過眼日録抄 2008-02

2008-02-01 (Fri)

さかぐち・あんご(坂口安吾);1948/12;白痴;

新潮文庫[草24A];新潮社;220円(110円);文庫判;縦組;並製;232頁;;;

私は海を抱きしめていたいを収める本書を買つたのは、私は眞鍋を抱きしめていたいが公開されてからだつたと思ふのだけれど、購書記録がのこつてゐないな(ところで、いま検索してはじめて知つたのだけれど、上記コラムは直接にはナンバーガールから来てゐるみたいだなあ)。

けふの買物

渋沢家三代
佐野眞一・文春新書
使える! 確率的思考
小島寛之・ちくま新書

2008-02-03 (Sun)

今週のエビちゃんカレンダー(5)

赤いパーカー(?)に、(細かな水玉がはひつた)黒いミニパンツ、髪もポニーテールでアクティブな感じ。白いハート型のネックレスに、耳にも大きな細くて白いリング。左手にもつたアイスに口を寄せてゐるところ。

2008-02-04 (Mon)

ひろい・よしのり(広井良典);2006/7;持続可能な福祉社会――「もうひとつの日本」の構想;

ちくま新書606;筑摩書房;780円(借覧);新書判;縦組;並製;269頁;;ISBN4-480-06311-0;

はしもと・まさゆき(橋本雅之);2007/1;古風土記の研究;

研究叢書359;和泉書院;(借覧);A5判;縦組;上製;iii+270頁;;ISBN978-4-7576-0395-0;

目次を写しておく。

第3章第1節では、当該部分の表現が文選李善注によることをあきらかにして本文を整定し、とほしろし訓を採用するとしてゐるけど、文選の訓を参照する必要はないのかなあ(九条本文選古訓集をちよつとみると、坱圠トヒロク大キニシテとよんでゐるみたいだつた)。

けふの買物

お言葉ですが… 第11巻
高島俊男・連合出版
姓氏の由来ものしり事典
丹羽基二・福武文庫
言語史原理(上)(下)
ヘルマン・パウル・福本喜之助訳・講談社学術文庫

2008-02-05 (Tue)

まつおか・せーごー(松岡正剛);2006/10;茶碗とピアノと山水屏風;

松岡正剛 千夜千冊 第6巻;求龍堂;(借覧);A5判;縦組;上製;16+1+12+1289+91頁;;ISBN978-4-7630-0652-3;[写真]十文字美信、[短歌]小池純代

あさみ・とーる(浅見徹);2007/9;万葉集の表現と受容;

研究叢書365;和泉書院;(借覧);A5判;縦組;上製;iii+337頁;;ISBN978-4-7576-0425-4;

目次を写しておく。

昨日みた古風土記の研究の研究叢書としての番号が、本書巻末の広告で、349にあやまられてゐる。

けふの貰物

図書(2月号)。

2008-02-06 (Wed)

みすみ・よーいち(三角洋一);1996/2;物語の変貌;

中世文学研究叢書1;若草書房;(借覧);A5判;縦組;上製;374頁;;ISBN4-948755-02-8;

VI 物語草子の周辺、19 改作物語の和歌で、むぐらから、このよにはおもひたえぬる中なれば 君をみつせの川へわたらん(強調は私に施した)、といふ歌がひいてあつて、すこしまへに中世王朝物語全集でみたときには、待つ瀬の川、とあつて、これはみつせ川とは関係ないのかなあ、でも別に注もなにもないなあ、と思つた記憶があつたので、あれ、と思つたのだけれど、影印をたしかめてみたら、全集の底本の秋香台文庫本には、まつせ(61ウ7)、本書で引く書陵部本には、みつせ(17ウ1)とあるのだなあ。ちやんと異同を確認しとくんだつた。

山田忠雄;1974/4;国語学概論 1. 2.;

;日本大学通信教育部;非売品(借覧);A5判;縦組・横組;並製;8+184+14+17+2頁;;;

目次を写しておく(四までが第1分冊、五から第2分冊)。

けふの買物

成尋阿闍梨母集
岡崎和夫解説校注・武蔵野書院

2008-02-07 (Thu)

