過眼日録抄 2008-10

2008-10-01 (Wed)

せざき・けーじ(瀬崎圭二);2008/3;流行と虚栄の生成―消費文化を映す日本近代文学―;

;世界思想社;(借覧);A5判;縦組;上製;iv+394頁;;ISBN978-4-7907-1304-3;

くもん・しゅんぺー(公文俊平);2004/10;情報社会学序説 ラストモダンの時代を生きる;

NTT出版ライブラリーレゾナント001;NTT出版;2,000円(借覧);四六判;縦組;並製;4+359頁;;ISBN4-7571-0135-X;

2008-10-02 (Thu)

とやま・しげひこ(外山滋比古);2003/3;異本と古典;

外山滋比古著作集3;みすず書房;(借覧);四六判;縦組;上製;v+347頁;;ISBN4-622-04853-1;

さとー・やすひろ(佐藤康宏)[編];2005/4;物から言葉へ;

講座日本美術史 第1巻;東京大学出版会;(借覧);A5判;縦組;上製;8+ix+361+6頁;;ISBN4-13-084081-9;[執筆者]ありが・よしたか(有賀祥隆)/たなべ・さぶろーすけ(田邉三郎助)/しまお・あらた(島尾新)/やまもと・つとむ(山本勉)/はやし・おん(林温)/かわもと・けーこ(川本桂子)/まつばら・しげる(松原茂)/くろだ・たいぞー(黒田泰三)/さとー・やすひろ(佐藤康宏)/つかはら・あきら(塚原晃)

非常におもしろくよんだ。ただ、編者による、序 : 調査・記述・考察といふ、はじめの文章で、他人の論を批判するのに直接対象をあげないでおぼめかすやうなかきかたをしてゐるのは、よくないな、と思ふ。谷沢永一が、森銑三の思ひ出すことどもだつたかに、批判は名ざしですべきだ、と苦言をのべてゐたやうな記憶があるけど、そのとほりだ(先日、安田敏朗の愚痴みたいなのをみたときもさう思つたのだけれど)。

2008-10-03 (Fri)

中村義洋監督、ジャージの二人@サロンシネマ2

堺雅人――作品のはじめでの作中年齢が同い年だつたよ――人気なのか、レディスディのためもあつてか、40人くらゐはひつてゐたなかで、男性はわたくしもいれて3人程度だつた。それなりに。ケータイ。田中あさみがわりあひ印象的。

たけうち・みちこ(竹内美智子);1986/5;平安時代和文の研究;

;明治書院;7,800円(借覧);A5判;縦組;上製;4+422頁;;;

目次をうつしておく。

けふの買物

日本語学 第27巻第12号 10月号 特集 日本語はここまでわかった
明治書院

2008-10-04 (Sat)

はら・ひろゆき(原宏之);2008/7;表象メディア論講義 正義篇;

;慶應義塾大学出版会;2,400円(借覧);四六判;縦組;上製;vii+3+330頁;;ISBN978-4-7664-1545-2;

はじめのはうで、最近ちよつとだつた話題のマクロビとか――ただ、くだんの食育冊子へのウェブ上での興がりかたも気にかからないでもないのだけど――、ホワイトバンドとかへの肯定的な言及があつて、うーん、と思ふ。

せりざわ・かずや(芹沢一也)/たかくわ・かずみ(高桑和巳)[編];2007/9;フーコーの後で――統治性・セキュリティ・闘争;

;慶應義塾大学出版会;2,000円(借覧);四六判;縦組;並製;278頁;;ISBN978-4-7664-1404-2;[執筆者]おもだ・そのえ(重田園江)/とさ・ひろゆき(土佐弘之)/はこだ・てつ(箱田徹)/ひろせ・じゅん(廣瀬純)/さかい・たかし(酒井隆史)/しぶや・のぞむ(渋谷望)

いりえ・よーこ(入江曜子);2008/7;紫禁城――清朝の歴史を歩く;

岩波新書(新赤版)1141;岩波書店;740円(借覧);新書判;縦組;並製;ix+2+222+2頁;;ISBN978-4-00-431141-6;

さとー・ひろお(佐藤弘夫);2008/3;死者のゆくえ;

;岩田書院;2,800円(借覧);A5判;縦組;上製;249頁;;ISBN978-4-87294-500-3;

中世末〜近世での変化。

けふの貰物

一冊の本、月刊百科(各10月号)。後者には、谷川恵一、齋藤真麻理による佐竹昭広への追悼文が掲載されてゐる。古語雑談がちかく平凡社ライブラリーにはひるみたい。

2008-10-05 (Sun)

今週のエビちゃんカレンダー(40)

