ルービックルーム



ここでは、僕の趣味の、ルービックキューブについて、紹介して行きたいと思います。
ルービックキューブは、ドイツのエルノー・ルービック教授が考案した
立体パズルです。僕は、主にスピードキューブをやっています。
スピードキューブとは、キューブをばらばらにし、それをいかに速く揃えるかを競います。

ここでは、ルービックキューブの画像などを紹介していきたいと思います。

ルービックキューブ これは、いつも僕が使っている3×3×3のルービックキューブです。

黄色の部分は、3か所赤い文字が書い

てある所がありますが、コカコーラのシールです。

とても使いこんでいるので、回し心地もまあまあです。

3×3×3 2nd これは、ルービックキューブ3×3×3の二代目です。

一代目がボロボロになったので買ったのですが、

買った当時から回し心地が良いので愛用しています。

4×4×4 これは、上の一辺4バージョン(4×4×4)です。

これにはかなり苦労します。10分ぐらいかかります。(遅)

しかも、キューブが反転したり入れ替わったりと、

ほとんど完成しません。ごくたまに完成します。

市松模様 これは、3×3×3の、模様バージョンです。

専門用語で、「M2S2E2」で表されます。

きれいな市松模様になっています。

市松4×4×4ver これは、上の市松模様の4×4×4バージョンです。



専門用語での表し方は、異なります。

へそキューブ これも、模様キューブです。

中心キューブ(センターキューブ)だけが

違う色になっているものです。しかも、センターキューブは、

この視点から見える3面で、時計回りに交換されています。

へそ4×4×4ver これは、上のへそキューブの4×4×4バージョンです。



専門用語での表し方は、異なります。

ルービックキューブ画像へ
ルービックプレイヤーのページへ

トップへ戻る

Ads by TOK2