さかぐち・みちよ(坂口三千代);1967/3→1989/10;クラクラ日記;

ちくま文庫[さ-3-1];筑摩書房;563円(100円);文庫判;縦組;並製;355頁;;ISBN4-480-02354-2;

けふの買物

「漱石」の御利益 : 現代人のための人生よろず相談
長山靖生・ベスト新書
構造主義
ジャン・ピアジェ・滝沢武久・佐々木明訳・文庫クセジュ
南島の神話
後藤明・中公文庫BIBLIO
プリンシプルのない日本
白洲次郎・新潮文庫
論壇の戦後史 1945-1970
奥武則・平凡社新書
読み上手 書き上手
齋藤孝・ちくまプリマー新書
ブラッドハーレーの馬車
沙村広明・f×COMICS
打たれ強くなるための読書術
東郷雄二・ちくま新書

2008-02-08 (Fri)

みすみ・よーいち(三角洋一);2000/9;王朝物語の展開;

;若草書房;8,000円(借覧);A5判;縦組;上製;335頁;;ISBN4-948755-66-4;

けふの貰物

みすず(1・2月合併号)。

2008-02-09 (Sat)

まきやま・かつらこ(牧山桂子);2007/4;次郎と正子 娘が語る素顔の白洲家;

;新潮社;1,400円(借覧);四六判;縦組;上製;219頁;;ISBN978-4-10-303752-1;

せこ・こーじ(勢古浩爾);2004/12;白洲次郎的;

新書y124;洋泉社;740円(100円);新書判;縦組;並製;222頁;;ISBN4-89691-874-6;

2008-02-10 (Sun)

今週のエビちゃんカレンダー(6)

黒い衣裳のうへに白いハーフコート――エビちゃん カレンダー 洋服 どこの、といふ検索語でここにたどりついてしまふかたもゐるみたいで洵に申し訳ないのだけれど、しかしさうした希望にはこたへられないままに書き続けると――、頭にサングラスを載せて、白い内装の自転車の後部座席(右側)に、身をこちらにむけてかけて、背もたれのうへに右肘をついて、すこし首を傾けてゐるところ。憂ひを含んだやうな瞳が美しい。

たかはし・とーる(高橋亨);2007/9;源氏物語の詩学 かな物語の生成と心的遠近法;

;名古屋大学出版会;(借覧);A5判;縦組;上製;xiii+723+27頁;;ISBN978-4-8158-0565-4;

やまもと・じょーじ(山本譲司);2006/9;累犯障害者――獄の中の不条理;

;新潮社;1,400円(借覧);四六判;縦組;上製;239頁;;ISBN4-10-302931-5;

かわむら・みなと(川村湊);2007/12;温泉文学論;

新潮新書243;新潮社;680円(借覧);新書判;縦組;並製;207頁;;ISBN978-4-10-610243-1;

あらかわ・よーじ(荒川洋治);2007/7;黙読の山;

;みすず書房;2,400円(借覧);四六判;縦組;上製;235頁;;ISBN978-4-622-07319-2;

2008-02-11 (Mon)

とーごー・ゆーじ(東郷雄二);2008/2;打たれ強くなるための読書術;

ちくま新書705;筑摩書房;680円(583円);新書判;縦組;並製;205頁;;ISBN978-4-480-06410-3;

しばた・もとゆき(柴田元幸)[編著];2007/8;文字の都市――世界の文学・文化の現在10講;

;東京大学出版会;(借覧);四六判;縦組;上製;iv+2+228頁;;ISBN978-4-13-080020-4;[執筆者]しばた・もとゆき(柴田元幸)/おざわ・しぜん(小沢自然)/おの・まさつぐ(小野正嗣)/きゅーの・やすひこ(久野康彦)/こぬま・じゅんいち(小沼純一)/とちぎ・のぶあき(栩木伸明)/ぬまの・みつよし(沼野充義)/のなか・すすむ(野中進)/ふじわら・かつみ(藤原克己)/マイケル・エメリック(Michael Emmerich)/ロジャー・パルバース(Roger Pulvers、うえすぎ・はやと(上杉隼人)訳)