3日がお誕生日だつたので(おめでたうございます)、右手にケーキ、左手にフォーク。いつもより瞳がくりくりとした感じに見える。

よしだ・しゅーいち(吉田修一);2007/4;悪人;

;朝日新聞社;1,800円(借覧);四六判;縦組;上製;420頁;;ISBN978-4-02-250272-8;

もーり・としひこ(毛利敏彦);2008/7;幕末維新と佐賀藩 日本西洋化の原点;

中公新書1958;中央公論新社;760円(借覧);新書判;縦組;並製;v+5+226頁;;ISBN978-4-12-101958-5;

対象への贔屓がすぎるやうにみえるなあ(ちやんとひかへとかなかつたからうろおぼえでかいておくのだけれど、国民、の語を江藤新平がつくつたのではないか、とかは無理つぽく思ふ)。ついでに、江藤の「文字の議」なるものが紹介されてゐるのをメモ(pp.144-145)。

情報公開との関連で注目すべき江藤の意見に、先駆的な文章・文字の簡易化論がある。情報公開が効果をあげるには、民衆が公開された情報の内容を的確に理解できることが先決だ。ところがお役所が作る文章は往々にして難しくてわかりづらいきらいがある。そこで江藤は、「文字の議」(明治四年か)で、「御布告書はじめ一切」を平易にせよと論じた。江藤によれば、そもそも「文明を開くの元は文字の便にあり」、にもかかわらず「世間に不通用の見慣れぬ漢字を使うを学者とする」、すなわち「官」や知識人には難解な漢語をひけらかす悪弊があるが、それでは「実用学問の進歩は覚束なし」。そこで、「当分の処はこれまで用い来る所の漢字の数を極め、凡そ千字内に限り、その他はかな書きにすべし」と、漢字は一〇〇〇字以内に制限し、それ以外はかな書きにする旨を「大いに天下に御布告あるべし」、そして「自今御布告はじめ一切これにてお用いあるべし」と具体的に提案した。それどころか、いずれ「字は片かな平かな、数字は是までの字にて然るべく」と最終的には漢字廃止までを見透し、いったんは一〇〇〇字にまで制限する漢字の使用自体を漢数字以外は止めてしまえとまで論じた。文章家として知られた江藤にしてこの極論ありとは、いかにも彼らしい徹底ぶりではある。

いずれにせよ漢字制限から廃止、かな書きへの転換のねらいは、「とかく少しにても行われ易きが目的なり」、すなわち文明開化のためには民衆の文字使用や知識習得の負担を軽減したいとの願いだった。

明治新政になって以来、政府が権威を誇示しようとでもしたのか、布告の類にやたらに漢語が増えて旧幕時代よりかえって難解になる風潮があっただけに、江藤の知られざる文字簡易化論は、情報公開論との関わりにとどまらず、広く教育論や文化論などの観点からも再検討される価値があるのではなかろうか。

おなじ著者の、明治初期政治・法制史における江藤新平 : 『江藤新平関係文書』解説(明治維新政治外交史研究、pp.197-198)をみると、江藤新平関係文書のR9. 257-1の雑記帳中にかかれてゐるものみたい。たぶん全文の翻刻はまだないのだと思ふ。

こじま・なおき(小島直記);1989/11→1994/5;日本策士伝 資本主義をつくった男たち;

中公文庫[こ-6-8];中央公論社;816円(100円);文庫判;縦組;並製;449頁;;ISBN4-12-202094-8;

en-taxi誌の匿名コラムで著者がなくなつてゐたのを知つたので。合掌。

2008-10-06 (Mon)

やまぐち・ぎょーじ(山口堯二);1980/12;古代接続法の研究;

;明治書院;4,800円(借覧);A5判;縦組;上製;14+330頁;;;

目次をうつしておく。

柴田剛監督、おそいひと@横川シネマ

遅い人、だと思つてゐたのだけれど、襲ひ人のダブルミーニングなのかな。べつに本作が障碍者へのいらざる偏見をまねくことになるのではないか、とは思はないのだけれど、クライム映画としてぬるいやうな気がするのは、テーマへのもたれかかりがあるんぢやないか、とは思つた。

2008-10-07 (Tue)

くらはし・とーる(倉橋透)/こばやし・まさひろ(小林正宏);2008/4;サブプライム問題の正しい考え方;

中公新書1941;中央公論新社;740円(借覧);新書判;縦組;並製;ix+221頁;;ISBN978-4-12-101941-7;

さだのぶ・としゆき(定延利之)/なかがわ・まさゆき(中川正之)[編];2007/6;音声文法の対照;

シリーズ言語対照〈外から見る日本語〉第1巻;くろしお出版;3,000円(借覧);A5判;横組;並製;iii+219頁;;ISBN978-4-87424-383-1;

