和の名殘りと見るべきものであるとの解釋は、日本語がウラル・アルタイ語族に屬せしめられる際の一障害を除くものと云はれる(pp.35-36)、それまで有してゐた言語を全く放棄して(pp.39-40)、唯、此の點本類は佛寺等の庫奧深くめられてゐるもの多く(p.53)などの表記がみられる。戦後の出版物だから、「同音の漢字による書きかえ」を逆にすれば国字改革以前のすがたになるといふわけではない――「正しい」ものではあるかもしれないけど――といふことを言ふのにあまり適切ではないけれど。あの「書きかえ」のうちのどれほどが新造の表記なのかといふことはいづれたしかめておきたい。

さかきばら・くにひこ(榊原邦彦);2005/7;枕草子及び平安作品研究;

研究叢書336;和泉書院;(借覧);A5判;縦組;上製;8+577頁;;ISBN4-7576-0317-7;

まつばら・のぞむ(松原望);2001/4;ゲームとしての社会戦略 計量社会科学で何がわかるか;

丸善ライブラリー340;丸善;760円(借覧);新書判;縦組;並製;xiv+191頁;;ISBN4-621-05340-X;

2006-01-27 (Fri)

ひらかわ・みなみ(平川南)/おきもり・たくや(沖森卓也)/さかえはら・とわお(栄原永遠男)/やまなか・あきら(山中章)[編];2005/10;神仏と文字;

文字と古代日本4;吉川弘文館;6,300円(借覧);A5判;縦組;上製;;;ISBN4-642-07865-7;[執筆者]さかえはら・とわお(栄原永遠男)/あらい・ひでき(荒井秀規)/やまざと・じゅんいち(山里純一)/まつむら・けーじ(松村恵司)/えむら・ひろゆき(榎村寛之)/むらき・じろー(村木二郎)/しんかわ・ときお(新川登亀男)/なかばやし・たかゆき(中林隆之)/しみず・みき(清水みき)/ふるせ・なつこ(古瀬奈津子)/よしの・しゅーじ(吉野秋二)/ひらいし・みつる(平石充)/つるみ・やすとし(鶴見泰寿)/おびなた・かつみ(大日方克己)

けふの買物

sabra 002 2006 9th February
小学館
広告批評 2006 JAN NO.300 特集 この国のこれからのカタチ――憲法前文のイミ
マドラ出版
日本の漢字
笹原宏之・岩波新書

2006-01-28 (Sat)

もりた・のぶこ(森田伸子);2005/10;文字の経験―読むことと書くことの思想史―;

;勁草書房;2,500円(借覧);四六判;縦組;上製;viii+279+ii頁;;ISBN4-326-15385-7;

たかはし・ひでお(高橋英夫);1984/4;偉大なる暗闇 師岩本禎と弟子たち;

;新潮社;1,200円(借覧);四六判;縦組;上製;1+246頁;;ISBN4-10-312003-7;

てらさわ・だいすけ(寺沢大介);2005/9;喰いタン(4);

イブニングKC-121;講談社;514円(360円);B6判;;並製;190頁;;ISBN4-06-352121-4;

けふの買物

手塚治虫はどこにいる
夏目房之介・ちくまライブラリー
学力低下論争
市川伸一・ちくま新書
日本教育小史―近・現代―
山住正己・岩波新書
虚構の時代の果て――オウムと世界最終戦争
大澤真幸・ちくま新書
模倣される日本――映画、アニメから料理、ファッションまで
浜野保樹・祥伝社新書
中国文学入門
吉川幸次郎・講談社学術文庫
少年アリス
長野まゆみ・河出文庫
目覚めよと人魚は歌う
星野智幸・新潮文庫
メモと日記の方法
外山滋比古・潮文庫
ドキュメント戦争広告代理店 情報操作とボスニア紛争
高木徹・講談社文庫
遊鬼 わが師 わが友
白洲正子・新潮文庫
敬語再入門
菊地康人・丸善ライブラリー
源氏物語99の謎 紫式部は本当に実在したか
藤本泉・サンポウ・ブックス・産報ジャーナル
殴られる妻たち 証言・ドメスティック・バイオレンス
安宅左知子・新書y
日本にとってアメリカとは何か いま「千年王国」が崩壊する
栗本慎一郎ほか・カッパ・サイエンス
唐代伝奇【新版】
内田泉之助・乾一夫著・波出石実編・新書漢文大系・明治書院
性愛と資本主義
大澤真幸・青土社

