過眼日録抄 2007-10

2007-10-01 (Mon)

みたに・くにあき(三谷邦明);1992/10;物語文学の言説;

;有精堂出版;(借覧);A5判;縦組;上製;400+17頁;;ISBN4-640-31035-8;《本書のキーワード10》(五十音順) 言説 語り 源氏物語 禁忌違犯 〈読み〉 〈形代〉と〈ゆかり〉 視線 古注による言説分類 引用 テクスト分析

上引キーワードは奥付けにあるものだけれど、50音順ではないよなあ。ともあれ、合掌。

尊大な物言いをすれば、近代文学研究等の分野でも〈語り〉や〈引用〉〈視点〉等が研究のパラダイム変革の軸となっていることを考えると、日本文学研究の一つの方向を物語研究会は先導してきたと言えるはずである(p.207)、と当人は書いてゐるけれど、三谷氏らが古典文学の領域にポモいものを導入した功罪は、誰かあらためてきつちり論じてほしいな。

けふの買物

en-taxi AUTUMN 2007 VOL.19
扶桑社
昭和を騒がせた漢字たち : 当用漢字の事件簿
円満字二郎・歴史文化ライブラリー
日本語でどづぞ : 世界で見つけた爆笑「ニホン」誤集
柳沢有紀夫・中経の文庫
「鎌倉遺文」にみる中世のことば辞典
ことばの中世史研究会編・東京堂出版
句読点、記号・符号活用辞典。
小学館辞典編集部編・新潮社
秘伝 大学受験の国語力
石原千秋・新潮選書
日本売春史 : 遊行女婦からソープランドまで
小谷野敦・新潮選書

2007-10-02 (Tue)

もりぐち・あきら(森口朗);2007/6;いじめの構造;

新潮新書219;新潮社;680円(借覧);新書判;縦組;並製;190頁;;ISBN978-4-10-610219-6;

たき・こーじ(多木浩二);2007/7;肖像写真――時代のまなざし;

岩波新書(新赤版)1086;岩波書店;700円(借覧);新書判;縦組;並製;ix+190頁;;ISBN978-4-00-431086-0;

あかぎ・よーいち(赤木洋一);2007/1;「アンアン」1970;

平凡社新書358;平凡社;740円(350円);新書判;縦組;並製;220頁;;ISBN978-4-582-85358-2;

最初の、星占ひのできたきつかけから、ひきつけられる。ベロちやんと澁澤龍彦の歌合戦。

けふの買物

日本共産党の研究(一)(二)(三)
立花隆・講談社文庫
「戦後」 美空ひばりとその時代
本田靖春・講談社文庫
荒野の蒸気娘(1)
あさりよしとお・GUM COM!CS
るくるく(4)
あさりよしとお・アフタヌーンKC

2007-10-03 (Wed)

カレンダーになんかハートマークついてるな、と思つたら、エビちゃんのお誕生日なんだつて。おめでたうございます。

やまがた・ひろお(山形浩生)[監修・執筆];2006/10;コンピュータ;

あたらしい教科書9;プチグラパブリッシング;1,500円(借覧);四六変型判;縦組;並製;141頁;;ISBN4-903267-45-8;[執筆]えんどー・さとし(遠藤諭)/つだ・だいすけ(津田大介)/なかまた・あきお(仲俣暁生)/ばるぼら/みさき・かおる(美崎薫)/まつだ・じゅんいち(松田純一)/よもよも(yomoyomo)

おの・よしやす(小野善康);2007/4;不況のメカニズム ケインズ『一般理論』から新たな「不況動学」へ;

中公新書1893;中央公論新社;780円(借覧);新書判;縦組;並製;vi+5+223頁;;ISBN978-4-12-101893-9;

うへの本の監修者が、山形浩(p.216)になつてる。

けふの貰物

「創元」(9月号)もらふ。

2007-10-04 (Thu)

ふじー・よしひろ(藤井良広);2007/7;金融NPO――新しいお金の流れをつくる;

岩波新書(新赤版)1084;岩波書店;780円(借覧);新書判;縦組;並製;vii+241頁;;ISBN978-4-00-431084-6;

かとー・よーこ(加藤陽子);2007/6;満州事変から日中戦争へ シリーズ日本近現代史⑤;