目次をうつしておく。

あおき・えーいち(青木栄一);2006/12;鉄道忌避伝説の謎 汽車が来た町、来なかった町;

歴史文化ライブラリー222;吉川弘文館;1,700円(借覧);四六判;縦組;並製;6+214頁;;ISBN4-642-05622-X;

狐狸の類が蒸気機関車にばけてみたいなはなしも、いつごろからあるのかなー、とか思つた。

2008-10-08 (Wed)

つるみ・しゅんすけ(鶴見俊輔);2007/7;鶴見俊輔書評集成1 1946-1969;

;みすず書房;(借覧);四六判;縦組;上製;8+498頁;;ISBN978-4-622-07311-6;

さとー・たくみ(佐藤卓己);2008/5;テレビ的教養――一億総博知化への系譜;

日本の〈現代〉14;NTT出版;2,300円(借覧);四六判;縦組;上製;6+316頁;;ISBN978-4-7571-4105-6;

けふの貰物

ちくま、未来(各10月号)。

2008-10-09 (Thu)

佐藤辰雄;2004/3;『今昔物語集』僻説;

実践女子学園学術・教育研究叢書6;実践女子学園;非売品(借覧);A5判;縦組;上製;369頁;;;

空格の分布をてがかりに、説話のブロック(と複数の編者)を想定する、第一章第四節、巻十五に見られる用語の偏在と周期性、をとくにおもしろくよんだ。

あかさか・まり(赤坂真理);2007/12;モテたい理由――男の受難・女の業;

講談社現代新書1921;講談社;720円(333円);新書判;縦組;並製;237頁;;ISBN978-4-06-287921-7;

2008-10-11 (Sat)–2008-10-12 (Sun)

今週のエビちゃんカレンダー(41)

ワインレッドのドレス。ベッドにあふむけで眠つてゐるところをうへから。

こじま・なおき(小島直記);1988/4→1993/8;斬人斬馬剣 古島一雄の青春;

中公文庫[こ-6-7];中央公論社;563円(250円);文庫判;縦組;並製;282頁;;ISBN4-12-202026-3;

はぎたに・ぼく(萩谷朴);1994/9;本文解釈学;

;河出書房新社;9,515円(3,500円);A5判;縦組;上製;680頁;;ISBN4-309-00935-2;

ちよつと内容の重複がおほくも感じるけど、おもしろくよんだ。桃尻語訳の印税の10分の1はパテント料として本書の著者にしはらはれてゐるとか、古典の批判的処置に関する研究第二部第五章「文献批判の規準」の中、第二節「心理学的規準」の項と、その例証としての第十五章「日本古典作品に於ける本文転化の諸類型とその実例」に関する、一切の考案と調査・執筆を委(p.152)されたのだとか。目次をうつしておく。

いぬかい・たかし(犬飼隆);2008/9;木簡から探る和歌の起源 「難波津の歌」がうたわれ書かれた時代;

;笠間書院;1,900円(2割引);四六判;縦組;上製;4+216頁;;ISBN978-4-305-70390-3;

目次をうつしておく。

買物

敦煌書法叢刊 第二巻 韻書
二玄社
城そして象徴 : パリの手記II
辻邦生・河出文庫
百句燦燦 : 現代俳諧頌
塚本邦雄・講談社文芸文庫
地球時代の日本人
梅棹忠夫・中公文庫
江戸の本屋さん : 近世文化史の側面
今田洋三・NHKブックス
西域紀行 : シルクロードの歴史と旅
藤堂明保・旺文社文庫
日本語の周辺
臼井吉見・旺文社文庫
沈黙の文化を訪ねて
青木保・中公文庫
小説家の小説化論
安岡章太郎・福武文庫
坂道のアポロン(2)
小玉ユキ・flowersフラワーコミックスアルファ
サナギさん(6)
施川ユウキ・少年チャンピオン・コミックス
附諸表索引廣韵切韵譜
辻本春彦・森博達編・臨川書店

2008-10-13 (Mon)

いけだ・げんだ(池田源太);1977/10;奈良・平安時代の文化と宗教;

;永田文晶堂;7,000円(借覧);A5判;縦組;上製;2+9+498+22頁;;;

古辞書研究でときどき、第9章、「本文」を権威とする学問形態と有職故実(の初出)への言及があるので。本書自体に著者のよみはかかれてゐないのだけれど、奥づけの著者名の右傍に図書館のかたのものとおぼしき鉛筆書きが、イケダゲンダとわざわざ「太」字のところには丸をつけてかいてあるので、とつておく。