2006-01-29 (Sun)

なかまさ・まさき(仲正昌樹);2005/10;デリダの遺言 「生き生き」とした思想を語る死者へ;

;双風舎;1,800円(借覧);四六判;縦組;並製;255頁;;ISBN4-902465-07-8;

たけうち・よー(竹内洋);2001/9;大学という病――東大紛擾と教授群像;

中公叢書;中央公論新社;1,800円(借覧);四六判;縦組;並製;294頁;;ISBN4-12-003186-1;

せきかわ・なつお(関川夏央);1984/1→1988/12;ソウルの練習問題―異文化への透視ノート―;

新潮文庫[せ-6-1];新潮社;427円(100円);文庫判;縦組;並製;314頁;;ISBN4-10-110711-4;

2006-01-30 (Mon)

たかはし・きゅーいちろー(高橋久一郎)[編];2004/9;問い;

岩波応用倫理学講座7;岩波書店;3,200円(借覧);A5判;縦1,2段組/横組;並製;xi+256+21頁;;ISBN4-00-026720-5;[執筆者]たかはし・きゅーいちろー(高橋久一郎)/おーば・たけし(大庭健)/しまず・いたる(嶋津格)/たけうち・あきろー(竹内章郎)/おぎはら・さとし(荻原理)/かどわき・しゅんすけ(門脇俊介)/うちだ・あきこ(内田亮子)//おち・みつぐ(越智貢)/かない・よしこ(金井淑子)/かわもと・たかし(川本隆史)/なかおか・なりふみ(中岡成文)/まるやま・とくじ(丸山徳次)/みずたに・まさひこ(水谷雅彦)

そもそも、分子・原子やクオークが実在的であるのは、それらがまさしく世界の描写として有効であるかぎりにおいて、であるとか、さらに言えば、さらなる科学革命しだいによっては、それらもまた、かつての「実体形相」その他の概念に類した運命をたどるかもしれないとか、大庭健がこんなポモいことを書くとは思はなかつた(私の科学哲学理解が十分でないだけかもしれないけど)。竹内平等論文が熱い。

さわやま・みかこ(沢山美果子);1998/5;出産と身体の近世;

;勁草書房;2,900円(借覧);四六判;縦組;上製;x+282+xiv頁;;ISBN4-326-65208-X;

2006-01-31 (Tue)

藤森ことばの会[編];1992/10;藤森ことば論集;

;清文堂出版;(借覧);A5判;縦組+横組;上製;iv+358頁;;ISBN4-7924-1325-7;[執筆者]きしだ・たけお(岸田武夫)/くぎぬき・とーる(釘貫亨)/むらた・まさひろ(村田正博)/よでん・みつる(余田充)/いとい・みちひろ(糸井通浩)/たかみ・さぶろー(高見三郎)/こばやし・ちぐさ(小林千草)/おーつか・みつのぶ(大塚光信)/まつい・としひこ(松井利彦)/にった・よしお(仁田義雄)/もりもと・じゅんこ(森本順子)/もりやま・たくろー(森山卓郎)

しょーの・よりこ(笙野頼子);2005/6;徹底抗戦! 文士の森 実録純文学闘争十四年史;

;河出書房新社;2,800円(借覧);四六判;縦組;上製;415頁;;ISBN4-309-01712-6;

Ads by TOK2