あきやま・ゆーとくたいし(秋山祐徳太子);2007/2;ブリキ男;

;晶文社;2,200円(借覧);四六判;縦組;上製;294頁;;ISBN978-4-7949-6708-4;

2008-02-12 (Tue)

もり・まさと(森正人)/すずき・はじめ(鈴木元)[編];2007/7;文学史の古今和歌集;

和泉選書160;和泉書院;3,200円(借覧);四六判;縦組;上製;2+4+264頁;;ISBN978-4-7576-0418-6;[執筆者]すずき・ひろこ(鈴木宏子)/やまざき・けんじ(山﨑健司)/あおやぎ・たかし(青栁隆志)/たかの・はるよ(高野晴代)/もり・まさと(森正人)/すずき・はじめ(鈴木元)/あさだ・とーる(浅田徹)/くぼた・けーいち(久保田啓一)/とくおか・りょー(德岡涼)/たけしま・まい(竹嶋麻衣)

さとー・みちお(佐藤道生)[編];2007/6;句題詩研究;

Series of Centre for Integrated Research oh the Mind;慶應義塾大学出版会;4,000円(借覧);菊判;縦組;並製;iii+181頁;;ISBN978-4-7664-1391-5;[執筆者]さとー・みちお(佐藤道生)/ヴィーブケ・デーネーケ(Deneke, Wiebke)/やまだ・なおこ(山田尚子)/ほんま・よーいち(本間洋一)

けふの買物

記号の系譜 : 社会記号論系言語人類学の射程
小山亘・三元社

2008-02-13 (Wed)

なかじま・たかひろ(中島隆博);2007/9;残響の中国哲学 言語と政治;

;東京大学出版会;(借覧);A5判;縦組;上製;xviii+262+29頁;;ISBN978-4-13-010104-2;

竹内好が狂人日記で、人間を食ったことのない子どもは、まだいるかしら(ん)? と訳してゐたことをひいて、このつぶやきを男性ではなく、女性の、しかもおそらくは母の声ではないのだろうかとしてゐるのだけれど、これは、男性に還元できない声なんだらうか(pp.225-226)。丸谷才一や大野晋がかうした「かしら」をつかつてゐるやうな印象があるのだけれど、竹内好はだうかしら。

けふの買物

日本の美術 第502号 僧侶の書
西山厚・至文堂
世界制作の方法
ネルソン・グッドマン・菅野盾樹訳・ちくま学術文庫
要するに
山形浩生・河出文庫
武士から王へ : お上の物語
本郷和人・ちくま新書

2008-02-14 (Thu)

むらい・よしのり(村井吉敬);2007/12;エビと日本人II――暮らしのなかのグローバル化;

岩波新書(新赤版)1108;岩波書店;740円(借覧);新書判;縦組;並製;xiii+210+2頁;;ISBN978-4-00-431108-9;

といふ訳で、けふの昼はこれはどこからきたなにエビなんだろとか思ひながら、キノコクリームエビフィレオを食べました。エビちゃんが好きなほどにはエビは好きではないのだけれど、わりと美味しくいただきました。新CMも可愛いなあ。

ねごろ・つかさ(根来司);1976/2;中世文語の研究;

笠間叢書60;笠間書院;3,800円(借覧);A5判;縦組;上製;iv+221+5頁;;;

目次を写しておく。

くろだ・りゅーのすけ(黒田龍之助);2008/2;語学はやり直せる!;

角川oneテーマ21 B-106;[発行]角川書店、[発売]角川グループパブリッシング;686円(588円);新書判;縦組;並製;212頁;;ISBN978-4-04-710126-5;

これも目次を写しておく。

けふの買物

唱歌と国語 : 明治近代化の装置
山東功・講談社選書メチエ
梶原一騎伝
斎藤貴男・新潮文庫

2008-02-15 (Fri)

おーつか・のぶかず(大塚信一);2006/11;理想の出版を求めて―一編集者の回想 1963-2003―;