岩波新書(新赤版)1046;岩波書店;780円(借覧);新書判;縦組;並製;ix+242+14頁;;ISBN978-4-00-431046-4;

おーぬま・やすあき(大沼保昭);2007/6;「慰安婦」問題とは何だったのか メディア・NGO・政府の功罪;

中公新書1900;中央公論新社;820円(借覧);新書判;縦組;並製;xii+6+248頁;;ISBN978-4-12-101900-4;

まつい・しげのり(松井茂記);2007/3;性犯罪者から子どもを守る メーガン法の可能性;

中公新書1888;中央公論新社;840円(借覧);新書判;縦組;並製;v+3+265頁;;ISBN978-4-12-101888-5;

うーん。それは、リスク・マネッジメントなのかなー。

けふの貰物

「ちくま」(10月号)もらふ。

2007-10-05 (Fri)

堤幸彦監督、包帯クラブ@広島東映

いちのかわ・やすたか(市野川容孝)/こもり・よーいち(小森陽一);2007/6;難民;

思考のフロンティア;岩波書店;1,300円(借覧);B6判;横組;並製;vii+178頁;;ISBN978-4-00-027005-2;

わかくわ・みどり(若桑みどり);1993/1;イメージを読む――美術史入門;

ちくまプリマーブックス69;筑摩書房;1,100円(100円);B6判;縦組;並製;208頁;;ISBN4-480-04169-9;

合掌。

本書の著者とは、専門領域も思想傾向もちがふ高島俊男もほめてゐたと思ふけど、実におもしろいなあ。かうして自分のをさめた学問の蘊奥をひらいてみせられるるやうになりたいものだ。

けふの買物

コンテンツ学
長谷川文雄・福冨忠和編・世界思想社
東京人 11月号 特集「大江戸出版繁盛記」八百八町は夜も眠れず
都市出版

2007-10-06 (Sat)

まつおか・せーごー(松岡正剛);2006/10;神の戦争・仏法の鬼;

松岡正剛 千夜千冊 第4巻;求龍堂;(借覧);A5判;縦組;上製;16+16+1372+67頁;;ISBN978-4-7630-0650-9;[写真]十文字美信、[短歌]小池純代

2007-10-07 (Sun)

今週のエビちゃんカレンダー(39)

赤い店内。緩めの縦ロール。ベージュのブラウスに紺のタイトスカート。紺の肩がけバッグ。画面中央やや右寄りに立つて、身を多少S字型にくねらせた感じで微笑みかけてゐる。顔はすこし右向き(だけど、視線は左)。さういへば、右からの顔と左からの顔つて、どつちがおほかつたかな。

かど・かずまさ(嘉戸一将);2007/2;西田幾多郎と国家への問い;

;以文社;3,200円(借覧);四六判;縦組;上製;iii+2+277頁;;ISBN978-4-7531-0252-5;

みやもと・かずお(宮本一夫);2005/3;神話から歴史へ 神話時代 夏王朝;

中国の歴史01;講談社;2,600円(借覧);四六判;縦組;上製;6+398頁;;ISBN4-06-274051-6;

かない・みえこ(金井美恵子);2006/10;快適生活研究;

;朝日新聞社;1,700円(借覧);四六判;縦組;並製;276頁;;ISBN4-02-250217-7;

ながい。たるい。うざい。

と思ふのは、普段みるものが、いかに莫迦でもよめるやうに整序されてゐるか(あるいはそのやうにしか書けない書き手のものか)のあかしなのだらう。

いわお・すみこ(岩男壽美子);2007/8;外国人犯罪者 彼らは何を考えているのか;

中公新書1911;中央公論新社;780円(借覧);新書判;縦組;並製;v+3+234頁;;ISBN978-4-12-101911-0;

もりなか・たかあき(守中高明);2005/6;法;

思考のフロンティア;岩波書店;1,300円(借覧);B6判;横組;並製;x+111頁;;ISBN4-00-027010-9;

2007-10-08 (Mon)

さいとー・みなこ(斎藤美奈子);2007/1;たまには、時事ネタ;

;中央公論新社;1,300円(借覧);四六判;縦組;並製;302頁;;ISBN978-4-12-003797-9;

やまだ・くにあき(山田邦明);2002/1;戦国のコミュニケーション―情報と通信―;

;吉川弘文館;3,200円(借覧);四六判;縦組;上製;276頁;;ISBN4-642-07782-0;