かすみ・のぶひこ(霞信彦);2007/11;矩を踰えて――明治法制史断章;

;慶應義塾大学出版会;2,000円(借覧);四六判;縦組;上製;v+237頁;;ISBN978-4-7664-1443-1;

やまぐち・ぎょーじ(山口堯二);1990/1;日本語疑問表現通史;

;明治書院;5,631円(借覧);A5判;縦組;上製;11+289頁;;ISBN4-625-42067-9;

正直さつぱりよめなかつた。だめだな、自分。一往、目次をうつしておく。

すずき・ゆかり(鈴木由加里);2008/1;「モテ」の構造 若者は何をモテないと見ているのか;

平凡社新書407;平凡社;700円(350円);新書判;縦組;並製;193頁;;ISBN978-4-582-85407-7;

けふの貰物

ウフ.、本が好き!(各11月号)、波(10月号)。

2008-10-14 (Tue)

ディラン・エヴァンス[著]、えんどー・としひこ(遠藤利彦)[訳・解説];2001=2005/12;1冊でわかる 感情;

〈1冊でわかる〉シリーズ;岩波書店;1,500円(借覧);B6判;縦組;並製;xiv+193+18頁;;ISBN4-00-025884-8;[原題]Dylan Evans, EMOTION: A Very Short Introduction

かいほ・ひろゆき(海保博之)/みやもと・そーすけ(宮本聡介);2007/2;安全・安心の心理学 リスク社会を生き抜く心の技法48;

ワードマップ;新曜社;(借覧);四六判;縦組;並製;ix+216+8頁;;ISBN978-4-7885-1034-0;

おだ・みつお(小田光雄);2007/11;出版業界の危機と社会構造;

;論創社;(借覧);四六判;縦組;上製;IV+283頁;;ISBN978-4-8460-0771-3;

2008-10-15 (Wed)

ジョージ・エインズリー[著]、やまがた・ひろお(山形浩生)[訳];2001=2006/9;誘惑される意志 人はなぜ自滅的行動をするのか;

;NTT出版;(借覧);四六判;縦組;上製;380頁;;ISBN4-7571-6011-9;[原著]George Ainslie Breakdown of Will (2001, Canbridge University Press)

きっかわ・としこ(吉川肇子);2000/3;リスクとつきあう 危険な時代のコミュニケーション;

有斐閣選書;有斐閣;1,600円(借覧);四六判;縦組;並製;iii+230頁;;ISBN4-641-28030-4;

すがはら・つとむ(菅原努);2005/8;「安全」のためのリスク学入門;

;昭和堂;(借覧);B6判;縦組;並製;ix+220頁;;ISBN4-8122-0528-X;

けふの貰物

創文(9月号)、みすず(10月号)。

2008-10-16 (Thu)

ほそかわ・しゅーへー(細川周平);2008/7;遠きにありてつくるもの 日系ブラジル人の思い・ことば・芸能;

;みすず書房;5,200円(借覧);四六判;縦組;上製;xi+469+v頁;;ISBN978-4-622-07379-6;

やまだ・まさひろ(山田昌弘)/しらかわ・とーこ(白河桃子);2008/3;「婚活」時代;

ディスカヴァー携書021;ディスカヴァー・トゥエンティワン;1,000円(571円);新書判;縦組;並製;197頁;;ISBN978-4-88759-623-8;

2008-10-17 (Fri)

廣木隆一監督、きみの友だち@横川シネマ

井口昇監督、片腕マシンガール@横川シネマ

けふの買物

ボン書店の幻 : モダニズム出版社の光と影
内堀弘・ちくま文庫
団地ともお(12)
小田扉・ビッグコミックス

2008-10-18 (Sat)

あんどー・かおる(安藤馨);2007/5;統治と功利 功利主義リベラリズムの擁護;

;勁草書房;4,000円(借覧);A5判;横組;上製;viii+315頁;;ISBN978-4-326-10169-6;

いしー・ともあき(石井知章);2008/4;K・A・ウィットフォーゲルの東洋的社会論;

;社会評論社;2,800円(借覧);四六判;縦組;上製;353頁;;ISBN978-4-7845-0879-2;

おぎゅー・しげひろ(荻生茂博);2008/4;近代・アジア・陽明学;

;ぺりかん社;7,200円(借覧);A5判;縦組;上製;510頁;;ISBN978-4-8315-1202-4;[荻生茂博論文集刊行会]佐藤弘夫/菅其久子/田尻祐一郎/中村安宏/前田勉

みずの・こーげん(水野弘元);2004/8;経典はいかに伝わったか 成立と流伝の歴史;

;佼成出版社;(借覧);四六判;縦組;並製;284頁;;ISBN4-333-02081-6;「経典 : その成立と展開」改題

ふるた・ひろし(古田博司);2007/10;新しい神の国;