;トランスビュー;2,800円(借覧);四六判;縦組;上製;i+9+381+XXI頁;;ISBN4-901510-42-8;

エピソードの摘録をはじめると結局全部うつすことになりさうなほどおもしろかつたり興味ぶかかつたりするのだけれど、いくつか写しておく。

かわもと・よしあき(川本芳昭);2005/2;中華の崩壊と拡大 魏晋南北朝;

中国の歴史05;講談社;2,600円(借覧);四六判;縦組;上製;6+382頁;;ISBN4-06-274055-9;

山下敦弘監督、松ヶ根乱射事件@シネツイン(本通り)

てしま・りゅーいち(手嶋龍一)/さとー・まさる(佐藤優);2006/11;インテリジェンス 武器なき戦争;

幻冬舎新書012;幻冬舎;740円(借覧);新書判;縦組;並製;230頁;;ISBN4-344-98011-5;

わたなべ・しょーいち(渡部昇一)/たにざわ・えーいち(谷沢永一);1996/6→2000/6;誰が国賊か 今、「エリートの罪」を裁くとき;

文春文庫[た-17-5];文藝春秋;619円(100円);文庫判;縦組;並製;382頁;;ISBN4-16-741105-9;

けふの買物

あのひととここだけのおしゃべり
よしながふみ対談集・太田出版
おとこくらべ
嵐山光三郎・ちくま文庫

2008-02-16 (Sat)

西尾光雄;1951/7;近代文章論研究;

;刀江書院;250円(借覧);B6判;縦組;並製;2+1+272頁;;;

前島密「漢字御廃止之議」 - 国語史資料の連関 - 国語史グループに名前があがつてゐたので。なおこの建白書は慶応二年と記されているが、これの草稿には文久の末年にこの論を首唱したと述べられており、同様の趣旨のものが明治二年維新政府にも建議されている。これには「国文教育施行の方法」が添えられ、第一期から第五期に至る八年の計画と、年限のない第六期の企図が加えられ、学制が考慮されている。さらに明治六年には興国文廃漢字議の稿本があり、これは聖断を仰ごうとしたものであるが、華頂宮の所志を達するよう尽力しようとの仰せにより、内奏も建議も止めたといわれる(pp.40-41)とある草稿が、最近、町泉寿郎が報告した廃漢字献言なのかな(論文をとりよせればわかるだらうことではあるのだけれど)。以下、一往目次を写しておく。

よーろー・たけし(養老孟司)/いけだ・きよひこ(池田清彦)/よしおか・しのぶ(吉岡忍);2007/10;バカにならない読書術;

朝日新書072;朝日新聞社;740円(借覧);新書判;縦組;並製;245頁;;ISBN978-4-02-273172-2;

2008-02-17 (Sun)

今週のエビちゃんカレンダー(7)

白のキャミソール。胸元と右手とにアクセサリも輝く。頬杖をついて、こちらに微笑んでゐるところ。暖色系の室内。手前にカップケーキの山、2つのグラス。

さとー・けんじ(佐藤健志);2007/8;本格保守宣言;

新潮新書225;新潮社;680円(借覧);新書判;縦組;並製;205頁;;ISBN978-4-10-610225-7;

たにざわ・えーいち(谷沢永一);2007/1;いじめを粉砕する九の法則;

幻冬舎新書021;幻冬舎;720円(100円);新書判;縦組;並製;210頁;;ISBN978-4-344-98020-4;

けふの買物

新現実 vol.05
太田出版
WARP LOVERS vol.1
トランスワールドジャパン
小説作法
丹羽文雄・角川文庫
未開の顔・文明の顔
中根千枝・角川文庫
質問力 : 話し上手はここがちがう
齋藤孝・ちくま文庫
新編 酒に呑まれた頭
吉田健一・ちくま文庫
都の西北
三田誠広・河出文庫
上り坂下り坂
青木玉・講談社文庫
折伏鬼
志茂田景樹・文春文庫
ことばの重み : 鴎外の謎を解く漢語
小島憲之・新潮選書
日本文法 文語篇
時枝誠記・岩波全書

2008-02-18 (Mon)

