私のプロフィールについて

 私は平成2年3月に、強運を読んで入会しました。特にその本で感動したのは現在は明治維新以上の変化機であり、維新の志士たちの生き様に感動しました。この先生に是非会ってみたいと思い入会し、会員になりました。生まれて、はじめて救霊を受けました。それは私にとっては、人生の大変革期となりました。それまで、いつもやる気がなくて、いじめられていた私も救霊を受けてからというもの、全くの別人となり、いつでもかんばり続けられて、人から信頼されるようになりました。本当に神様はいるんだーという事を、神事や定例講義のワールドメイトの祭事に参加して以来、何百回も感じてきました。また、エンゼル会という、ワールドメイトの会員だったら誰でも入れる会にも入って友達もたくさん出来ました。ところが、友達の一人が、アンチサイトを見てものすごく具合が悪くなり、かなり精神的にもまいっているようで、何を見ても悲観的に受け取るようになってしまった。元々、霊的に敏感な体質の人でした。 そこで、大阪の住吉神社にご祈願し、その人のためにゴマ祈願も申し込んであげて、アンチサイトのいい加減さを教えてあげたら、何かが抜けたように回復したと言っていました。
 そこで、きっと同じように、アンチサイトに騙されて、霊的に悩み苦しんでいる人が大勢いると思ったので、このページを開設しました。

 ネットは便所の落書き、と筑紫哲也は言ったが、本当にその通りで、匿名でいい加
減なことを言う人がいっぱいいます。そういう時は、先生の足跡や福祉活動・芸術活動など先生の著作を読んで、どちらがより高貴な発言か、比べてみてほしい。

 日蓮も法難にあった。イエスも迫害され、弟子の裏切りで売られたりした。お釈迦
様もいとこに殺されそうになった。けれど、その教えが素晴らしく、実際に触れた人たちが愛をそこに感じたから、今もその教えで救われている人たちが一杯います。

 今は、どの情報が正しいのか、その人自身に任されている時代。マスコミも、宗教については叩くだけで、決してよく書かないし、裏付けも取らずに書くことが多い。(先日も読売テレビが森首相の退職金を誤報道したと大変問題になっていました。)日本の新宗教で、マスコミに叩かれていない教団はない、と言ってもいいぐらい。S学会、R会、Sなどの巨大新宗教でも、さんざん叩かれている。
 さらに最近では、ネットという武器を手に入れて、中傷を趣味にするような人々が、昼間から仕事もせずにどんどん発言している。中には、中傷を職業にして、どこかからお金をもらったりもしている人もいる。
 ネットで行われている中傷というのは、そういう背景があると言うことを知っておいた方がいいですよ。
 今後数十年間で、時代が激変していくことを、先生に聞いて私たちは知っているが、その先生を信用するもしないも、基本的にはその人の自由。けれど、迷ったら先生の著作を読んだり、先生の足跡を見て判断してほしい。匿名のいい加減な情報や、宗教を叩くことしか考えないマスコミではなく。

Ads by TOK2