ちくま新書684;筑摩書房;700円(借覧);新書判;縦組;並製;222頁;;ISBN978-4-480-06386-1;

けふの買物

黙阿弥
河竹登志夫・文春文庫
実戦・日本語の作文教室
本多勝一・朝日文庫
アメリカン・ユーモア
加島祥造・中公文庫
気違い部落周游紀行
きだみのる・冨山房百科文庫
山口仲美の言葉の探検
山口仲美・小学館ジェイブックス
室町期物語の近世的展開 : 御伽草子・仮名草子論考
藤掛和美・和泉選書

2008-10-19 (Sun)

今週のエビちゃんカレンダー(42)

黒のジャケットとデニムミニスカート、黒のストッキングを穿いた脚をくむやうにして、青いスポーツカー――なのかだうか、車のことは全然くはしくないのでちがふかも。しかし、くしくもハロプロエルダークラブ全員卒業の報をきいた日なので、かうかいておく――のボンネットのうへに腰かけてゐるところ。

つぼうち・ゆーぞー(坪内祐三)/ふくだ・かずや(福田和也);2008/3;正義はどこにも売ってない――世相放談70選!;

;扶桑社;1,700円(借覧);四六判;縦2段組;並製;502頁;;ISBN978-4-594-05595-0;[構成]いしまる・げんしょー(石丸元章)

つちや・けんじ(土屋賢二);2007/9;もしもソクラテスに口説かれたら――愛について・自己について;

双書 哲学塾;岩波書店;1,300円(借覧);B6判;縦組;並製;vi+2+155頁;;ISBN978-4-00-028151-6;

玉井幸助;1925/5;更級日記錯簡考;

;[発行]育英書院、[発売]目黒書店;3円(借覧);A5判;縦組;上製;2+4+10+6+320頁;;;

先日みた、本文解釈学に以下のやうな文章があつて、ちよつと気になつたので(pp.252-253)。

かくて、御物の『更級日記』が、過去の或時期において犯された誤綴という書誌的な原因によって錯簡を生じ、以後の末流伝本が悉くその欠陥を伝承していたが故に、その本文には、如何にも解釈し難い文意不通の個所を残していたものである。たまたま田中親美先生の手もとで、その全面的な補修が行なわれた際、冊子各丁を解きほぐし、料紙を一枚一枚表裏二枚に剥がして薄様の鳥の子を挟んで虫損個所を埋めた後、扨、もと通りに綴じ戻すこととなったが、日記の本文には殆ど関心のない助手の吉田氏が、窮余ひたすら虫損の形の経路を辿って料紙を重ね合わせたものを綴じ上げて、当時の宮内庁図書寮に返納したところ、錯簡によって文章の続きが全く不明となっていた個所が、定家書写当時の正しい順序におのずと復原していたので、調査に当っていた佐佐木信綱・玉井幸助両博士が驚嘆されたという逸話がある。「虫の知らせ」とはまさにこのこと。本文学の前段処理としての書籍学の段階において、何百年来の本文解釈上の疑問が解決したという稀有の例である。

とりあへず、やはり本書にはさうした事情はまつたく書いてゐなかつたけれど、さて実のところは、だうなのかな(ときほぐすときに、もとのならびがわからなくなるやうな下手をうつものかしら、とも思ふけど。さういへば、田中親美 : 平安朝美の蘇生に捧げた百年の生涯、も機会があればよみたいな)。

定家は本文に忠實な人であつて、假名一字の末と雖も私意を以て本文を改刪するといふ事はしない人である(p.232)とか、讀み得ない所を我が計らひで讀まうとしない點に定家の貴さがあり、その寫本が信頼し得るのである(p.262)とかは、現在では、まづきかれない言であるよなあ。

けふの買物

やわらかい殻
おかざき真里・りぼんマスコットコミックスクッキー
オトメン(乙男)(1)〜(4)
菅野文・花とゆめコミックス
冷たいパフォーマンス : ポストモダン講義
清水徹+山口勝弘・レクチュアブックス・朝日出版社

2008-10-20 (Mon)

吳美寧(Oh, Miyoung);2006/4;日本論語訓読史研究(上) 訓点資料篇;

語学研究叢書 No.54;제이앤씨;20,000원(借覧);A5判;横組;上製;279頁;;ISBN89-568-349-2;

