★ 支援相談員とは?


topへ戻る


支援相談員・・・
一般のかたにはなじみのない言葉ですな。
また、相談員にも呼び名が多数あります。
生活相談員、MSW(メディカルソーシャルワーカー)、PSW(フィジカルソーシャルワーカー)・・・
いったい何する仕事なのでしょうか?

まぁ、早い話、
相談援助するための職種(爆)であるということでしょう。

老人福祉施設などで、利用者に必要な生活相談・アドバイスをするのが、
支援相談員や生活相談員と呼ばれています。
入所の相談を受けたりすることだけに、目を向けられがちですが、
入所相談なんてもんはそうそうありません
むしろそれ以外の仕事がメインです。
利用者の様子や状態に合わせ、自立に向けた援助など、 いろいろな仕事をこなします。
(というか雑用ですよ、はっきりいって)
他にも、施設を利用している方のお話をよく聞き、親切(かどうかは知らんが)に相談にのっています。
利用者の方がその人らしく豊かに生活できる手だてを考えたり、
施設全体の運営、病院や行政機関と協力して仕事を進めます。

また、
相談員になるためには
 大学等で社会福祉の勉強をしたり、厚生労働大臣の指定する講習会等を受けます。
  「社会福祉主事」という資格をもっていることがもとめられます。
 (まぁ中には無資格の人や、介護職が兼任しているとこなどもありますが)
  専門的な知識や技術、判断力、実行力、みんなと協力して行う仕事ですので、
  「社会福祉士」という専門性の高い資格を取る人が増えてきています。







Ads by TOK2