やまぐち・あきほ(山口明穂);1976/8;中世国語における文語の研究;

;明治書院;3,800円(借覧);A5判;縦組;上製;2+6+249頁;;;

目次を写しておく(本文には小見出しはないのだけれど、目次ページには書いてあるのがめづらしいなあ)。

國語學會[編];1951/6;改訂 國語の歴史;

;刀江書院;190円(借覧);B6判;縦組;並製;6+3+218+14頁;;;

すこしまへにちよつと四つ仮名についてしらべてゐたなかに、本書に、ではその假名の部分、或は假名ばかりで書く場合について、まづ字體からいへば片假名は大體今と同じだが平假名は異體――所謂變體假名が甚だ多いことをいふにとどめる。でその假名の使ひ方、所謂假名遣は和字正濫鈔が元祿八年に出てはゐるがそのゆき方を襲ふのは國學者だけと考へてよい。(本書の意義は他にあり實績がかく乏しいことは弱點にならないことを申添へる)といつて勿論何か他の方式によるのでもなく全く規則もない、ただ何とかして言葉を文字に殘したらよかつたのだらう。しかし事實は打消に「づ」を用ゐることは甚だ少いとか、前期上方でクヮを寫すにクを以てするのが一般的だとかいつた傾向は見られる(p.178)、とあるのの、いま強調したところをひいてゐるものがあつて、見てみる気になつたので。

ところで日本語学研究事典の四つ仮名の項には、東国においては、すでに鎌倉時代に四つ仮名の混乱があり、日蓮の文章などの表記の混乱の例が有名である(松本宙、p.360)とあるけど、これは、辛島美絵、国語資料としての仮名文書 : 鎌倉時代のオ段長音の開合と四つ仮名の混乱表記を通して(国語学146)以前のはなしぢやないか、アップデートしてほしかつたなあ、と思つたのでした。

以下、目次を写しておく。

むらまつ・ともみ(村松友視);2007/4;淳之介流――やわらかい約束;

;河出書房新社;1,500円(借覧);四六判;縦組;上製;208頁;;ISBN978-4-309-01814-0;

けふの買物

広告批評 2008 FEB NO.323 特集 TOKYOアートディレクターズ
マドラ出版
ヤスコとケンジ(3)(4)
アルコ・マーガレット・コミックス
妖怪談義
柳田國男・講談社学術文庫
職場の群像 : 私の戦後史
上坂冬子・中公文庫
江戸吉原図聚
三谷一馬・中公文庫
雨月物語(上)(下) 全訳注
青木正次・講談社学術文庫
野飼ひの駒 : 語史論集
山内洋一郎・和泉書院

2008-02-19 (Tue)

とーや・まもる(東谷護);2007/4;大学での学び方 「思考」のレッスン;

;勁草書房;1,800円(借覧);四六判;縦組;上製;v+153+iv頁;;ISBN978-4-326-65324-9;

もりした・しんや(森下伸也);2006/7;逆説思考 自分の「頭」をどう疑うか;

光文社新書262;光文社;740円(借覧);新書判;縦組;並製;252頁;ISBN4-334-03362-8;

たかはし・ひろふみ(高橋裕史);2006/10;イエズス会の世界戦略;

講談社選書メチエ372;講談社;1,650円(借覧);四六判;縦組;並製;284頁;;ISBN4-06-258372-0;

国立歴史民俗博物館[編];2007/3;和歌と貴族の世界 うたのちから;

歴博・国文研共同フォーラム;塙書房;(借覧);A5判;縦組;上製;3+iii+256頁;;ISBN978-4-8273-1214-0;[執筆者]まつむら・ゆーじ(松村雄二)/よしおか・まさゆき(吉岡眞之)/おがわ・たけお(小川剛生)/いはら・けさお(井原今朝男)/かわむら・ゆーこ(川村裕子)/あさだ・とーる(浅田徹)/ひらの・ゆきこ(平野由紀子)/さかい・しげゆき(酒井茂幸)/にとー・あつし(仁藤敦史)/つるさき・ひろお(鶴﨑裕雄)/おぐら・しげじ(小倉慈司)/まつざわ・よしゆき(松澤克行)/ひだか・かおり(日高薫)/さわだ・かずと(澤田和人)