本書の企画は、酒井紀美氏の『中世のうわさ』につながるものとして、戦国時代の情報通信についてまとめられないかというお勧めによるものである由(p.276)。やはり、国語学者も古文書を読まなくちやいけないなあ(太田晶二郎、私は国語学者ではないけど)。逆に、コラム 書状の読み方4の、「申さるべし」か「申されべし」か? といふのは、橋本四郎、べシ・マジの接続面の混乱(国語学第22輯)の関連だなあ。目次を写しておく。

あかさか・のりお(赤坂憲雄);1993/6→2007/7;結社と王権;

講談社学術文庫1826;講談社;1,100円(借覧);文庫判;縦組;並製;328頁;;ISBN978-4-06-159826-3;

よしだ・ゆたか(吉田裕);2007/8;アジア・太平洋戦争 シリーズ日本近現代史⑥;

岩波新書(新赤版)1047;岩波書店;780円(借覧);新書判;縦組;並製;ix+3+238+16頁;;ISBN978-4-00-431047-1;

2007-10-09 (Tue)

はせがわ・ふみお(長谷川文雄)/ふくとみ・ただかず(福冨忠和)[編];2007/9;コンテンツ学;

世界思想ゼミナール;世界思想社;2,500円(1割引);四六判;横組;並製;x+319頁;;ISBN978-4-7907-1281-7;[執筆者]はせがわ・ふみお(長谷川文雄)/ふくとみ・ただかず(福冨忠和)/ささき・ひさのり(佐々木尚孝)/たけうち・せい(竹内聖)/あきやま・まさかず(秋山雅和)/たかはし・みつてる(高橋光輝)/きむら・まこと(木村誠)/おのうち・めぐみ(小野打恵)/やまぐち・ひろし(山口浩)/かがみ・よーこ(各務洋子)/なかの・きよし(中野潔)/まきの・じろー(牧野二郎)/さかい・まさよし(境真良)/キム・ジョンフン(金正勲)/もーり・よしたか(毛利嘉孝)

かつべ・みたけ(勝部真長);1987/10;青春の和辻哲郎;

中公新書854;中央公論社;560円(借覧);新書判;縦組;並製;iii+3+242頁;;ISBN4-12-100854-5;

PHP文庫の増補版をみたはうがよいのだらうけど。ところで、本書の著者と、日本史研究者の勝部眞人といふかたとは縁戚なのかな。

けふの貰物

「未来」(10月号)もらふ。

2007-10-10 (Wed)

みやもと・ひさお(宮本久雄)/きむ・てぇちゃん(金泰昌)[編];2007/2;原初のことば;

シリーズ 物語り論2;東京大学出版会;4,800円(借覧);A5判;縦1・2段組;上製;xiv+399+4頁;;ISBN978-4-13-003448-7;[発題者]かわしま・しげなり(川島重成)/やなぎさわ・たみ(柳澤田実)/おーぬき・たかし(大貫隆)/やまわき・なおし(山脇直司)/むらまつ・まりこ(村松真理子)/たけうち・ゆー(竹内裕)/なかむら・いくお(中村生雄)/おやなぎ・よしお(小柳義夫)、[討論者]いとー・ひろのり(伊藤洋典)/いわた・やすお(岩田靖夫)/おーば・あきひろ(大庭昭博)/おかべ・ゆーぞー(岡部雄三)/かさい・やすのり(葛西康徳)/きむ・ぼんじん(金鳳珍)/くう・ちょんも(具正謨)/こばやし・まさや(小林正弥)/しおや・じゅんこ(塩谷惇子)/たなか・ゆたか(田中裕)/ながみ・いさむ(永見勇)/もりおか・まさよし(森岡正芳)/ひらた・しょーご(平田松吾)/わたなべ・てつお(渡辺哲夫)

けふの買物

広告批評 2007 OCT NO.319特集 海外CMクリエイターMAP
マドラ出版
+DESIGNING 07 特集 もっと文字を知る、文字を使う。
毎日コミュニケーションズ
退屈論
小谷野敦・河出文庫

2007-10-11 (Thu)

ちば・まさき(千葉正樹);2007/9;江戸城が消えていく 『江戸名所図会』の到達点;