韓国ででた本だけれど、日本語で書かれてゐる(でなけれや、とても私にはよめない)。目次をうつしておく。

高山寺本の論語に朱子新注による訓があるといふのは、たんなる偶合でなくて、やはり新注によるものなのか、とか、古注と新注とで訓に異同がでるところが189あるといふのを、たぶん資料篇で網羅してあるのだらうけど、なんでこれ、通し番号をつけて、で、本文中からも参照しやすいやうなかたちにしなかつたのか、とか、にしても、有注本テキストなのいにその注とはちがふ注によつて訓がつけられることがあるのかー、とか、わたくしなんかでもいろいろ思ふところがでてくるのは、たぶんそれだけ土台をしつかり整備してくれてゐるといふことだらうな。

たむら・しゅんさく(田村俊作)[編];2007/12;文読む姿の西東――描かれた読書と書物史;

;慶應義塾大学出版会;2,800円(借覧);四六判;縦組;上製;4+ii+218+12頁;;ISBN978-4-7664-1442-4;[執筆者]たむら・しゅんさく(田村俊作)/うえだ・しゅーいち(上田修一)/いしかわ・とーる(石川透)/しまうち・ゆーこ(島内裕子)/とくなが・さとこ(徳永聡子)/みやした・しろー(宮下志朗)/アンナ・フィノッキ(Finocchi, Anna)/ながとも・ちよじ(長友千代治)/フリッツ・ニース(Nies, Friz)/ウィリアム・B・ワーナー(Warner, William Beatty)、[翻訳者]にしだ・ゆき(西田有紀)/せとぐち・まこと(瀬戸口誠)/たにやま・ひでゆき(谷山秀幸)/あがた・まり(安形麻理)

読書画像データベースを構築したやうなことがかいてあるけど、公開はしてないのかな。

けふの買物

サプリ(6)(7)
おかざき真里・フィールコミックス
30代未婚男
大久保幸夫・畑谷圭子・大宮冬洋・生活人新書
大きな駄々っ子 : 夫・大宅壮一との40年
大宅昌・文春文庫
日本の文章
外山滋比古・講談社学術文庫
オトメン(乙男)(5)(6)
菅野文・花とゆめコミックス

2008-10-21 (Tue)

いまい・さおり(今井佐緒里)[編著];2008/8;ニッポンの評判 世界17ヵ国最新レポート;

新潮新書276;新潮社;700円(借覧);新書判;縦組;並製;222頁;;ISBN978-4-10-610276-9;[著者]みどり・ゆたか(緑ゆたか)/ユカリ・トラビス(Yukari Travis)/やまもり・ななこ(山盛菜々子)/ねがわ・さちお(根川幸男)/ゆーき・おと(由木音)/わたなべ・まゆこ(渡辺真由子)/たかや・かずみ(高谷一美)/またひら・なおこ・アフェアキ(又平直子・Afeaki)/いさがい・のぶひろ(飯盛敦博)/いなば・かおる(稲葉霞織)/いせもと・ゆかり(伊勢本ゆかり)/うちだ・いずみ(内田泉)/くつけ・さちこ(靴家さちこ)/こじま・ゆきこ(小島幸子)/たぐち・りほ(田口理穂)/ユタカ・ハシモト/パッパー・眞理(Mary Pacher)/いそのゆきこ

とやま・けーすけ(外山敬介)/あまり・しゅんいち(甘利俊一)/しのもと・しげる(篠本滋)[編]、日本神経回路学会[監修];2008/3;脳科学のテーブル;

学術選書034;京都大学学術出版会;1,800円(借覧);四六判;縦組;並製;viii+199頁;;ISBN978-4-87698-834-1;[著者]とやま・けーすけ(外山敬介)/かわと・みつお(川人光男)/さくらい・よしお(櫻井芳雄)/かねこ・たけし(金子武嗣)/しのもと・しげる(篠本滋)/あまり・しゅんいち(甘利俊一)/にき・かずひさ(仁木和久)/おかだ・まさと(岡田真人)/あそー・ひでき(麻生英樹)

せこ・こーじ(勢古浩爾);2007/10;会社員の父から息子へ;

ちくま新書686;筑摩書房;680円(100円);新書判;縦組;並製;206頁;;ISBN978-4-480-06389-2;

2008-10-22 (Wed)

いまおか・けんたろー(今岡謙太郎);2008/4;日本古典芸能史;

;武蔵野美術大学出版局;2000円(借覧);A5判;縦組;並製;235頁;;ISBN978-4-901631-81-5;

けふの買物

日本古書通信 2008年10月号
日本古書通信社
ことば遊びへの招待
小野恭靖・新典社新書

2008-10-23 (Thu)

福田恆存;2008/1;福田恆存評論集 第十二卷 問ひ質したき事ども――言論の空しさ;

;[発行]麗澤大学出版会、[発売]廣池学園事業部;2,800円(借覧);四六判;縦組;並製;2+372頁;;ISBN978-4-89205-552-2;