三條西実隆(一四五五〜一五三七)のあたりから、「二十一代集」という表現をしています。もう次は無いと思うのでしょうね(小川剛生の発言、p.92)。

けふの買物

日本語の泉
山崎馨・和泉書院
ことばの宇宙への旅立ち : 10代からの言語学
大津由紀雄編・ひつじ書房

2008-02-20 (Wed)

近代語学会[編];2006/12;近代語研究 第十三集;

;武蔵野書院;14,000円(借覧);A5判;縦組;上製;3+463頁;;ISBN4-8386-0223-5;

目次を写しておく。

原田夏子/原田隆吉;2007/7;回想 東北帝国大学――戦中戦後の文科の学生の記;

;東北大学出版会;(借覧);四六判;縦組;上製;2+4+251頁;;ISBN978-4-86163-056-9;

大学構内こそ米兵も入れない安全地帯であったが、街の中ではしばしばトラブルが起きていた。国語学の小林好日教授が、ホールド・アップされて時計を奪われたと苦笑されたのもこの頃である(p.128)。

けふの買物

圖書寮藏 桂宮本叢書 第十六、十七卷 物語二、三
養徳社

2008-02-21 (Thu)

おびがね・みつとし(帯金充利);2003/3;天上の歌 岡潔の生涯;

;新泉社;2,000円(借覧);四六判;縦組;上製;285頁;;ISBN4-7877-0306-4;

本書ジャケットの写真は、アメリカでジャンポロジーなる学問がはやつたときに週刊朝日で撮つたもののやうだけれど、なんだかきっとそのまま宙へ 昇っていくの 天国へみたいな感じだなあ。

けふの買物

天下之記者 : 「奇人」山田一郎とその時代
高島俊男・文春新書
ラブホテル進化論
金益見・文春新書
KY式日本語 : ローマ字略語がなぜ流行るのか
北原保雄編著・「もっと明鏡」委員会編集・大修館書店
日本の怪談・同(二)
田中貢太郎・河出文庫
二条院ノ讃岐
杉本苑子・中公文庫
太陽と砂漠の国々 : ユーラシア大陸走破記
徳岡孝夫・中公文庫
π(7)(8)
古屋兎丸・ビッグコミックス
両性具有の美
白洲正子・新潮文庫
幽霊たち
ポール・オースター・柴田元幸訳・新潮文庫
二十世紀の十大小説
篠田一士・新潮文庫
映画の快楽 : ジャンル別・洋画ベスト700
ぼくらはカルチャー探偵団編・角川文庫
高天の原の謎 : 日本神話の世界
安本美典・徳間文庫

2008-02-22 (Fri)

にしなり・かつひろ(西成活裕);2007/7;クルマの渋滞 アリの行列―渋滞学が教える「混雑」の真相―;

知りたい!サイエンス;技術評論社;1,580円(借覧);四六判;縦組;並製;223頁;;ISBN978-4-7741-3124-5;

いまい・むつみ(今井むつみ)/はりゅー・えつこ(針生悦子);2007/7;レキシコンの構築――子どもはどのように語と概念を学んでいくのか;

;岩波書店;3,700円(借覧);A5判;横組;上製;ix+264頁;;ISBN978-4-00-002538-6;

目次を写しておく。

平川雄一朗監督、陰日向に咲く@広島バルト11

樋口真嗣監督隠し砦の三悪人の予告篇がまつたくおもしろさうでなかつた。今年にはひつて見た2本目の三浦友和出演作品。緒川たまきは、もつとちやんとストリッパーをしてください。

けふの買物

日本語組版の考え方
向井裕一・誠文堂新光社

2008-02-23 (Sat)

にし・まさひこ(西成彦)/さきやま・まさき(崎山政毅)[編];2007/8;異郷の死 知里幸恵、そのまわり;