歴史文化ライブラリー;吉川弘文館;1,800円(借覧);四六判;縦組;並製;5+255頁;;ISBN978-4-642-05639-7;

あとがきの、二〇〇五年三月五日、フランス現代思想の研究者、梅木達郎さんが亡くなられた。理不尽としか思えない状況に追い込まれた結果の「憤死」であった、といふのはおだやかでないな(p.253)。

けふの買物

戦争の法
佐藤亜紀・新潮文庫
嫌老社会 : 老いを拒絶する時代
長沼行太郎・ソフトバンク新書
Loveletter from...
アルコ・マーガレットコミックス
るるぶ情報板 関東⑤通巻3361号 東京'08
JTBパブリッシング

2007-10-12 (Fri)

はしもと・つとむ(橋本努);2007/4;帝国の条件――自由を育む秩序の原理;

;弘文堂;3,500円(借覧);四六判;縦組;上製;502頁;;ISBN978-4-335-46027-2;

2007-10-13 (Sat)–2007-10-14 (Sun)

13日。新幹線で上京。まづ、国立公文書館の平成19年秋の特別展、漢籍をみる。丁度、石川忠久の講演があるやうだつたけど、事前申込制だつたので拝聴できず。

つぎに、印刷博物館へ。飯田橋の駅から地上に出たすぐ左手にブックオフがあつたので、とりあへずはひる。酒井憲二、老国語教師の「喜の字の落穂拾い」、笠間書院、900円。獅子文六、ちんちん電車、河出文庫、400円。中村明、センスある日本語表現のために : 語感とは何か、中公新書、105円。橋本五郎監修、読売新聞新日本語取材班、乱れているか? テレビの言葉 : 新日本語の現場 第2集、中公新書ラクレ、105円。地図をみまちがへて、東京ドームのはうへいつてしまふ。

百学連環。展示でも図録でも、塵添嚢抄、になつてて、たしかに埃壒両字は類音類義なのだとは思ふけど、変な感じ。

で、江戸東京博物館の漱石展も見にゆかうかと思つてゐたのだけれど、疲れたんでやめ。ホテルへ。今が見える、明日が見える♪TFMがちかくにあつた。といふか皇居ちかいな。

宿をでて、神田古書店街をささッとのぞくことにする。日本特価書籍。松村明、増補 江戸語東京語の研究、東京堂書店、4,200円。自由価格本になつちやつてる。大雲堂書店。築島裕、古代日本語発掘 : 古点本の謎をさぐる、学生社、700円。帯もついててきれいな本(署名本にする機会がなくもなかつたのだなあ、といまになつて気づいた)。一誠堂書店。小鷹信光、アメリカ語を愛した男たち、ちくま文庫、100円。八木書店。小林千草、近松 母と子、女と男のコミュニケーション、平凡社選書、500円。仲正昌樹、「分かりやすさ」の罠 : アイロニカルな批評宣言、ちくま新書、300円。東京堂書店ふくろう店で、みやびブックレット第17号、日本古書通信第72巻第9号、坪内祐三、大阪おもいを買つて、夕食、帰宿。某県の運営のためか、有料放送にAVがなくて、そのかはりにか、着エロのIV(や紅音ほたるの出てゐるやうなVシネ)があつた。あと、放送大学も見られるやうになつてゐた。

14日。はじめて赤門をくぐつて某T大へ。心字池(通称、S四郎池)のまはりをぐるりと一周する。昼、T大生協第2購買部で昼食と、T大饅頭、T大ゴーフル、T大生はどんな本を読んできたか、を購入。Y田講堂を見あげながら蒸しパンを食ふ。食後、構内を散策してゐてみかけたよく意図のわからないまぜがき漢字表記のものもすぐちかくにあつた。会後、東京駅へ。

八重洲ブックセンターで、藤井貞和、詩的分析、書肆山田。手にとつて披いたところ、「109 言語学の不毛を越える」といふ見出しと、学者たちの永久に不毛な論争はいくらもあって、おもに言語事象の通時的と共時的とのあいだに生じる。(中略)ある学者が日本語のある時代のシラビーム言語からモーラ言語への移行を仮説した。で、(後略)、といふのを目にはひつたのが、なんかタイミングがよいやうにも思へて。