たけもと・しゅーぞー(竹本修三)/こまごめ・たけし(駒込武)[編];2007/10;京都大学講義「偏見・差別・人権」を問い直す;

;京都大学学術出版会;2,200円(借覧);A5判;横組;並製;ii+289頁;;ISBN978-4-87698-730-6;[執筆者]たけもと・しゅーぞー(竹本修三)/こまごめ・たけし(駒込武)/いとー・きみお(伊藤公雄)/ともざわ・ゆーき(友澤悠季)/のだ・きみお(野田公夫)/まえひら・やすし(前平泰志)/わきなか・ひろし(脇中洋)/かただ・あき(片田晶)/きたむら・なおや(北村直也)/さいごー・はやと(西郷甲矢人)/とかじ・たみお(戸梶民夫)/まつのぶ・しゅーいち(松延秀一)/まるやま・さとみ(丸山里美)/やすおか・けんいち(安岡健一)

2008-10-24 (Fri)

ふじた・かつひさ(藤田勝久)/まつばら・ひろのぶ(松原弘宣)[編];2008/4;古代東アジアの情報伝達;

;汲古書院;(借覧);A5判;縦組;上製;vi+293頁;;ISBN978-4-7629-2841-3;[執筆者]ふじた・かつひさ(藤田勝久)/ちん・い(陳偉)/かきぬま・よーへー(柿沼陽平)/ふじた・たかお(藤田高夫)/せきお・しろー(關尾史郎)/すみや・つねこ(角谷常子)/ひがし・けんじ(東賢司)/まつばら・ひろのぶ(松原弘宣)/こばやし・しょーじ(小林昌二)/いち・ひろき(市大樹)/おーひら・さとし(大平聡)/かとー・ともやす(加藤友康)/まえざわ・かずゆき(前沢和之)

けふの買物

海老蔵そして團十郎
関容子・文春文庫
声をなくして
永沢光雄・文春文庫
ほろ苦教育劇場 コドモダマシ
パオロ・マッツアリーノ・春秋社
六十一歳の大学生、父 野口冨士男の遺した一万枚の日記に挑む
平井一麥・文春新書

2008-10-25 (Sat)–2008-10-26 (Sun)

今週のエビちゃんカレンダー(43)

白いシャツにグレイのカーディガン。黒のスカートとストッキング。手に薄桃色の首巻き。シックにまとめた感じの見返り美人。

ふかみ・よしあき(深見嘉明);2008/7;ウェブは菩薩である――メタデータが世界を変える;

;NTT出版;1,500円(1割引);四六判;縦組;並製;2+218頁;;ISBN978-4-7571-0241-5;

タグづけやコメントは利他行だ、といふことみたい。

あおやま・しんじ(青山真治);2005/3→2008/3;ホテル・クロニクルズ;

講談社文庫[あ-104-1];講談社;552円(333円);文庫判;縦組;並製;247頁;;ISBN978-4-06-275990-8;

鳥取駅にほどちかいLOHASを標榜する安宿でみをへた。

やまもと・ふみお(山本文緒);1995/11→1999/4;群青の夜の羽毛布;

幻冬舎文庫[や-4-3];幻冬舎;571円(100円);文庫判;縦組;並製;340頁;;ISBN4-87728-718-3;

おの・みつやす(小野恭靖);2008/10;ことば遊びへの招待;

新典社新書20;新典社;800円;新書判;縦組;並製;123頁;;ISBN978-4-7879-6120-4;

目次をうつしておく。

おーくぼ・ゆきお(大久保幸夫)/はたや・けーこ(畑谷圭子)/おーみや・とーよー(大宮冬洋);2006/6;30代未婚男;

生活人新書185;日本放送出版協会;740円(100円);新書判;縦組;並製;235頁;;ISBN4-14-088185-2;

とーごー・ゆーじ(東郷雄二);2002/2;独学の技術;

ちくま新書333;筑摩書房;680円(100円);新書判;縦組;並製;202頁;;ISBN4-480-05933-4;

買物

smart 12月号
宝島社
乃木希典
福田和也・文春文庫
淳之介さんのこと
宮城まり子・文春文庫
日本語の力
中西進・集英社文庫
やさしさのゆくえ=現代青年論
栗原彬・ちくま学芸文庫
いきなりはじめる浄土真宗 インターネット持仏堂1
内田樹・釈徹宗・本願寺出版社
はじめたばかりの浄土真宗 インターネット持仏堂2
内田樹・釈徹宗・本願寺出版社

2008-10-27 (Mon)

おーさわ・まさち(大澤真幸);2007/6;ナショナリズムの由来;