;人文書院;2,600円(借覧);四六判;縦組;並製;2+296頁;;ISBN978-4-409-16090-9;[執筆者]あきえだ・みほ(秋枝美保)/おーた・まさくに(太田昌囯)/さきやま・まさき(崎山政毅)/さとー・ろすべあぐ・なな(佐藤゠ロスベアグ・ナナ)/つしま・ゆーこ(津島佑子)/つぼい・ひでと(坪井秀人)/にし・まさひこ(西成彦)/ほそみ・かずゆき(細見和之)/まるやま・たかし(丸山隆司)/やすだ・としあき(安田敏朗)

たにざわ・えーいち(谷沢永一);2002/11→2003/6;ビジネスマンのための宮本武蔵 五輪書;

幻冬舎文庫[た-23-1];幻冬舎;533円(-);文庫判;縦組;並製;301頁;;ISBN4-344-40374-6;宮本武蔵五輪書の読み方、改題

けふの買物

もやしもん(6)
石川雅之・イブニングKC
3月のライオン(1)
羽海野チカ・ジェッツコミックス

2008-02-24 (Sun)

今週のエビちゃんカレンダー(8)

なんだかアメリカンな食堂のまへに腰かけてゐるところ。白いカーディガンの下に、焦茶のキャミソール(?)に黒のホットパンツ。皓い歯もまぶしい快活な笑顔。

とーやま・しげき(遠山茂樹);1970/11→2007/9;福沢諭吉;

近代日本の思想家1;東京大学出版会;(借覧);四六判;縦組;上製;2+278頁;;ISBN978-4-13-014151-2;

2008-02-25 (Mon)

のーかがくそーごーけんきゅーセンター(脳科学総合研究センター)[編];2007/10;脳研究の最前線 上 脳の認知と進化;

ブルーバックス B-1570;講談社;1,140円(借覧);新書判;縦組;並製;2+347頁;;ISBN978-4-06-257570-6;[執筆者]伊藤正男/いりき・あつし(入來篤史)/おかのや・かずお(岡ノ谷一夫)/おかもと・ひとし(岡本仁)/たなか・けーじ(田中啓治)/たにふじ・まなぶ(谷藤学)/ふかい・ともき(深井朋樹)

おかべ・つとむ(岡部勉);2007/5;合理的とはどういうことか 愚かさと弱さの哲学;

講談社選書メチエ388;講談社;1,500円(借覧);四六判;縦組;並製;214頁;;ISBN978-4-06-258388-6;

言語の人類史的形成についての研究の哲学者によるまとめにもなつてゐる。

けふの買物

自分探しが止まらない
速水健朗・ソフトバンク新書
新選組始末記
子母澤寛・中公文庫

2008-02-26 (Tue)

こがち・りゅーいち(古勝隆一);2006/11;中國中古の學術;

;研文出版;8,500円(借覧);A5判;縦組;上製;6+415+19頁;;ISBN4-87636-262-9;

あらい・のりこ(新井紀子);2007/4;生き抜くための数学入門;

よりみちパン!セ23;理論社;(借覧);四六判;横組;並製;274頁;;ISBN978-4-652-07823-5;

きくち・まさひろ(菊地正浩);2007/4;「地圖」が語る日本の歴史―大東亜戦争終結前後の測量・地図史秘話―;

;暁印書館;1,800円(借覧);A5判;縦組;上製;243頁;;ISBN978-4-87015-160-4;

大本営陸軍参謀情報第二部陸地測量部担当少佐の渡辺正が、陸地測量部を内務省地理調査所(国土地理院の前身)に変へて日本の測量を救つたといふはなし。pp.135-137の江戸英雄が三井の幹部会議で発言したといふ、三井、三菱、住友の旧財閥が解体後も名前をつかへるやうはからつてもらふため、吉田茂に厖大な献金をしたといふのは、ほんとのはなしなのかな。