土産もいくらか(なんであんな黒ごまがはやつてるの。ゴマキといふ名の菓子があつた。ごまきいふな)。新幹線での帰途、名古屋直前で、お客さまのなかにお医者さまは云云といふ車内アナウンスがあつてビックリ。帰宅して、本年第40週のエビちゃんカレンダー――レースのキャミソール(ではないかも)のうへに半袖ジャケット、下はジーンズ――を捲る。


ささはら・ひろゆき(笹原宏之);2007/3;国字の位相と展開;

;三省堂;9,800円(1割引);A5判;縦組;上製;2+3+885+46頁;;ISBN978-4-385-36263-2;

おほきくメディアといふ切り口がまうすこしあつてもよいやうにも思へた(箇箇では勿論考慮されてゐるのだけれど)。調査の対象が膨大すぎると調査を敬遠するということは、学問的な研究において、事実の解明を避けることになるのであれば、許されないことであろう(p.814)。

なかまさ・まさき(仲正昌樹);2006/5;「分かりやすさ」の罠――アイロニカルな批評宣言;

ちくま新書596;筑摩書房;720円(300円);新書判;縦組;並製;235頁;;ISBN4-480-06302-1;

ながみね・しげとし(永嶺重敏);2007/10;東大生はどんな本を読んできたか 本郷・駒場の読書生活130年;

平凡社新書394;平凡社;820円;新書判;縦組;並製;286頁;;ISBN978-4-582-85394-0;

速成の感をまぬかれえないやうな。

2007-10-15 (Mon)

うえむら・せーじ(植村清二);1977/1→1979/11;歴史と文芸の間;

中公文庫[M86-2];中央公論社;360円(150円);文庫判;縦組;並製;312頁;;;

ふじー・せーじ(藤井誠二);2007/3;殺された側の論理 犯罪被害者遺族が望む「罰」と「権利」;

;講談社;1,600円(借覧);四六判;縦組;上製;280頁;;ISBN978-4-06-213861-1;

2007-10-16 (Tue)

すぎもと・つとむ(杉本つとむ);2007/6;市民のための国語の授業;

;おうふう;2,400円(借覧);四六判;縦組;並製;viii+334頁;;ISBN978-4-273-03464-1;

目次を写しておく。

すが・ひでみ(絓秀実);2006/10;1968年;

ちくま新書;筑摩書房;860円(借覧);新書判;縦組;並製;300+ii頁;;ISBN4-480-06323-4;

けふの配達物

陽明文庫藏本御堂關白記自筆本總索引(一)(二)
峰岸明編・古典籍索引叢書14・15・汲古書院

2007-10-17 (Wed)

さとー・ゆーや(佐藤友哉);2007/3;1000の小説とバックベアード;

;新潮社;1,500円(借覧);四六判;縦組;上製;255頁;;ISBN978-4-10-452502-7;

タカハシ・ゲンイチロー?

おの・よしやす(小野善康);2000/3;景気と国際金融;

岩波新書(新赤版)660;岩波書店;660円(借覧);新書判;縦組;並製;xi+215頁;;ISBN4-00-430660-4;

けふの配達物

図書寮本類聚名義抄 本文影印 索引解説
勉誠出版
アジア遊学 No.93 漢籍と日本人
勉誠出版
倭名類聚抄 元和三年古活字版二十巻本
中田祝夫解説・勉誠社

2007-10-18 (Thu)

こーの・しげみ(河野稠果);2007/8;人口学への招待 少子・高齢化はどこまで解明されたか;

中公新書1910;中央公論新社;860円(借覧);新書判;縦組;並製;iv+5+282頁;;ISBN978-4-12-101910-3;

いしはら・ちあき(石原千秋);2007/7;秘伝 大学受験の国語力;

新潮選書;新潮社;1,200円(1割引);四六判;縦組;並製;255頁;;ISBN978-4-10-603587-6;

おの・よしやす(小野善康);1998/9;景気と経済政策;

岩波書店(新赤版)576;岩波書店;640円(借覧);新書判;縦組;並製;ix+202頁;;ISBN4-00-430576-4;

せりざわ・かずや(芹沢一也);2006/1;ホラーハウス社会 法を犯した「少年」と「異常者」たち;

講談社+α新書[234-2 C];講談社;838円(381円);新書判;縦組;並製;232頁;;ISBN4-06-272356-5;