;講談社;(借覧);A5判;縦組;上製;877頁;;ISBN978-4-06-213997-7;

はぎの・たつや(萩野達也)/おだ・みのる(小田実)/たかの・まさひろ(鷹野雅広)/ましこ・たかひろ(益子貴寛)[監修]、おかもと・じゅん(岡本淳)[編集];2007/2;Webリテラシー プロデュース・ディレクション・デザイン・プログラミング;

ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック;ワークスコーポレーション;2,838円(借覧);23.2x18.5cm;並製;横2段組;207頁;;ISBN978-4-86267-009-0;[執筆者]ましこ・たかひろ(益子貴寛)/さかい・ゆーじ(境祐司)/はせがわ・やすひさ(長谷川恭久)/ひぐち・すすむ(樋口進)/のぐち・たかし(野口貴史)/やまもと・あきら(山本聰)/ながさわ・だいすけ(長澤大輔)/はら・かずひろ(原一浩)/さとー・のぶや(佐藤伸哉)/やの・りん(矢野りん)/うえき・まこと(植木真)/なかむら・きょーすけ(中村享介)/たなか・まさひろ(田中正裕)/なかじま・ふみひこ(中嶋文彦)/わたなべ・たかひろ(渡辺隆広)

れきしかがくきょーぎかい(歴史科学協議会)[編]、きむら・しげみつ(木村茂光)/やまだ・あきら(山田朗)[監修];2008/5;天皇・天皇制をよむ;

;東京大学出版会;(借覧);A5判;縦2段組;並製;6+vii+276頁;;ISBN978-4-13-023054-4;[執筆者]山田朗/義江明子/仁藤敦史/藤森健太郎/森公章/池享/森暢平/大日方純夫/保立道久/竹内光浩/亀谷弘明/木村茂光/服藤早苗/森岡清美/井原今朝男/菊池照夫/小野一之/河内春人/関根淳/長谷部将司/戸川点/川尻秋生/高松百香/元木泰雄/河内祥輔/近藤成一/伊藤喜良/村井章介/堀新/野村玄/福田千鶴/深谷克己/紙屋敦之/久保貴子/奈倉哲三/宮地正人/加藤貴/小田部雄次/猪飼隆明/奥平康弘/外池昇/岩本努/青木哲夫、[編集委員]青木哲夫/大谷正/亀谷弘明/川手圭一/竹内光浩/戸川点/堀新

けふの買物

sabra 12 2008 DECEMBER
小学館
新訂漢文法要説
西田太一郎・朋友書店
ヤスコとケンジ(5)
アルコ・マーガレットコミックス
ハトのおよめさん(7)
ハグキ・アフタヌーンKC
放浪息子(8)
志村貴子・BEAM COMIX

2008-10-28 (Tue)

福永静哉;1963/10;浄土真宗伝承音の研究―室町時代音韻資料として―;

;風間書房;3,200円(借覧);A5判;縦組;上製;6+377頁;;;

目次をうつしておく。

たけうち・よしとも(竹内良知);1966/8→1970/7→2007/9;西田幾多郎;

近代日本の思想家7;東京大学出版会;2,800円(借覧);四六判;縦組;上製;6+1+294頁;;ISBN978-4-13-014157-4;

2008-10-29 (Wed)

もとき・やすお(元木泰雄);2004/2;源満仲・頼光―殺生放逸 朝家の守護―;

ミネルヴァ日本評伝選[008];ミネルヴァ書房;2,400円(借覧);四六判;縦組;上製;2+xvi+217+12頁;;ISBN4-623-03967-6;

みはら・けんいち(三原健一);2008/6;構造から見る日本語文法;

言語・文化選書6;開拓社;1,600円(借覧);四六判;横組;並製;xi+173頁;;ISBN978-4-7589-2506-8;

目次をうつしておく。

2008-10-30 (Thu)

にーくら・としかず(新倉俊一);2007/11;西脇順三郎 絵画的旅;

;慶應義塾大学出版会;2,800円(借覧);四六判;縦組;上製;8+iii+202+2頁;;ISBN978-4-7664-1432-5;

2008-10-31 (Fri)

つちや・まさあき(土屋昌明)[編];2007/10;東アジア社会における儒教の変容;

専修大学社会科学研究所 社会科学研究叢書10;専修大学出版局;(借覧);A5判;横組;上製;xv+270頁;;ISBN978-4-88125-198-0;[執筆者]あみの・ふさこ(網野房子)/なかがわ・ゆり(仲川裕里)/おむ・きじゅ(厳基珠)/まえかわ・とーる(前川亨)/つちや・まさあき(土屋昌明)

けふの貰物

春秋(10月号)。

Ads by TOK2