海外旅行で必要な情報・知識を紹介

海外旅行の知識を知って安全対策をしましょう!!

海外旅行へ行こう! >> レンタカーを借りる前の注意!

外国で楽しいドライブをするために

海外旅行といえばパッケージツアーがメインだった時代から、最近では個人で行けるツアーや現地に着いたら後は自由行動できるツアーが増えて、海外でレンタカーを使う旅行者が増えてきました、それと同時にほぼ生まれて始めての海外でのドライブで、自動車事故にあう旅行者も増えています。

レンタカーを使って楽しく自由な海外旅行を過ごすため、自動車の運転のトラブル防止方法を紹介します。

海外でレンタカーを借りるときの注意

車だからといっても危険な場所には行かない

海外でレンタカーを借りようと思ったら、国際免許証と日本の運転免許証、支払い保証の代わりになるクレジットカードを必ず持っていましょう。

国際免許証は、日本の運転免許証があれば、最寄の運転免許試験場か公安委員会で取得できます、有効期間は1年間です、ただし国際免許証で車が運転できる国は、道路交通条約締結国だけになります。

国によっては車が借りれる年齢が制限されている事があります、若い人や高年齢の人は旅行に行く前に現地のレンタカー事情を調べておいたほうが良いでしょう。

自動車の任意保険には入りましょう

海外でレンタカーを借りた場合、自動車損害賠償保険に自動的に加入したことになりますが、この自動車損害賠償保険の補償額はビックリするほどの低い金額です。 海外でレンタカーをレンタルする時には、任意保険である追加対人対物保険に必ず加入しておきましょう。

海外でレンタカーを運転しての自損事故で怪我をしてしまい、その後高い医療費の支払いに苦労する人は多いです、できたらドライバーを入れた同乗者全員が保険での補償対象となる搭乗者傷害保険にも加入しておいたほうが良いと思います。

安いだけの理由でレンタカーを借りない事

レンタカーのレンタル料金の安さでレンタカー会社選びをすると整備が不十分な車だったりして、ドライブの時にトラブルが起きたりする場合があります。

レンタカー会社は世界中に支店がある大手のレンタカー会社から小規模な会社までいろいろあります。

やはり車の運転中に車のトラブルで旅行のスケジュールが台無しになっても楽しくないので少し位料金が高くてもしっかりしたレンタカー会社で車をレンタルして快適な海外旅行を満喫しましょう。

ウィキペデイアのレンタカーのページの主なレンタカー会社(ブランド)を参考にしてもらえれば世界の有名レンタカー会社がわかるので参考にしてみてください。

ウィキペデイアのレンタカーのページはこちら


Ads by TOK2