けふの買物

議論のウソ
小笠原喜康・講談社現代新書
決定版 失敗学の法則
畑村洋太郎・文春文庫
道頓堀の雨に別れて以来なり : 川柳作家・岸本水府とその時代(上)(下)
田辺聖子・中公文庫
文庫版 狂骨の夢
京極夏彦・講談社文庫
シリコンバレー精神 : グーグルを生むビジネス風土
梅田望夫・ちくま文庫
COLTEMÖNIKHA 2
contemode

2007-10-19 (Fri)

こやの・あつし(小谷野敦);2007/10;リチャード三世は悪人か;

NTT出版ライブラリーリゾナント;NTT出版;1,600円(1割引);四六判;縦組;並製;236頁;;ISBN78-4-7571-4167-4;

青山真治監督、サッドヴァケイション@サロンシネマ2

宮﨑あおいのトラック野郎。

けふの買物

直筆で読む「坊っちやん」
夏目漱石・集英社新書ヴィジュアル版
古史徴開題記
平田篤胤著・山田孝雄校訂・岩波文庫
地下から出土した文字
鐘江宏之・日本史リブレット
板碑と石塔の祈り
千々石到・日本史リブレット

2007-10-20 (Sat)

やまむろ・けんとく(山室建德);2007/7;軍神 近代日本が生んだ「英雄」たちの軌跡;

中公新書1904;中央公論新社;940円(借覧);新書判;縦組;並製;xvi+5+356頁;;ISBN978-4-12-101904-2;

いしはら・ちあき(石原千秋);2007/7;未来形の読書術;

ちくまプリマー新書062;筑摩書房;720円(借覧);新書判;縦組;並製;159頁;;ISBN978-4-480-68764-7;

さえき・おさむ(佐伯修);2007/4;偽史と奇書の日本史;

;現代書館;2,300円(借覧);四六判;縦組;上製;284頁;;ISBN978-4-7684-6945-3;

先代旧事本紀の項の、「日本紀講」の運営は、斎藤によれば大学寮の儒学者たちが中心となり、神祇官らはまったく参加しなかったという。そして「日本紀講」では、漢文で書かれた『日本書紀』の本文の“正しい”訓読法よみかたと解釈が提示されたが、訓読法も解釈も、主宰者側の意向を反映したはなはだ恣意的なもので、もはや『日本書紀』という原テキストとは別の内容をもつ、「平安日本紀」と呼ばれる、ひとつの新しい「書物」になってしまった、といふ記述はちよつと気にかかるな(p.43)。書紀古訓のことには全然不案内なのだけれど、そんなをかしなものかな。参考にあがつてゐる斎藤英喜論文は、「『先代旧事本紀』の成立」、『別冊歴史読本77 徹底検証古史古伝と偽書の謎』(29巻9号)新人物往来社、2004年。

けふの配達物

弘法大師空海全集 第七巻 詩文篇三
筑摩書房
新譯華嚴經音義私記
貴重圖書影本刊行會

2007-10-21 (Sun)

今週のエビちゃんカレンダー(41)

なにやらギリシャ風の列柱建築の土台のところに腰かけてゐるところ。黒のノースリーブに、ジーンズのミニスカートで、今時分だとちよつと寒さう。黒いブーツ。

2007-10-22 (Mon)

S. R. ランガナタン[著]、もり・こーいち(森耕一)[監訳]、わたなべ・しんいち(渡辺信一)/ふかい・よーこ(深井耀子)/しぶた・よしゆき(渋田義行)[共訳];1931/6, 1957=1981/9;図書館学の五法則;

;日本図書館協会;3,900円(借覧);A5判;縦組;上製;425頁;;ISBN4-8204-8105-3;[原題]S. R. Ranganathan, The Five Laws of Library Science. Edition 2, 1957.