けふの買物

南京事件論争史 : 日本人は史実をどう認識してきたか
笠原十九司・平凡社新書
東京裁判
日暮吉延・講談社現代新書
獄窓記
山本譲司・新潮文庫
時間はどこで生まれるのか
橋元淳一郎・集英社新書
心にしみる四字熟語
円満字二郎・光文社新書
自由死刑
島田雅彦・集英社文庫
美酒一代 : 鳥井信治郎伝
杉森久英・新潮文庫
文芸誌「海」精選対談集
大岡玲編・中公文庫
漱石と石鼓文
杤尾武・渡辺出版
絶対安全文芸批評
佐々木敦・INFASパブリケーションズ
こんなに使える経済学 : 肥満から出世まで
大竹文雄編・ちくま新書
ヨーロッパ退屈日記
伊丹十三・新潮文庫
月の塵
幸田文・講談社文庫
「ウチら」と「オソロ」の世代 : 東京・女子高生の素顔と行動
中村泰子・講談社文庫
排蘆小船・石上私淑言 : 宣長「物のあはれ」歌論
本居宣長著・子安宣邦校注・岩波文庫
福沢諭吉『文明論之概略』精読
子安宣邦・岩波現代文庫
神と自然の科学史
川﨑謙・講談社選書メチエ
自己プレゼンの文章術
森村稔・ちくま新書
わかりあう対話10のルール
福澤一吉・ちくま新書

2008-02-27 (Wed)

やまだ・きよし(山田潔);2001/9;玉塵抄の語法;

;清文堂出版;(借覧);A5判;縦組;上製;vi+401頁;;ISBN4-7924-1370-2;

用例の問題とする部分に傍線を引いてくれるくらゐのサーヴィスはあつてもいいんぢやないかなあ(なぜか一部つけてあるところもあるけど)。目次を写しておく。

たにざわ・えーいち(谷沢永一);1995/12;人間通;

新潮選書;新潮社;1,068円(100円);四六判;縦組;並製;212頁;;ISBN4-10-600489-5;

けふの買物

sabra 4 2008 APRIL
小学館
玉勝間(上)(下)
本居宣長著・村岡典嗣校訂・岩波文庫

2008-02-28 (Thu)

さかもと・ただのぶ(坂本公延);2007/3;作家の本音を読む 名作はことばのパズル;

大人の本棚;みすず書房;2,600円(借覧);四六判;縦組;並製;iv+229頁;;ISBN978-4-622-08075-6;

いばらぎ・まさはる(茨木正治);2007/7;メディアのなかのマンガ 新聞一コママンガの世界;

ビジュアル文化シリーズ;臨川書店;2,300円(借覧);四六判;縦組;上製;249頁;;ISBN978-4-653-04011-6;

はら・たけし(原武史);2008/1;昭和天皇;

岩波新書(新赤版)1111;岩波書店;740円(借覧);新書判;縦組;並製;vii+1+228頁;;ISBN978-4-00-431111-9;

祭祀。貞明皇(太)后。

しまだ・まさひこ(島田雅彦);1999/6→2003/1;自由死刑;

集英社文庫[し-24-3];集英社;667円(350円);文庫判;縦組;並製;368頁;;ISBN4-08-747533-6;

ドラマ(あしたの、喜多善男 : 世界一不運な男の、奇跡の11日間)の原作になつてゐ(てビックリし)たので。ドラマのはうは――ずつと脚本家をWARPの飯野治だと勘違ひしてゐた――、かなり大胆につくりかへてゐるなあ(ハチクロのはうもそれくらゐすればよかつたのに)。

ところで、本書にはフロイトのタナトスを和らげた死に欲といふ語が、気づいたかぎりでは2度つかはれてゐるのだけれど(pp.177, 361)、それがたまたま広辞苑では、死が近づいたために欲深くなること。死ぬまでなお欲が強いこと(第3版)と語釈されてゐるために、をかしな読解をしてしまつてゐた人がむかしゐたのを思ひ出した。

2008-02-29 (Fri)

たにざわ・えーいち(谷沢永一);1997/3;私の見るところ;

;PHP研究所;1,068円(100円);B6判;縦組;上製;196頁;;ISBN4-569-55487-3;

けふの買物

古典語の構文
中村幸弘・碁石雅利・おうふう
大学生のための日本語学習法
柴田義松・鈴木康之・鶴田清司編・学文社
Ads by TOK2