すぎもと・つとむ(杉本つとむ);1982/10;ことばの文化史 日本語の起源から現代語まで;

;桜楓社;1,200円(借覧);四六判;縦組;並製;4+335+8頁;;;

先日みた市民のための国語の授業のあとがきであはせて読んでほしいむねが書いてあつたので。目次を写しておく。


しらべてみたら、やはりその前の現証とおなじく東山往来だつた。日本教科書大系本でひいておく(第39条、梵字左行所由状。訓点は略)。

〔往〕
謹言。一日比。高野聖人來坐。數日被經廻之間。傳念梵字大佛頂陀羅尼。爰余請取此本、拜見之處。梵字書樣、異於例書。外首内尾。仍問此由。答曰。梵書皆如是也。謂之左行之文。凡文籍之例、以外方爲右。以内爲左云々。但至于所由者、未問決矣。貴房被明其故者、所仰也。謹言
〔復〕
梵書左行事。天竺賢人、爲養性作文左行。所謂爲以書卷横置掌等横見也。夫眼數竪見令上下、眼精早疲。自作闇矣。是故智者、横見文行、莫令上下。所以左行之文、見之有便。梵書左行爲此也。梵天所作耳。唯佛世尊令眼上下、無有其損。是其徳一也。是故無量義經、讃佛徳中云。淨眼明鏡上下眴云々。當知、餘人不及也。子細不具。謹言

けふの買物

ウェブ炎上 : ネット群衆の暴走と可能性
荻上チキ・ちくま新書
議論のルールブック
岩田宗之・新潮新書
複数の「古代」
神野志隆光・講談社現代新書
中国雑話 中国的思想
酒見賢一・文春新書
人名用漢字の戦後史
円満字二郎・岩波新書
不機嫌の時代
山崎正和・講談社学術文庫
現代思想入門 : グローバル時代の「思想地図」はこうなっている!
仲正昌樹・清家竜介・藤本一勇・北田暁大・毛利嘉孝・PHPエディターズ・グループ

2007-10-23 (Tue)

おーわ・やすひこ(大輪靖宏)[編];2007/3;江戸文学の冒険;

;翰林書房;2,800円(借覧);四六判;縦組;上製;221頁;;ISBN978-4-87737-247-7;[執筆者]そめや・ともゆき(染谷智幸)/みねお・ふみよ(峯尾文世)/かんさく・けんいち(神作研一)/おがた・まお(纓片真王)/いのうえ・やすし(井上泰至)/もりかわ・たみこ(森澤多美子)/ふじさわ・たけし(藤沢毅)/しおざき・としひこ(塩崎俊彦)

この書名は、弁証法の冒険とか、構造主義の冒険とかを意識してるのかなあ。

神作論文で、金勝慶安が「ふらち」(不埒)といふ語をはじめて歌評にもちゐた、といふところの注に、因みに、「らち」の訓みは国訓(p.93)とあるのは、慣用音ではないかなあ。ついでに、褒詞の「出来候」に「しゅったい」とふつてあるのも、訓で「でき」といふことはないのかな(pp.89-90)。森澤論文で、東海日々新聞の『瀧の本翁』の謝状と俳句といふ記事をひいたところ、記者は斯道の為め一日も早く翁の全快せられんことをの「斯道」に「かくみち」とあるのは、これ原ルビなのかね(p.160)。

けふの買物

ちぎれ雲
幸田文・講談社文芸文庫

2007-10-24 (Wed)

そね・まさと(曾根正人);200703;聖徳太子と飛鳥仏教;

歴史文化ライブラリー228;吉川弘文館;1700円(借覧);四六判;縦組;並製;7+208頁;;ISBN978-4-642-05628-1;

史料批判はむづかしいなあ。

けふの拾得物と買物と配達物と

アジア歴史研究入門 1〜3
同朋舎出版
QuickJapan Vol.74 Perfume/さまぁ〜ず/銀杏BOYZ
太田出版
經典釋文 附校勘記
中文出版社

2007-10-25 (Thu)

しみず・のりこ(清水教子);2005/3;平安後期公卿日記の日本語学的研究;

;翰林書房;12,000円(借覧);A5判;横組;上製;475頁;;ISBN4-87737-208-3;

目次を写しておく。

かがのい・しゅーいち(加賀野井秀一)/さかい・くによし(酒井邦嘉)/たけうち・としはる(竹内敏晴)/はしずめ・だいざぶろー(橋爪大三郎)[監修];2006/4;ことば;

あたらしい教科書3;プチグラパブリッシング;1,500円(借覧);四六変型判;縦組;並製;143頁;;ISBN4-903267-25-3;[編集・執筆]斎藤哲也、[執筆]たわだ・よーこ(多和田葉子)/いちくら・ひろし(一倉宏)/谷津晶子/澁川祐子/佐竹未希

目次を写しておく。


ところどころ欄外注にへんな語源説がみえるなあ。

建前
基本となる原則や表向きの方針。また、木造建築で柱を立てて棟上するまでの工程。昔、高名な棟梁を夫に持つ妻が、夫の工事ミスを内緒で修理した。おかげで建前の儀式は無事に終えたが、今度はその秘密が露呈するのを恐れた夫が妻を殺してしまう。このことから、建前という儀式を重視する余り、ものごとの本質を見失ってしまうことも指すようになった。

なんだこれ。といふか、加賀野井氏は、加藤典洋による、本音と建前といふ問題構成は存外あたらしいものなんぢやないか、といふ日本の無思想での指摘についてはだう考へてゐるんだらうか。

ツーカー
明治末期に漢語が大流行し、庶民が漢語を振り回した時期に生まれた言葉が「通過の仲」。物事が通過するように互いの意思が相手に伝わること。

つうといへばかあ、の略だといふのが一般的だとおもふけど(しかし近代の用例しかないのだな。つうかあ - 日国.NET:日国友の会・カード情報)。

あと、p.67の酒井氏のプロフィールの書きかたでは、現職がなんだかわからない。

べつやく・みのる(別役実);1981/10→1992/7;犯罪症候群;

ちくま学芸文庫;筑摩書房;913円(100円);文庫判;縦組;並製;349頁;;ISBN4-480-08018-X;

けふの配達物

某会予稿集がとどく。いかないけど。

2007-10-28 (Sun)

昨日の中国新聞に、藤原与一先生の訃報。23日におなくなりになつた由。合掌。


今週のエビちゃんカレンダー(42)

赤いオープンカーの助手席。黒のジャケットに白いミニスカート(だと思ふ)。ちよつとおすまし顔。

みやもと・ひさお(宮本久雄)/きむ・てぇちゃん(金泰昌)[編];2007/3;彼方からの声;

シリーズ 物語り論3;東京大学出版会;4,800円(借覧);A5判;縦1、2段組;上製;xix+439+5頁;;ISBN978-4-13-003449-4;[発題者・執筆者]たかだ・やすなり(高田康成)/さいとー・あやこ(斎藤文子)/たなか・ゆたか(田中裕)/みうら・すけゆき(三浦佑之)/わたなべ・てつお(渡辺哲夫)/えんどー・かずよし(遠藤一佳)/くう・ちょんも(具正謨)/さかべ・めぐみ(坂部恵)/よしだ・あつひこ(吉田敦彦)/きたがわ・さきこ(北川東子)、[討論者]いとー・ひろのり(伊藤洋典)/いながき・ひさかず(稲垣久和)/いわた・やすお(岩田靖夫)/いわぶち・やすし(岩淵泰)/おーはし・りょーすけ(大橋良介)/きむ・ぼんじん(金鳳珍)/こばやし・まさや(小林正弥)/しおや・じゅんこ(塩谷惇子)/たかがき・よーたろー(高垣洋太郎)/たなか・ゆみ(田中有美)/ちょん・よんへ(鄭暎惠)/なかむら・いくお(中村生雄)/ばば・じゅんじ(馬場純二)/はらだ・まさき(原田雅樹)/バンバン・ウィバワルタ(Bambang Wibawarta)/ふじた・じゅんいちろー(藤田潤一郎)/やまわき・なおし(山脇直司)/よしえ・あきお(義江彰夫)

2007-10-30 (Tue)

けふの買物

sabra 12 2007 DECEMBER
小学館
〈性〉と日本語 : ことばがつくる女と男
中村桃子・NHKブックス
白村江敗戦と上代特殊仮名遣い : 「日本」を生んだ白村江敗戦 その言語学的証拠
藤井游惟・東京図書出版会
続 和本入門 : 江戸の本屋と本づくり
橋口侯之介・平凡社

2007-10-31 (Wed)

ほりはた・まさおみ(堀畑正臣);2007/2;古記録資料の国語学的研究;

;清文堂出版;14,000円(2割引);A5判;縦組;上製;iii+679頁;;ISBN978-4-7924-1400-9;

目次を写しておく。

折口博士記念古代研究所[編];1957/2;折口信夫全集 第廿八卷 評論篇2;

;中央公論社;2,200円(借覧);四六判;縦組;上製;1+9+590+4頁;;;

けふの貰物

「図書」(11月号)もらふ。

Ads by TOK2